ここから本文です

書庫全体表示

2012年2月18日(土) 雪 福井 縫ケ原(途中撤退) 山スキー 
kyuさん、Tsutomu

8:20 真名川ダム → 9:35 尾根取付き → 11:35 稜線 → 12:00〜12:30 休憩 → 14:30 真名川ダム

 久し振りにkyuさんの待つ福井へ二日間の予定で出掛けた。
 土日の予報は大雪。どうするか迷うところだがとりあえず現地まで行って決めよう。ダメそうだったらkyuさん達との宴会だけでも十分楽しい。
 前泊の予定で金曜の夜、北陸自動車道を福井へ向かう。いつもなら東海北陸道利用だが早さより安全なルートを選んだ。それでも路面に積雪があり除雪作業のため渋滞があった。
 福井ICからR158を走って大野市に入ると激しく雪が降り出した。見る見る路面に積雪していく。宿泊地に予定にしていた奥越ふれあい公園の駐車場は雪に埋もれて利用不可能。
 下手なところに車を停めて夜を明かすと積雪のため身動きが取れなくなる可能性がある。ここはふれあい公園近くのローソンに頼んで駐車場の片隅を借り車中泊。
 早朝五時、駐車場の除雪作業が始まって場所を移動。少し休憩してまだ早いが真名川ダムに向かった。
 驚いた事に路面の雪は既に除かれていて難なく真名川ダムまで入る事ができた。流石に多雪地帯の雪への対処は早い。道中、多くの除雪作業車を見かけたがその働きに頭が下がる思いだった。
 まだ薄暗い真名川ダムでは雪が降り続いていた。携帯の天気予報を見ると午前中は荒れ模様。これでは今日は中止にした方が良さそうだ。その旨をkyuさんに連絡。kyuさんからは「じゃあかわりにどこか行く?小荒島とか」という返事。小荒島へ行けるのなら縫ケ原に行けそうだ。で結局縫ケ原に向かう事になりkyuさんを待った。
 思ったより早く到着したkyuさんを待たせて慌てて準備。kyuさんによればこちらは勝山より雪が少ないらしい。こんな雪ぐらいなんだといわんばかりだ。
 融雪のための噴水があがる道を歩き真名川ダム左岸からシール歩行。高度感のあるダムに積もった雪の上を歩くのは気分のいいもんじゃない。
イメージ 1

 右岸に渡って林道を歩くが見上げれば垂壁の上に今にも落ちそうな雪のブロック。気温が低いからまず落ちて来る事はないだろうが不気味だ。
イメージ 2

 赤い橋を渡りしばらく行ってモッカ谷沿いの林道に入る。ところどころデブリがあったが問題なく進んで谷を一つ越えると取り付く予定の尾根だ。
イメージ 5

 この尾根は数年前にSHIGEKIさんと登った事がある。適当な斜度がずっと続き広くていい尾根だ。登りきったところにはすばらしいブナがあった。結局途中敗退に終わった山行だったが印象深い。もう一度訪れたいと思っていたところだ。今日の天気では山頂は難しそうだからとりあえずここを登りきる事を目標にしよう。
 取り付きやすい場所で林道から尾根に入る。しばらくおだやかな自然林が続いた後植林を越えると一旦林道に出る。そこから先はずっと自然林。広くて樹間の広い斜面はいかにも滑ったら楽しそうだ。一度滑って登り返そうかなんて言葉も飛び出す。がここは一挙に登ってしまおう。
イメージ 6

 新雪は30センチ前後、その下はしまった雪で歩きやすい。kyuさんが体力がないからラッセルはかわれないなんて言ってるがそれほど苦になるラッセルではないのでお任せあれ。
イメージ 7

 上部で再び林道を越えると地形が若干複雑になる。かなり急なところも出てくるが難なく登っていく。平坦な地形が出てくると稜線も近い。このあたりから樹林にブナが混じってくる。しばらく進むと巨木が何本か現れる。ブナの巨木もありしばらく見とれていた。
イメージ 8

 稜線までは急斜面が続く。稜線には強い風が吹いているようだ。それを見てkyuさんは意気消沈。ここまででいいと言う。僕も山頂まではきついだろうと思うがせめて稜線までは出ておきたい。先に少し下って休憩しているというkyuさんと別れて稜線に向かう。
イメージ 9

 kyuさんと別れてから10分もかからないうちに稜線に出た。ブナの樹林になっているがやはり風が強い。それも冷たい。それでも少しでも見晴らしのいい所へと進んだが見えるものは乳白色の空間だけだった。
イメージ 10

 寒さに震えながらシールを剥がし滑降準備。急斜面を一滑りしたがどうも見た目より雪が悪く重い。板が引っかかってターンしにくい。
イメージ 11

 平坦なところに出てトレース沿いに下るとkyuさんがいて大きな穴を掘っていた。どうやら休憩所を作っているようだ。流石に福井の女は強い!スコップを扱う腰の入れ方が違う。
 休憩を終えて滑り始める。休憩地より下は意外と雪が軽くターンもしやすい。これにはkyuさんも気分を良くしてテンションもあがり気味だ。
イメージ 12

 広い斜面に出るとますます雪質がよくなり滑りたい放題な感じになってきた。新雪の下がしまっているため不必要に板が沈みこむ事がなく気持ちよくターンが切れる。ポンポンとリズミカルにショートターンを決めると雪の上を弾んでいくような感じだ。kyuさんも「ワー!キャー!滑るー!浮くー!」とハイテンション。この尾根をお気に召したようだ。良かった。
 あまり楽しいので一度だけわずかに登り返して滑る。できるなら何度も登り返して滑りたいところだが明日もあるのでこの辺で切り上げるとしよう。今回はこの斜面の良さをkyuさんに知ってもらえただけで十分だ。
 天候は予報のようには荒れず比較的安定していて時折青空ものぞかせていた。縫ケ原はずっと頭を隠したままだったが真名川ダムにつく頃には平野部の方に青空が広がっており明日の好天を予感させた。
イメージ 3

イメージ 4


この記事に

  • 顔アイコン

    羨ましいー!。動画を見てるだけでこちらまで楽しくなってきます。こんな所なら滑りたーい。

    [ とし ]

    2012/2/22(水) 午後 7:05

    返信する
  • 顔アイコン

    としさん、こんばんは。
    楽しそうでしょ!実際楽しかったです。
    大野からのアプローチが簡単なのでみんなで行けたらいいですね。

    [ Tsutomu ]

    2012/2/22(水) 午後 7:27

    返信する
  • 顔アイコン

    以前から気にはなっていた、「モッカ平」
    いつかは訪れてみたい所です。

    ところで、相変わらず精力的に滑ってますね〜。

    [ masa ]

    2012/2/22(水) 午後 7:29

    返信する
  • 顔アイコン

    masaさん、こんばんは。
    モッカ平、気になるでしょう。僕もそうでした。
    で前回はモッカ平までは行ったのですが結構複雑な地形をしてました。
    今回はそれ以前でUターン。でも楽しかったのでいいや。

    [ Tsutomu ]

    2012/2/22(水) 午後 8:03

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事