うぃる♪エンタメニッキ

巻き起こせ〜♪あらし あらし for Dream♪

全体表示

[ リスト ]

野ブタ。をプロデュース 第8話 「いじめの正体」です。

むちゃくちゃ切なかった。。

最後の修二・彰・信子が信じあうシーンは、
彰の優しさに涙が流れました。



一連のいじめの犯人は、蒼井かすみ。
何故、そんなことをするんだと尋ねる修二に蒼井かすみは、このように応えます。

「桐谷君たちが、隠れて小谷さんをプロデュースするように、
 私も、桐谷君をプロデュースする。」

桐谷君の成長記録と。

真のねらいは一体なに?

「仲良くなってから言うの。小谷さんには自殺したくなるくらい絶望してもらうつもりだから」
信子や修二に何の恨みがあるんだ?
コワい。コワい。



修二はタニを見殺しにしたことや、まり子と一緒にお弁当を食べていないことがばれ、
クラスメイトから孤立してしまいます。

彰は、ひとり屋上にいる修二に話しかけ、
「オレたち、親友ばい」と告げます。
優しいな。彰。


まり子は、ひとりで非常階段でパンをちぎっている修二を見て、そっとお弁当をおいていきます。
先週、ショックなことを言われたにもかかわらず、修二のことを気にかけています。
(先週、私は見逃しているのですが。。涙)
優しいな。まり子。


修二はひとりで校庭を歩き帰っていきます。

信子「お化け屋敷を壊した?蒼井さんがそう言った」

修二「オレじゃないよ。野ブタの友達にそんなこと言うはずないじゃん」

帰っていく修二に、信子に近づいて来る蒼井かすみ。
信子は二人の間で揺れ動き、どっちを信じればいいのか分からなくなってしまいます。


悩む信子に悟りかけるのは、キャサリン。

「信じれば必ず本当になる。本当のことは誰もわからない。信じたい方を選ぶしかないでしょう」

キャサリンも悩む3人に、グットタイミングでいいことを教え、気付かせますよね。



信子は、修二と彰にロープを結ばせ3本を1本にします。
野ブタパワーを注入します。
「信じれば、どんなことも解決できる。」と。

彰も、信子が修二を抱擁している写真を見てショックを受けているのに、
それを隠して、「一緒に帰ろう」と言います。

修二も一瞬、安心したような顔をしましたが、蒼井かすみ・タニのことを気にしながらも、
3人で帰っていきました。


修二、彰、信子、そして、まり子も。
みんな心に寂しいものを持っているにも関わらず、
相手を思いやる優しい心があり、信じようと努力しているんですよね。

いつの間にか3人には「信じる心」で結ばれた大きな友情に包まれて。。。

それぞれが成長していっているんですよね。



修二の母親の贈り物、3本足で立つブタのお守りでした。
「友情のあかし」

修二が信子と彰に笑って渡せる日は、来るのでしょうか。








<PS>
・冒頭の亀梨くんと中島裕翔くんの、ちょんまげ。弟、真似したな(笑)
 ちょんまげ姿にズボンにトレーナーを入れるシーンは、可愛らしくて笑えました。

・来週の予告、一切流れませんでしたね。。。グスン。
 隠しているとは思えないから、まだ撮影が追いついていないんでしょうね。。

この記事に

閉じる コメント(22)

顔アイコン

すてません、何度かトラックバックしようと挑戦したのですが、表示されませんでした。何か間違っているようです。(-_-;) ご迷惑をかけましたら、お許しください。m(_ _)m 《友情の証》のブタのお守り、来週手渡されるんでしょうか? どうして3本足なのか、知りたいですね〜!!!

2005/12/4(日) 午前 0:35 [ min*444*min* ] 返信する

顔アイコン

すいません、何度かトラックバックしようと挑戦したのですが、表示されませんでした。何か間違っているようです。(-_-;) ご迷惑をかけましたら、お許しください。m(_ _)m 《友情の証》のブタのお守り、来週手渡されるんでしょうか? どうして3本足なのか、知りたいですね〜!!!

2005/12/4(日) 午前 0:36 [ min*444*min* ] 返信する

コメント出て来い!来い!

2005/12/4(日) 午前 0:54 うぃる 返信する

mint4444mintさん)YahooBlogのせいです!こちらこそ、何でもお手間取らせてしまって申し訳ないです。。 3本足は、修二・彰・信子が地に足をつけてしっかりと生きていくことを表しているんじゃないかなっと思ったり。。気になりますね〜。

2005/12/4(日) 午前 0:57 うぃる 返信する

noka3maruざん)始めまして☆コメントありがとうございます。 切なすぎでした。。涙がぽろぽろ。。友情の証のブタお守り、修二が心から渡せるようになって欲しいですね。

2005/12/4(日) 午前 1:07 うぃる 返信する

修二がアオイにお願いするシーンよかった。「野ブタの初めての友達だから」でも野ブタにとって初めての友達は修二と彰なんですよね。だからアオイの正体がわかっても信子はショックを受けないと思います。

2005/12/4(日) 午後 0:30 [ - ] 返信する

見ましたよ。今回のお話はものすごく感動的でした。修二も今回の件でかなり人間として強くなったと思います!誰にも信じてもらえないと言うことへの恐怖を改めて考えさせられました。予告やら無かったのは僕も気になりました!蒼井には腹が立ちますよね★

2005/12/4(日) 午後 4:26 ken 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございました。来週の展開が予告で見れなかった分、余計に来週の放送が待ち遠しいですよね^^

2005/12/4(日) 午後 5:49 [ hiro-n ] 返信する

顔アイコン

↓トラックバックのすごい事・・・驚いた。今週は先週よりは楽な気持ちで見れたかな。屋上のシーンはよかったなー。亀ちゃんに惚れ惚れしてしまった。視点の違う見方していたので、何か、亀ちゃんの萌えポイントばかり追ってしまったよ。前回は見るのつらいけれど、今回はちょっとよかった。

2005/12/4(日) 午後 6:41 CAROL 返信する

くぶくりんさん)修二は信子が自分のことを友達と思っていないと思っていたら、寂しいですよね。信子が自分が友達だと思う修二・彰を選んだシーンはホントによかったですね。信子は優しくて人の気持ちが分かる子ですよね。

2005/12/4(日) 午後 7:52 うぃる 返信する

Kenさん)はじめまして。コメントありがとうございます。修二は信じてもらえないというどん底の気持ちを味わって、でも、信子が「信じればどんなことも解決できる」と助け舟を出してくれたことによって、大きく成長したと思います。来週の展開が気になりますよね。

2005/12/4(日) 午後 7:55 うぃる 返信する

HIROさん)コメントありがとうございます。そうですね。公式HPも簡単にストーリー展開が書いてあるだけですし、待ち遠しいですね^^

2005/12/4(日) 午後 7:58 うぃる 返信する

CAROLさん)トラバが多いのは、それだけ野ブタ。に魅力があるっていう証拠。野ブタパワーの虜になってしまっているんだと思います☆特に今回は本当に切なかったです。亀ちゃんは、ちょんまげ姿がよかったです。^^

2005/12/4(日) 午後 8:02 うぃる 返信する

ついに犯人が分かりましたねぇ〜^^蒼井かぁ〜・・・修二の彼女かなとも思ってたんですけどねぇ〜。。

2005/12/4(日) 午後 10:15 [ kus*g*2005 ] 返信する

修二くん優しいです!彰くんもサイコー!蒼井かすみ、怖すぎ〜!最後はハッピーエンドであってほしいです!3人の友情が永遠でありますように。

2005/12/5(月) 午後 5:54 [ super*kanako ] 返信する

修二が、犯人が蒼井だということを隠しているところに、修二の優しさを感じました。蒼井の嫌がらせに負けずにがんばってほしいです。

2005/12/5(月) 午後 6:51 han**890*15 返信する

くせげさん)お久しぶりですねー!訪問&コメントありがとうございます。 私もはじめの方は、まり子かなって思っていましたよ。^^

2005/12/5(月) 午後 10:03 うぃる 返信する

かなこさん)修二も彰も信子も、みんな優しいですよね。^^ もう誰も傷つくことなく、ハッピーエンドで終わって欲しいですね。

2005/12/5(月) 午後 10:07 うぃる 返信する

はなさん)もしかしたら、信子はいらずらの犯人が蒼井であることに気付いているかもしれないって今、思いました。何にせよ、3人の友情パワーで乗り切っていってほしいですよね。^^

2005/12/5(月) 午後 10:11 うぃる 返信する

いやぁ、さすがチビモエこと柊ちゃん、にっこり笑いながら嫌なセリフをさらりと言ってのけましたね。そういえば夏木マリさんもも出てるから「千と千尋のプロデュース」?(笑

2005/12/7(水) 午前 0:36 pinkunokaba 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(22)


.


みんなの更新記事