ここから本文です
津島シャローム

書庫全体表示

記事検索
検索

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

庭の水仙 Daffodils

水仙が好きなので、庭にたくさん植えています。
I planted a lot of daffodils I love.


イメージ 1


水仙は植えっぱなしでOK。手のかからない植物ですね。
Many of daffodils are easy to grow. You don't need to take care of them.




イメージ 2

とくにこの白い品種は増えて増えて・・・庭が占領されそうになるくらい。
Especially this type is so easy to grow that your garden may be occupied 
by them.



イメージ 3

それでも、この白い花が大好きなんですよ。
Even though, I love these white flowers.



イメージ 4


このミニサイズの水仙、「ティタティト」という名だと思っていましたが、ティタティタが正しいようです。
"Tete-a-Tete", this short one is also strong and easy to grow.




イメージ 5

この水仙もミニタイプ。名前は忘れてしまいました。あまり増えません。
This is short too. I forgot its name. It does not increase well.



イメージ 6

浅くて広いカップの水仙。これもあまり増えません。名前は、もちろん忘れた(汗)
This has a flat cup in it. It does not increase well neither.




イメージ 7

わが家で一番華やかな水仙、ピンクチャームです。美人でしょう?
This is the most gorgeous one in my garden, "Pink charm".





イメージ 8


水仙が咲くと、春もやる気を起こします。
チョウチョも虫も活動し始めました。
Daffodils' blooming prompts spring to go ahead, so you can see the insects 
and the butterflies here and there.



水仙の絵を2枚描きました。聖書の言葉とともに。
今年のイースターは4月16日です。

I painted two daffodils with the Bible words.
The Easter is on April 16th this year.


イメージ 9


イメージ 10



この記事に

スハマソウが咲いたので描いてみました。
As "suhamaso" is blooming, I painted.

イメージ 1


ちいさな可憐な山野草です。
友だちから鉢ごともらったたもので、丈夫に育っています。

It's small and cute.
A friend gave me a pot of this wild flowers and they have grown strongly.



イメージ 2

こちらは白。White.



イメージ 3

ちょっとアネモネににていますね?
両方ともキンポウゲ科なんですって。やっぱり!

Is it similar to anemone, isn't it?
They both are Ranunculaceae. I guessed so!



イメージ 4


あら? シベの様子が違っているけれど、もしかして違う種類でしょうか?
Something is different between the white ones and pink ones.
Are they different kind?


千葉県のえみこちょさんが自生しているスハマソウをブログで紹介されています。
とても美しい画像→こちらをごらんください。




絵に添えた言葉は詩篇103から 

主は私のすべての咎を赦し
すべての病をいやし
いのちを穴から贖い
恵みとあわれみの冠をかぶらせてくださって
わたしの一生を良いもので満たしてくださる神様です
素晴らしい大好きな神様、天のお父さん!

イメージ 5


The LORD forgives all my sins and heals all my diseases,
HE redeems my life from the pit 
and crowns me with love and compassion
HE satisfies my desires with good things

HE is so wonderful and I love Him, my Father!


イメージ 6

この記事に

初めてウクレレの演奏を聴きに行きました。
I went to an ukulele concert for the first time.

3月14日(水)
宇和島市内のハワイアン・カフェレストランMocoで、
ハワイのウクレレ奏者・ハーブ オオタ ジュニア のコンサートです。

The ukulelist was Herb Ohta Jr. from Hawaii.
At Moco, a Hawaiian cafe restaurant in Uwajima.


イメージ 1

実のところ、それまでウクレレにはあまり興味がありませんでした。
音が軽くって印象に残らない感じで。
でも、彼のウクレレの音楽を聴いていたら…心地よくリラックスしてきました。
目を閉じると、まるでハワイの海辺にいるみたい。さわやかな風を感じて。

Saying honestly, I have not been interested in ukulele music before, 
thinking the sound was too light.
However as I listened to his playing ukulele, I went to relax comfortably.
I felt as if I were in the beach in Hawaii feeling a breeze.


お店のオーナーの美幸さん夫妻も音楽に合わせてフラダンス。
ほかのお客さんも加わって、すてきな温かい雰囲気のコンサートになりました。

Miyuki, the owner of Moco danced hula to the music with her husband.
And some other people joined dancing, so it became friendly and homely.


ハーブ オオタ Jr. ご本人とも少しお話しできました。
「演奏を聴いていたら気持ちよくて、眠くなるのですがどうすればいいですか?」
 「眠っていただいて大丈夫ですよ。」
「いえ、私は聴きたいんです。眠りたくないんです。」
「どうすればいいのか・・・僕もウクレレを弾いていると眠くなるから・・・」

I talked with Herb Ohta Jr. for a short time.
”How do I do not to sleep? 
 I relaxed so much that I became sleepy by music"
DAIJOBU, it's OK. You can sleep while I play the ukulele"
"Oh, no. I want to keep awake because I would love to listen"
"I wonder how... I also became sleepy as I play..."
 

イメージ 3




このときに買ったCDを家で聞いています。
軽やかな音色が流れてくると、昨年ハワイで過ごした日々がよみがえってきます。アルバムをめくり、すてきな思い出にしばしの間ひたって・・・。

I am listening to the CD I bought there.
The music made me miss the days in Hawaii.
Turning over the album, I am basking in nostalgia for it.

イメージ 2

この記事に

クリスマスローズの季節です!
It's the season of Christmas rose.

我が家の庭にも咲きましたよ〜♪
They are blooming in my garden.
イメージ 1

ニゲル niger




イメージ 2

ノンスポットの白 White with no spots




イメージ 3

そばかすちゃん frecles





イメージ 4

ピンクの霜 pink frost




イメージ 5






イメージ 6






イメージ 7






イメージ 8





イメージ 9


種から育てたり苗をいただいたりして、いつのまにか増えてきました。
Some are from seeding and some are given by friends.





イメージ 10

色鉛筆で描いてみましたが、色がうまく表現できなくて・・・
I painted it with colored pencils, but I could not do well.




イメージ 11

こちらは水彩絵の具で色づけ。
This is painted with watercolor.




イメージ 12


画材によって表情が変わりますね。
It may change depending on painting materials.

この記事に


何げなく目をやった窓の外にちいさな紫のかたまりが見えました。
As I glanced outside, I found a little purple spot on the ground.


イメージ 1




イメージ 2


クロッカスです! 
まぁ、いつ咲いたのでしょう? 蕾にさえ気づかないでいました。

Crocus!
Wow, when did it start blooming? 
I've not even noticed the buds shooting out.



イメージ 3



私ったら、どのあたりに球根を植えたのかさえ忘れていたんです。
咲いてくれてありがとう!

What's the matter with me! I've forgotten where I planted the bulbs.
Thank you for sprouting and blooming!




イメージ 4


クロッカスの花を見ていたら、ある言葉を思い出しました。
ーあなたは埋葬されたのではなくて蒔かれたのです!ー

Seeing the crocus, I remember these words.
- You have not been buried. You've been planted! -


何度も読んだジェーン・ハンセン・ホイトさんの本、「天の視点
もういちどその個所を開いてみました。

「私はとても小さくて傷つきやすいんです。冷たい泥のような過酷な状況の中で生き延びることはできません。最悪なことは、とても孤独なことです。孤独感とともに凍えるような孤立感がやってきます....」
しかしその小さな種は、時がたつと重い泥を突き破って芽吹き始めます。種は芽を出し、花を咲かせ、成長し、実をならせます。そのように種は造られているからです。敵があなたを破滅させようとして行うことを、神は、人生の大きな勝利のために用いられるのです。(中略) 

あなたは埋葬されたのではなく、蒔かれたのです。

I open the book " THE VIEW FROM ABOVE " written by Jane Hansen 
Hoyt 
which I read again and again. 

" I am so small and vulnerable. I simply could never survive such harsh
surroundings, the cold dirt, and the unfavorable conditions. And the
absolute worst is that I feel so alone, and with aloneness comes a 
chilling sense of isolation...."
Yet as time goes by that small seed begins to sprout, to nudge its way
through all that heavy dirt. The seed is doing what it was created to do:
prosper, bloom, grow, and become fruitful.
What the enemy means for your destruction God will use for great triumph
in your life. .....

You have not been buried. You've been planted!

イメージ 5


私たちも、暗闇を突き破って花咲くものとして造られました。
クロッカスのように。

We are also created to break through darkness for blooming.
Like crocuses.



この記事に

全190ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事