辛口コラム

スポーツ、ビジネス、政治などなど毎日の出来事をオリジナルな視点からコメントします。

全体表示

[ リスト ]

英科学誌ネイチャー、小保方晴子氏らの新たな万能細胞の論文発表!

1月30日付の英国科学誌ネイチャーは、理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の小保方晴子(おぼかた はるこ)研究ユニットリーダー(30)らが作製した、体のさまざまな細胞になる新たな万能細胞である【STAP細胞」】開発の論文を発表した。


<1月30日付の英国科学誌ネイチャー電子版:赤枠小保方晴子氏ら研究チームの名前>



<小保方晴子研究ユニットリーダー>

昨年ノーベル生理学・医学賞を受賞した山中伸弥京都大教授らは、遺伝子を細胞に入れることで受精卵の状態に逆戻りさせる「初期化」を行って、【iPS細胞】を作ったが、小保方晴子氏の研究チームは、マウスの血液や皮膚などの細胞を弱酸性液に浸して刺激を与えることで、人工多能性幹細胞(iPS細胞)のようなさまざまな細胞になる万能細胞【STAP細胞」】を作製した。この方法は、より短期間で効率良く万能細胞ができることになる。
小保方晴子研究ユニットリーダーは、「iPS細胞とは全く違う原理で作製した。人間に応用できれば再生医療のみならず、新しい医療分野の開拓に貢献できる」と説明。この万能細胞を「刺激惹起性多能性獲得(STAP)幹細胞」と名付けた。

この画期的な成果について、英国ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのクリス・メイソン教授は、「また日本人が万能細胞の作製法を書き換えた。山中氏は四つの遺伝子で人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作ったが、STAP細胞は、一時的に酸性溶液に浸して培養するだけで作れる。どれだけ簡単になるんだ」と驚きのコメントをネイチャーに寄せた。

小保方氏らのSTAP細胞は、あまりにも常識破りだったため、昨年春、ネイチャーに投稿した際は、『過去何百年の生物細胞学の歴史を愚弄している』と酷評され、掲載を却下された。しかし彼女は「STAP細胞は必ず人の役に立つ技術だ」との信念を貫いて、膨大なデータを集め、今回とうとう掲載にこぎつけた。
小保方リーダは「何度もやめようと思ったけれど、あと1日だけ頑張ろうと続けてきて、いつの間にか今日に至った」と、これまでの苦労した研究過程について語った。


<ネイチャー誌の発表を伝えるTVニュース by ANN>
http://www.youtube.com/user/ANNnewsCH

<英科学誌ネイチャー電子版:小保方晴子研究ユニットの論文>
http://www.nature.com/nature/journal/v505/n7485/full/nature12968.html#videos



閉じる コメント(0)

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事