趣味はつり一筋300年・・・

シーバスおもろいでーーーーー。しかし今はメバちゃんにはまっているいもっちです。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

急な事で申し訳ないんですが


ブログの更新を暫く止めさせてもらいます。


自身の事で色々ありまして…。


釣り場でお会いしましたら、気軽にお声を掛けてくださいな。





                                 by いもっち

この記事に

開く コメント(9)

イメージ 1

イメージ 2

5月27日(土)〜28日(日)

ヨメはんが仕事から帰って来て僕が一言。

僕『今から釣り行くで〜』

ヨメ『ええよ〜』

???

僕『ほんなら早よ〜用意せなあかん!』汗、汗、

との具合で本日の急な釣行劇始まり〜。

釣友の長さんと連絡を取り、すぐさまオーケーとの事。

準備をして目指すは山陰。

先ず最初は鳥取県中部のサーフ。

音沙汰無し。

次はその近くの堤防

音沙汰無し。

それから大移動をして、米子のかめやに入店。

ウラバンさんとお会いし、しばし話しを。

それから、一級ポイントへ。

車の数約10台。

人の数もそれ以上。

降りて行くと其処には、今上げられたと思われるシーちゃんが横たわっていた。推測85cm

離れた場所でキャストをするが無反応。アタリはベイトのコノシロだけ。

小場所が開いたので入れてもらう。

2投目でゴツンッではなく、ガゴンッというアタリ。いきなりドラグが1m程出て止まり、ドラグを閉めて少し巻いたらまた走りだした。そしてドラグが止まらくなってテンションが軽くなった。

リーダーの上20cmが切れていた。

暫くキャストするも反応はコノシロだけ。

少し休憩していると、遠征される麒麟さん、生さなぎさんが来られた。

しばし談笑と状況報告をして、出雲方面へ熱き戦いへ行かれた。

そして2時30分を過ぎた辺りから皆が次々と帰られて、結局3時くらいに僕と長さん2人だけになった。

いろいろなメソッドを試して行き着いたのは『ぐりぐりほっとけゆらゆらメソッド、爆、爆、爆』を考案した。

それをやって3投目、ゴガンッとひったくるアタリがあったと思った瞬間、ドラグがガーーー!と一気に出て行く。

先ほどと同様にはしないで、弱らせて手前まで寄せるとなんとエラアライをぶちかまされた。

本当にここからが凄いんです。

何度もエラアライとドラグを出される。

しかし、むっちゃ楽しい。

数分後、ランディングに成功!ランカー以上と思われた魚体は、81cmでした。

その後暫くキャストするも反応が無いので、朝マズメに鳥取県中部まで戻りサーフへ。

先に居てはるともともさんに伺う。そして違うサーフへ向かい反応を見る。

反応無し。

サーフの近くの防波堤へ移動してキャストするも反応が無い。

そしてともともさんと合流してまたまた近くの防波堤へ行きキャストするも不発で終わる。

時間は8時ここで終了〜。

眠気との戦いがあり、凄くシンドかった。しかし、朝日が拝めて清々しい気持ちがした。

ともともさん、何時もありがとうございます。今度は熱きバトルを展開しましょう。

長さん、今回はボでしたが此れに懲りずにまた行きましょう。

タックル
ロッド:ダイコーデスペラード902L
リール:98ステラ3000DH
ライン:バークレーファイヤーライン16lb
リーダー:バリバスショックリーダー20lb
ルアー:禁断ルアー、GM特注カラー(ゴールドチャートバックチャートベリー???)77mm×15g
          sssコノシロ88mm×15g


大潮(27日、28日)
干潮 23時25分
満潮 7時37分

大潮(28日)
満潮 4時24分、13時11分
干潮 7時15分

釣れた時間
 28日午前3時15分ぐらい

画像は後ほど。m(__)m

この記事に

開く コメント(11)

初めて見た。

イメージ 1

イメージ 2

5月27日(土)

隣の家の置物の上になにやら小さいものが動いていた。


初めて見る生き物!


それは・・・・・


『蟷螂の生まれたばかりの赤ちゃん』


タマゴから孵ったばかしの物。


凄まじい光景。

この記事に

開く コメント(0)

先日の釣行秘話?

先日の釣行で初めて明るくなった海で、ルアーに当たってきて咥えて反転していくシーバスを見た。

よくトップで捕食シーンが丸見えで興奮するという記事等があるが、まさにその通りだと思ったし、実際に興奮してしまった。

海の色は笹濁り。

波は約1mから1.5m。

時折波を被る事もあった。

約30mキャストしてラインスラッグを素早く取り、ファーストリトリーブで沈み根までルアーを操作して、沈み根付近でスローリトリーブを加えながら、たまにはストップも織り交ぜる。

すると、ゴンッと食ってくる。

50cmのは波が沈み根に当たり、少しのサラシが出来るトコで食ってきた。

60cmのは沖目にキャストして、手前の波が真正面から当たる所を通して際をスローに攻めたら食ってきた。

2匹共居着きではないかと推測する。(回遊して来て少しの間の居着き)

魚体も以前サーフで釣ったモノとは色が銀ピカでなく、少し緑がかった色をしていた。

そして痩せていた。

まだまだ、分からないサーフ事情。開拓をしていきます。

この記事に

開く コメント(3)

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

5月19日(金)〜20日(土)

色々な方と釣行。

先ずはたかやまっち。

鳥取県中部のサーフ、漁港を攻める。

まったくの無反応。

ココでたかやまっちと分かれて単独で移動。

半島まで移動してデカメバ狙い。(メールがきて50アップ、70アップゲットとたかやまっち)

めきめきと上達していくたかやまっち。凄いの一言。

半島を攻めるがどの漁港も思わしくない。居る気配が無い。

chem氏と合流してプチ地磯。風がきつくて釣にならない。

ココでchem氏と別れてまた漁港巡り。しかし、無反応。

ココは大移動を決断して、向かうは水道方面?何故か車はかの有名なポイント

着いて様子を見ると、ベイトが追われてる。それもかなりの数。

30分のつもりが本格的に狙っている。しかし全く当たらない。

何かある?もしかしてと試してみるとバッチシはまった。

ドンッ!きたーーーーーーーー!ジッジッジーーー!ふっ。???と軽くなった。バレタ。

また同じコース同じやり方でやっていると、ドンッ!グィーン!ジーーーーー!キターーーーー!

ドラグが悲鳴を上げた。そしてエラ洗いをせずに、水中の中でヘッドシェイク!キターーー!ランカー!

4分位だろうか上げて見るとうーーーん?ランカー?

計測するとギリギリ、ランカーサイズ。

その後10分ぐらい沈黙が過ぎ、今度は違うメソッドを試す。

来る!・・・・・・・・ゴンッ!ゴッゴッゴン!ギュィーーーーーン!ジーーーーー!

またまたドラグが悲鳴を上げた。

またもエラ洗いをしない。???ランカー???

近くまで寄ってきて始めてのエラ洗い!

小さい???

姿を見ると、先程と同じくらい。

気を良くして朝マズメを鳥取の中部でとそそくさと移動。

はぶかっちと合流して、ヒラメ狙い。・・・・・沈黙。

ともともさんとも合流してサーフを転々とするが・・・居ない。留守。

最後の小場所。サーフの間に在る小さな、小さな漁港。

3人で分かれて振る。なんと2投目で50センチをキャッチ!

その後何投目かに直ぐにアタリ!60センチをキャッチ!

皆を呼んで攻めまくる。

はぶかっちがバラシ!

ともともさんが45ぐらいのをキャッチ!

残るは、はぶかっち。

反対の所でキャストするとはぶかっちが待望のヒット。無事取り込んで60アップのシーバス。

これで全員キャッチに成功した。    ほっ!

ココでともともさんと分かれて帰路に着いた。

皆さん!連絡する時は必ず日付や曜日をお知らせします。すいません、ご迷惑おかけしました。m(__)m

※タックルデータ※
ロッド:ダイコーデスペラード902L
リール:98ステラ3000DH
ライン:バークレーファイヤーライン16lb
リーダー:バリバスショックリーダー20lb
ルアー:アイマsasuke裂波120、アイマ魚道、禁断ルアー

:追記:

小潮
満潮 5月19日 19時47分
干潮 5月20日 5時12分
20日の2時位から3時30分までの釣果

小潮
満潮 5月20日 10時03分
20日の7時から8時までの釣果

この記事に

開く コメント(5)

全14ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事