ここから本文です

書庫トップページ

すべて表示

イメージ 1

会社で一番、忙しい時期を迎えた。
仕事に慣れてきてしまって
向き合う仕事に対して謙虚さが薄れてきたような気もする。

謙虚であるということ
身を低くするコト。

「身を低く」して世界を見ると…よく見えるのです。^^
 「身を低く」して見る、というのと「上目遣い」とはまた違ってくる。
「上目遣い」は顔を上げてない状態。
「身を低く」は顔を上げる子供の視線。

路上に座り込んだ視線から顔を上げてみる視点。
これは決して上目遣いにはならない。
最近では、あまり見なくなった若者の座り込んだ状態。
あれって結局、世の中のコトがよく見えているのではと
思える。ボクだけかも知れないけど(汗)

カメラを構えて水平に見る視点と
座り込んだ状態から見上げる視点では
違った世界が見えてくる。

なぜか、そんな視点が大切だなぁ、と思っている今日この頃です。

3月は「頑張る月」でも、「無理をする」月でもなく
「しのぐ」月だと勝手に決めております。^^;




書庫その他の最新記事

すべて表示

  • 今夜も蔵出し写真から…‥です。^^ 当たり前だけどヒトのことなど、100パーセント理解出来ない。 完璧な自分などいないから だから なおさら、こんなコトバにホッとする自分がいる。 ...すべて表示すべて表示

  • ボクの好きな場所。

    2017/3/15(水) 午後 10:50

    この写真はBlogに何度も載せてる 蔵出し写真です。 もうこの建物自体は無くなってしまいましたが 心象風景とでもいうのだろうか 何度もこの場所に立ってしまう。 なんだかシンデレラレ ...すべて表示すべて表示

  • この写真が(汗)

    2017/3/8(水) 午後 7:54

    この風景写真はドイツの写真家アンドレアス・グルスキーの写真です。 大きさは縦1.9m横3.6mという巨大な写真です。 ぱっと見この作品の凄さはわかりませんが、実際にボクも見たことがないから^^ 19 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事