呟き尾形の今の政治に物申す blog版

日本の政治のあり方を最終的に決定する権利を持っているのは日本国民です。

全体表示

[ リスト ]

ファーストレディーは注目されるのが仕事

 安倍総理大臣の妻の昭恵氏が「いまなんでこういう立場になってしまって、なんでこんなに私は注目を集めてしまっているのだろうと、すごく戸惑っている」と述べたそうです。
 それは、総理大臣の妻で、総理大臣の妻としては思慮が足りなかったから、総理大臣のウィークポイントとしてマスゴミがもっと非難してお金が稼げないか狙っているだけです。
  総理大臣の妻で、総理大臣の妻としては思慮が足りなかったというのは、「再び総理夫人になってから、すごく活動の幅が広がった」とし、「いろんなところに出向いたり、いろんな方たちからいろんなことを頼まれたり。すごく私は忙しくなってしまったんですね」と自ら話しておきながら、言動が軽率だったということです。
 実際、夫が総理大臣にならなければ、活動の幅は広がらなかったし、いろいろ出向くことがなかったということです。つまり、総理大臣の妻でなければ、今まででよかったけれど、総理大臣の妻として環境が変わったのなら、自分自身もそれに応じて変わらなければいけなかったということだとは思います。

 記事を引用します。
昭恵氏「なんでこんなに私に注目が」 イベントで対談
03月07日 21:15
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/ASK375Q81K37UTIL051.html
★★★ここから★★★

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、学園が開設予定の小学校の名誉校長に就いていた安倍晋三首相の妻、昭恵氏が7日、東京都内であったジェンダーを考えるイベントで対談した。今回の問題への直接的な言及はなかったが、自らの日常について「いまなんでこういう立場になってしまって、なんでこんなに私は注目を集めてしまっているのだろうと、すごく戸惑っている」と述べた。
 主催企業の女性役員との対談で、昭恵氏は「再び総理夫人になってから、すごく活動の幅が広がった」とし、「いろんなところに出向いたり、いろんな方たちからいろんなことを頼まれたり。すごく私は忙しくなってしまったんですね」と話した。
 自身の役割を問われると「人をつなげていくことなんじゃないかなって思っています」と笑顔を見せた。対談は約20分で、終了後に報道陣の取材には応じなかった
★★★ここまで★★★
 昭恵氏がなんでこんなに私に注目がというのは、ファーストレディーという自覚がないうえに、言動が軽率だからということでしょう。良くも悪くも、ファーストレディーは注目されるのが仕事で、その能力がないと思うのなら、目立たないようにしないと、安倍総理のウィークポイントになるものです。
 で、見事に、ウィークポイントになってしまったわけです。ウィークポンとになっただけで、悪いということではありません。まずは、その自覚から、そのウィークポイントをどうするかが重要でしょうね。
 さて、マスゴミは何やっても批判するのが仕事ですから、対象の失言と言動の曲解による非難のプロであるということを理解する必要があるでしょう。
 マスゴミはそういった言葉を引き出すまで同じ質問を繰り返したり挑発したりします。
 ほしい言葉を出すまでしつこくするということです。
 マスゴミの取材は、NGワードかほしい言葉を引き出すまで続くゲームみたいなものです。
 仕事のできないジャーナリストはNGワードを引き出すまで、同じ質問や挑発を繰り返して、非難と言いがかりをいうだけということですね。
 もっとも、マスゴミ対応も政治家としての仕事ということになるのでしょうけど。
 忍の一字かポジティブな発言だけで切り返してプロパガンダにする他ないとおもいます。
 で、二流の政治家はマスゴミの批判と非難を振り分けで、批判に回答し、非難はスルーする。三流政治家はマスゴミに反論して墓穴をほって、一流政治家は批判を政治のニーズとして受け取り政治で対応するということになりますかね。

 ところで、安倍政権は長期政権になったことによる弊害がでているような気がします。
 それも、良い政治をしたから長期政権になったのではなく、景気回復を人質にして政権維持をしているような状態で、数値上の景気回復を理由に、国民に期待させた実感できる景気回復には全く及ばない状態です。
 どうせなら、昭恵氏には、その現実を総理に直接突き付けていただきたいところです。
 じゃぁ、どうすればいいと切り替えされたら、それを(官僚に)考えさせたり、(国民や仲間に)考えてもらって決断するのがあなたの仕事とでも言えば、アタマも冷えるかと思います。
 「森友学園」国有地売却問題は、政治家による政治腐敗というよりも、公務員、いわゆる官僚の政治腐敗でしかないので安倍総理批判に妥当性はないとは思いますが、国会の答弁をテレビやインターネットで見ていると、論点ずらしをした回答しかしていない状態、国民が聞きたいこと、応じてほしいことからずれていることとか伝えてほしいところです。
 つまり、回答しても、同じ質問がなされるのは、欲しい回答じゃないということです。それが批判にあたるなら謙虚に誠実に。非難にあたるなら、流せばいいわけです。

 国民はね。
 景気回復対策をやることをもとめているのではなく、実感できる景気回復という結果を出してほしいだけなんです。
 まぁ、ハードルは高いと思いますけど、そのニーズを果たすと公言して当選したんだから結果出さなきゃ継続するのはおかしいわけです。公言してできなかったけど、続けさせてくれというのはもう、長期政権の弊害です。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事