ふたご星のブログ

友人にアイリンちゃんのマスコット人形を買ってきてくれと頼まれた。

全体表示

[ リスト ]

浅田真央さんの来季のSPを大予言!(笑)

イメージ 1
 
浅田真央さんの来季のSPの振り付けが完成したそうな。
フムフム。予想通り、SPはタラソワ氏に振り付けを依頼したと見て、間違いはないだろう。
 
振り付けにあてた期間は、5月30日〜6月4日の6日間。
昨年はたったの3日間で、3曲の振り付けを完成させる無謀な日程だったけれど、今年は昨年より2倍の時間をかけて指導していただけたということが、何よりありがたい。
きっと時間をかけただけあって、細部にもこだわった、素敵なプログラムになっていることだろう。
 
ところで、今回はその真央さんの来季のSPの曲を、大胆にも予言?(笑)してしまおうと思っているのだ。
当たる確率は、80%以上だと確信しているんだけど、どうかな?(^−^;
 
たかが個人のブログで大予言をしたところで、世間のお騒がせになることも無いだろうから、無責任に語ってしまおうというのが、今回の主旨なわけで、もし大当たりならば、それ見たことかと大いに自慢するつもりだけれど、大外れだった場合は、華麗にスル―させていただく所存なので、そこんところはよろしくね。(^−^;
 
まずは、予言の大前提になる仮説を、語っておこう。
大予言が成立するための、前提条件と言い変えてもいいかもしれないが、
それは、「タラソワ氏にとって、浅田真央さんは、自分の分身である」とする考え方だ。
この仮説そのものが間違いであった場合、以下の大予言は、まったく意味のないものとなってしまうのが、痛いところだ。
 
しかし、そんなことをいちいち気にしていては、妄想ブログを運営していけないもんね。
ここは「浅田真央は、タラソワの分身である」という仮説が、まぎれも無い真実であると決めつけて、語っていこうと思う。
 

浅田真央の来季のSPを大予言(笑)

1.タラソワの願い
 ここ数年、タラソワは愛する姉、母、そして夫を、相次いで病気で亡くしている。
彼女はその間、忙しい仕事の合間を縫って、家族の看病をしていたと聞く。自身の体調がおもわしくない中、死の病に冒されている家族の世話をしながら、彼女は神に、家族の回復を幾度となく願ったことだろう。
 
2.死神との戦い
 タラソワは家族が病魔に打ち勝ち、再び幸せな毎日が来ることを願い、家族とともに死と正面から向き合い、病魔に戦いを挑んだ。家族にも、病気に負けない強い心を持ち続けて欲しいと願いながら。
その彼女の気持ちを、浅田真央のラフマニノフ「鐘」と、シュニトケ「タンゴ」に見ることができると思うのは、うがった見方であろうか?
 
3.「鐘」に込めた思い
 真央は、鐘のラストで、手を高く頭上に掲げ、天上を仰ぎ見る。
本来は、圧政に苦しんだ民衆の解放を表す場面ではあるが、私はここに病魔に打ち勝って欲しいと願うタラソワの願いを感じ取った。
顔をゆがめ、苦しみ、もがきながら演じる真央が、最後にはその苦しみから解放される。その演技をタラソワは、病床の家族に何度となく見せ、真央のように勇気を出して病魔と闘って欲しいという無言のメッセージを伝えたのではないだろうか。
イメージ 2
 
4.「タンゴ」に込めた思い
 真央のタンゴは、けだるく妖艶な曲想とは違って、何かに挑むような気迫に満ちたものとなった。
ショートプログラムから3アクセルを入れる挑戦的なプログラムに、休むところの全くない濃密なステップ。
その難プログラムを演じきる気満々の真央の表情は、勝気な女戦士のようにも思える。
 
 タラソワの夫は、シュニトケと親交があったと聞く。
友だちが作曲した「タンゴ」の曲に乗せて、自分の限界を超えて成長しようとする真央の真剣な表情は、きっとタラソワの夫の心にも届いたに違いない。
 
「真央が今までの自分から脱皮して、新たな自分を作り出そうと、懸命に努力しているように、あなたにも病気に打ち勝って欲しい。真央の演技から生きる勇気を感じ取って欲しい」というタラソワの願いは、夫に届いただろうか?
 
イメージ 3
 
5.東日本大震災
 真央の国、日本では、未曾有の大災害が発生し、多くの人命が失われた。亡くなられた人の中には、真央のファンも多く存在したであろう。純粋な心を持つ真央にとって、「フィギュアスケートを続けていても良いのか?」と、葛藤し、心が乱れたことであろう。世界選手権で調子を崩した真央は、被災した日本を写しだした鏡に思えてならない。
そんな彼女も今は落ち着き、被災者のために自分ができることをしていきたいと、前向きに踏み出した。
 
6.タラソワの夫の死
 世界選手権開催中に、タラソワの夫は、ついに帰らぬ人となった。これでタラソワの看病生活も終わりを告げたが、愛する者を亡くした悲しみや怒り、そして喪失感が彼女をさいなんでいることだろう。
そしてここに、不思議な巡り合わせか、タラソワの心と真央の心、そして被災した人々の心が共鳴し合うことになったのだ。
 
7.死者にささげるレクイエム
タラソワが真央に託すのは、レクイエムしかない。
真央もまた、死者の魂を沈め、残されたものたちの心を労わる巫女にふさわしい。日本の深い悲しみをしずめることができるのは、真央しかいないと言っても過言ではないだろう。
安藤美姫が世界選手権のエキシビションで演じたレクイエムも、素晴らしく心を打つものであったが、日本の悲しみを真に癒すことができるのは、透き通るようにまっさらな真央にしかできないことなのだ。
 
8.シュニトケの「レクイエム」へ
スケートファンなら、レクイエムと言えば、安藤美姫のモーツアルトの「レクイエム」を、まず思い浮かべるが、他の作曲家もレクイエムを手掛けている。例えば、ヴェルディ、フォーレ、ベルリオーズ・・・。
しかしここはやはり、タラソワならば、シュニトケの「レクイエム」を選曲するだろう。
夫の友人が作曲したレクイエムで、夫の魂を天に送りたいと願うのが、まっとうな選択だと思えるからだ。
 
 
9.結果
ここまでつまらぬ妄想にお付き合いしていただき、ありがたいことだ。
以上のことから、来季の真央さんのSPはシュニトケの「レクイエム」に違いないと思ったわけだ。(^−^;
この私の妄想が、果たして当たるのか?それとも大外れか?
それは正式発表を待たなければ分からないことだが、シュニトケの「レクイエム」とはどんな曲なのか、CDを図書館で借りるか、もしなければ購入して、一度聞いてみようと思っている。
シュニトケの「レクイエム」は、聞くところによると、なかなかに現代的で斬新な曲であるらしい。
とてもじゃないけれどフィギュアスケートには無理な曲だったりしたら、私の大予言は大笑いになっちゃうね。
(^−^;
 
真央さんのSPに関するニュースは、ここをクリックすると見られるよ。

閉じる コメント(14)

顔アイコン

どうもタラソワさんは。記事で彼女の苦悩は解りましたが「鐘」は明らかに20歳の真央ちゃんには重かった。SPですが、ヨナは007。

コーチは、自分の個人的事情(?)を教え子に押しつけて(?)もらいたくない気がする。

2011/6/14(火) 午後 10:57 mit*mus**i

顔アイコン

コメントさせていただくのは久しぶり。私は真央さんの試合をとりあえずは録画し、あとでゆっくり見るのですが、今季は失敗が多かったため、四大陸以外はすべて削除してしまっていました。先日唯一残していた四大陸のフリーを改めて見たのですが、やっぱり真央さんの力はすごいや。感動しました。優勝できなかったのが不思議。ショートの3Aのミスのせいでしょうか。世界選手権の演技にかなりの不安を抱いてしまっていただけに、「真央ちゃんやっぱりやれるやん」と改めて思った次第です。きっと復活してくれることを信じています。新しいプログラムを早く見たいような、見るのがこわいような。試合はドキドキしてライブではちゃんと見ることができません。

2011/6/15(水) 午前 10:26 あきこひめ

ふたご星さん、こんばんは
来期のSPが、シュニトケのレクイエムだったら、
直ぐにお祝のお言葉を述べさせて頂きたいです。

2011/6/15(水) 午後 6:18 [ *o*in*m*b*c ]

ふたご星さん、こんにちは
さすが
読みが深いです

タラママは、真央ちゃんの事、ホントに可愛いと思っているんじゃないかと…私の妄想ですが…

真央ちゃんも慕っているみたいだし、
ふたご星さんの読み通りになりそうな…
よ・か・ん
携帯の着メロのクラシックのサイトでシュニトケのレクイエム探していますが、ないです…
マイナーな曲みたいだから…何とか探して聞いてみたいと思っています。

2011/6/16(木) 午後 0:49 [ ショコラ ]

顔アイコン

すごい推理ですねー(^^♪
さっそく、つべにて試聴してきました。
うーん・・・^_^;
今年は笑顔の真央選手がみたいです。カプリース路線希望!!! 削除

2011/6/16(木) 午後 2:39 [ sumomo ]

顔アイコン

薫少将さん、こんばんは。

コレオグラファーの中には、選手の元々持っているものを、より魅力的に引き出すことを大切にする人と、選手が自覚していない新たな一面を引き出すために、あえて異なるイメージを振りつける人がいるのかもしれないと思っています。

タラソワ氏は後者の部類に入るでしょうか?
真央さんがタラソワ氏に、まだ見ぬ何かを引き出して欲しいと願って振り付けを依頼しているのであったなら、もう何も言えません。

真央さんにとってバンクーバーは通過点であると、真央さんもタラソワ氏も思っていたのではないでしょうか?
だから、あえてハマりプロを用意せず、新たなイメージの挑戦を選んだのではないかと・・・。

好意的に解釈しているのかもしれませんがね。(^−^;

2011/6/16(木) 午後 9:56 [ ふたご星 ]

顔アイコン

あきこ姫さん、こんばんは。

そうですよね。真央さんは世界選手権こそ調子を落としていましたけれど、四大陸は素晴らしかったです。惚れなおしましたよ。
だから、来シーズンも大丈夫ですよ。
素敵な演技を早く見たいですね。

ライブ観戦は心臓に悪いですよね。(笑)いつも私、手を合わせて見ていますよ。

2011/6/16(木) 午後 10:04 [ ふたご星 ]

顔アイコン

こりさん、こんばんは。

わっはっは・・・。
残念ながら、お祝いのコメントはいただけないでしょうね。(^−^;
来季のSPがシュニトケのレクイエムに違いないとほざいているのは、多分広い世界の中で私くらいかと思います。
これを独自性と言わずしてなんと言うのでしょうか?(笑)

これからも真央さんファン界の異端児として、突拍子もない妄想を書き連ねていきますね。

2011/6/16(木) 午後 10:13 [ ふたご星 ]

顔アイコン

ショコラさん、こんばんは。

大丈夫ですか?
ふたご星の妄想を、本気にしてはいけませんよ!(笑)
多分予言は外れると思いますが、書いているうちに、シュニトケのレクイエムしかないと思えてきちゃうから不思議です。(^−^;

もし、予言が大外れだった場合でも、タラソワが用意した候補の中には入っていたかもしれませんしね。

勝手に妄想して、勝手に盛り上がるのが、正しいオフシーズンの乗り切り方だと信じて、これからも妄想度100%で語っていきますね。
だってそのほうが楽しいもんね。

シュニトケのレクイエムは、超マイナーな妖しい曲なんですかね?

2011/6/16(木) 午後 10:24 [ ふたご星 ]

顔アイコン

真央さんがタラソワ氏に、まだ見ぬ何かを引き出して欲しいと願って振り付けを依頼しているのであったなら、もう何も言えません>それなら僕たちも見守り応援していくしかないですね。ソチでは真央ちゃんも24歳。新たな魅力が必要ですし。

バンクーバーは通過点>ふたご星さん(真央ちゃん・タラソワさん)には申し訳ありませんが、アスリートはその一瞬ににすべてを賭けるもの。金メダルでしたら通過点ですませられますが、20歳には20歳の演技で望んで欲しかった。

2011/6/16(木) 午後 10:30 mit*mus**i

顔アイコン

sumomoさん、こんばんは。

シュニトケのレクイエムを視聴されたんですね!
そしてその感想が、

>うーん・・・^_^;
>今年は笑顔の真央選手がみたいです。カプリース路線希望!!!

なんですか・・・。(爆)
どうやらすごそうな曲ですね。(^−^;
私はまだ聞いていないんだけれど、もし聞いたら、「シュニトケのレクイエムなんてありえない〜!こんな記事をアップしているなんて超恥ずかしい〜!削除しちゃえ〜」って、思っちゃうほどなんでしょうかね?(笑)

こりゃ、聞かない方が身のためですかね?(汗)

2011/6/16(木) 午後 10:31 [ ふたご星 ]

顔アイコン

お〜!
薫少将さん、早速のコメントですね。サンキューです。

>アスリートはその一瞬ににすべてを賭けるもの。金メダルでしたら通過点ですませられますが、20歳には20歳の演技で望んで欲しかった。

う〜ん、確かにそうですよね。
20歳の愛くるしい真央さんを素直に表現したプログラムは、20歳の時にしか演じることができませんものね。

でも、真央さんは頑固だから、タラソワ氏が等身大の真央さんでいられる「愛の夢」に替えようと提案しても、それを断っちゃったんですよね・・・。

「鐘」は、できないからと途中で投げ出すのは絶対嫌だという、負けず嫌いで頑固な真央さんの内面を反映していて、その意味で20歳のまだ若い真央さんらしい演技だったと言えるかもしれませんね。

人生経験を積むことで、真央さんも多少は柔軟な考えを持てるようになるかもしれないし、その内面の変化が演技にどんな変化をもたらすかにも興味があります。

柔軟思考など屁にもかけず、どこまでも突っ走る真央さんも好きですがね。

2011/6/16(木) 午後 10:48 [ ふたご星 ]

しばらくです!自宅のPC絶不調です!

いやぁ・・・・ちょと目を離した隙にこんな妄想を繰り広げていたとは!
しかし、読めば読むほどなるほどぉと思わせてしまうのがふたご星さんの凄い所です。

「鐘」も「仮面舞踏会」も死を連想させる重々しさがありました。
シュリトケと親交があったという思い出を胸に・・・レクイエム。
やっぱりなるほどです(笑)

この記事を読んでふとプッチーニの「トスカ」を思い浮かべましたです。理由はありませんが!
死を傷むという面では、ラフマニノフの「悲しみの三重奏曲」ってのもいいですね(笑)
う〜ん久々に私も妄想モード入ってきました!^△^

2011/6/19(日) 午前 10:31 [ fukufuku ]

顔アイコン

fukufukuさん、こんにちは。

ご無沙汰なのはPC君のせいなんですか?
全く困ったチャンですね。(笑)

最近思うのです。
詐欺師や怪しい新興宗教の教祖様って、人をだまそうと思って勧誘するんじゃなくって、自分自身が作った妄想の世界と現実の区別がつかなくなっているんじゃないかと。

下手したらこのブログも、怪しい妄想宗教へと発展しちゃうかも?
教祖様はとりあえず「ふたご星」が就任しますが、大幹部の席が空席なんですよね〜。
fukufukuさん、大幹部に就任してくれないかな・・・。(笑)

2011/6/19(日) 午後 6:54 [ ふたご星 ]

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 今日全体
訪問者119711356
ブログリンク033
コメント15845
トラックバック018

ケータイで見る

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

モバイル版Yahoo!ブログにアクセス!

URLをケータイに送信
(Yahoo! JAPAN IDでのログインが必要です)

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事