ここから本文です
鶴が森少年野球クラブのブログ
仙台市泉区で活動しています、橋本到選手も所属した少年野球チームです!Twitterアカウント@turugamoriです!

書庫全体表示

気付いたら週末の天気予報が晴れマークに!!。
ただ、気温がかなり低めですね〜。
練習時には手袋、グラコン忘れずに!!。

そんな今日は、練習では常に言っている『打球を遠くに飛ばす!!』事について、気になる記事がありましたので紹介します。
※野球の醍醐味であるホームランに繋がるかもしれませんよ〜。

〜記事抜粋〜
※少年野球の選手の傾向として、
内角(ボールの位置)に力が入るスイングの選手が多いと思います。
 
ボールの位置です。
真ん中のストライクをベストで叩けるようなスイングを覚えされてください。

そして、インパクトの位置は基本的には、へその前です。どのコースを打つ場合でも一緒です。下半身がぐらぐらせずに、両腕の力が一番入るのがへその前です。
 
実勢にインパクトの時に、バットがへその後ろにあったり、へそのずっと前にあれば、両腕に力が入らずに全身のパワーをボールへ伝えることができません。
 
大きな打球を飛ばすなら、まずはインパクトの位置を確認してみましょう。
 
自分が一番力を入れることができるインパクトの位置が分かったら、そこを意識しながら素振りをさせます。
 
そして、ティーを使って実際にボールを打ってみます。
バッティングティーを正確な位置に置くようにします。
 
何度もここで打っているうちに、
そのデータが完全に脳へインプットされます。
 
手でボールを出すよりも、
ティースタンドを使って打ち込んでみましょう。
 
打球を飛ばすことができるインパクトを体に染み込ませることです。
打球を飛ばすコツが自然と分かるようになります。

〜以上〜

どうでしょうか?。
下半身が「グラグラ」しない!!。※チーム内に沢山いますね。
この辺を改善するだけでも打球は遠くに飛ばせますよ!!。
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事