アロマテラピー

すべて表示

アロマテラピーは植物からの大いなる恵み

イメージ 1

          ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・







自然健康法の1種、アロマテラピー。
何気なく嗅いだ植物の香りで気持ちが落ち着いたり、眠くなったり、
逆に目が覚めたり、昔のことを思い出したり、感情が蘇ったり、
そんな経験をされたことはないでしょうか。


香りは目には見えませんが、
嗅覚は五感の中でも本能(快、不快、恐れ)に直結した大切な感覚です。
我が子の匂い、敵味方の匂い、腐った匂い、
危険や安全を察知するセンサーです。


目に見えぬ香りは後回しにされがちですが、
無意識下で本能に作用する香りは人の心や身体に影響するものとも言えます。




心地よい香りを嗅げば、大きく息を吸い込みたくなります。
自然に呼吸がゆっくりとなるでしょう。
逆に不快な匂いを嗅げば鼻をつまみたくなるのではないでしょうか。
息をするということは生きることそのもの。
気持ちのよい呼吸が続けられることが心身の健康につながります。




アロマテラピーを暮らしに取り入れれば、
日常的な心身のケアが無理なく楽しくできます。
そして植物の素晴らしい特性に驚かれることでしょう。
アロマテラピーをするためには、自分自身の心や身体の声を聞くことが必要となります。
今、私はどんな状態? わからない時は心地よいと感じる香りを素直に選びます。
ホッとやすらぐ香りがその時に必要な香りなのでしょう。



マッサージなどで精油を使用する場合は、
禁忌や使い方の注意点などを調べてから使ってください。
また、精油は皮膚塗布や吸入するだけでも血管に吸収されますので
品質のよい精油を選ぶことが大切です。





  























,


.


みんなの更新記事