ここから本文です
蘇った全てのものに
ミスって全て消えてしまったぁ。
昭和を感じるアルバムで岩崎宏美様のアルバムがストック棚から出て来た。

パンドラの小箱は発売当時、学生時代の友人の部屋にレコジャケと同じ図柄のもので大きな色褪せたポスターが部屋に数年前まで貼って有ったのが未だ記憶に新しい。
イメージ 1

アルバム恋人たちに収録されている『恋人たち』と言う曲の歌詞が何となく頭の中を
よぎり勤め出して忙しかったあの日の頃の記憶が蘇る。

どんな忙しい仕事の合間にもコーヒー1杯分のほろ苦い時間はあるもの・・・
by
恋人たちの一節より

イメージ 2


この記事に

開くトラックバック(0)


 
その前にお掃除は大切な作業の1つです。
イメージ 1
古いアンプなのに以外と埃が少ないのに驚きです。
イメージ 2
筆や刷毛を使って丁寧に細かな箇所の埃も吸込みがら除去しました。

スライダックを使って低電圧で通電し安定する頃まで時間を掛け後に100VまでUP。
 
こうするのも以前、苦い思いをしていますら・・・残念っ!

この記事に

開くトラックバック(0)


か下記は過去記事の元文です。

先日、新しいプリンターを買ったから要らないかと友人より連絡あり。数日後、顔合わせも含めて行って見た。

イメージ 1
何と元箱に全て添付品が揃って入っていた。
 
聞くと購入以来、殆んど使った事が無いと言うが先日、友人の奥さんが使おうして駄目だったらしい。
イメージ 2重い腰を上げて昨夜、箱の蓋を開けて見て驚いた。
イメージ 3
用紙排出口の蓋を開けるとインクで汚れた形跡も無く本当に綺麗。

イメージ 4
印刷出来ないと言う原因は恐らくノズルにインクが詰まっているのであろう。
 
早々にツールを使ってノズルクリーニングを行う。

装填されていたカートリッジはインクが固まっている可能性が有るので装着せず確か、ドフ幾つか似たカートリッジが有ったと思う。
 
それにしても、このプリンターはUSBコードが使えません。

SB変換ケーブルが必要ですね。
 
1999年10月発売 価格29800円 現在もカートリッジは正規販売されている。

ここからは先日の話で過去記事ではありません。
引越し準備のため、ドフに持ち込んだのですが買い取り価格は0円です。

昨日もドフに持ち込みした物が有ったので行って見たが見当たらないので未だ販売していないのか業者に高く売りつけているのかは不明ですが来店すると
いつも店内放送で喜んで買い取りますと言っているのは嘘なのか・・・?(怒)

この記事に

開くトラックバック(0)

こんなの持ってたDCCデジタルコンパクトカセット(記事復元)です。

アナログカセットとDCC(デジタルコンパクトカセット)の再生が可能なDCCデッキ。
イメージ 3
本体は入手以来、dccテープが無かったので放置状態であったが今、初めての録音再生動作を行おうとする初めての体験である。
イメージ 1
昨日、私的に幻の(dcc)テープを幸運にも入手出来たので早々にもデッキにDCC カセットテープを挿入して録音体制をスタンバイする。
イメージ 2
 
はじめてのDCC体験にワクワク・ドキドキしながらREC・PUSE解除(START)開始。
JAZZを1曲試しに録音して後、すぐさま再生して試聴して見たら中々の音質に驚く。
 
デッキ自体も古ければ新品のテープも古い物でありながら正しく蘇ったDCCサウンドと言った音色を感じる。ネットではDCCに関して辛口論評をする人も多い中、私的には悪くないと思う。
 
後にMD〜技術進化を遂げる中、短命だったDCC システムは今やテープするら入手する事が困難である。
イメージ 4
1992年頃発販売価格は135000円で今宵は、もう少しDCCサウンドを楽しんで見る事にする。

この記事に

開くトラックバック(0)

先日、いつも訪問してくださっているブロガーさんが古い記事にコメントを
下さってました・・・TC-4300SDのカタログが見たいとの事でした。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
イメージ 4
     このデッキ、VUメーターが大きく明るくて見やすいものでした。
 
発売当時、親にねだって買って貰ったデッキ、今でも所有していますが少し
メンテが必要です・・・今から思うと高いデッキだぁー。
 
 
 

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事