ここから本文です

書庫スキーへ行きたい

記事検索
検索

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

2015年1月10日() 曇り後雪 富山県砺波 
イオックス・アローザスキー場〜奥医王山
GT ()くん Tsutomu 

8:30 センターハウス → 10:55 奥医王山 → 11:40〜12:35 夕霧峠 → 12:50 センターハウス

 毎年恒例の新年会が富山の氷見で行われる。その移動途中、医王山に立ち寄った。
 登り口に選んだのはイオックス・アローザスキー場。きれいな施設が立ち並びそこそこに広い。
イメージ 1

 8時半頃、ゴンドラに乗車。山頂駅から右に緩斜面を移動し夕霧峠下の斜面へ。夕霧峠までリフト施設はあるものの稼働しておらずここからシール登高。新雪が積もっており幅広板でも脛までのラッセル。
イメージ 2

 峠に出て遅れたGT ()くんを待つうち滑降準備して一滑り。ふかふかの新雪が気持ちいい。
イメージ 3

 登り返すうちにGT ()くんが先行。すでに奥医王山に向けてトレースを付けていた。
 峠からしばらく気持ちのいい樹氷の森を歩く。すぐに急斜面のトラバースに四苦八苦のGT ()くんに追い付いた。
イメージ 4

 再び先行してわずかに急斜面を登ると穏やかな稜線歩きとなる。振り返れば霧が晴れて雪化粧した医王山と白兀山が見えた。
イメージ 5

 進行方向にはガスがかかり進路が分かりづらい。地形図を見ながら注意深くルートを見極めて進んでいく。なかなか登り甲斐がある。積雪を含めてちょっと医王山をなめていたようだ。
イメージ 6

 奥医王山まではアップダウンがあり何度かシールのままで下降した。シール下降に慣れないGT ()くんはこけて雪まみれになっていた。
イメージ 7

 切り開かれて穏やかなピークに出た時は一瞬山頂かと思ったが地形図を見ればまだ先だった。
 わずかに急下降するとあとは細い尾根上ながら比較的穏やかな歩きが続く。少し広くなったところで斜面をわずかに登れば櫓の立つ山頂だった。
イメージ 8

 10時55分到着。ガスっていて見えるものは何もない。休憩にも向いているようには思えずGT ()くんが到着してすぐに下山開始。シールで往路を辿った。
イメージ 9

 途中、同じように奥医王山を目指す新年会メンバーの登山組とすれ違った。僕らの作ったトレースが役に立ったようだ。
イメージ 10

 最後の夕霧峠までの斜面はシールを外して下降。短いながらもツリーランができて意外と楽しかった。
イメージ 11

 夕霧峠で風を避けて休憩。そのうち登山組も下りてきて賑やかで楽しい一時を過ごした。休憩中に雪が強くなってきた。
イメージ 12

 休憩後は新雪斜面を気持ち良く滑降。後はゲレンデをおりていった。子供たちが元気良く滑っているのが印象的だった。
 夜は氷見の民宿、磯波風(イソップ)で大宴会。美味しい船盛と鰤しゃぶに舌鼓を打った。
イメージ 13

イメージ 14

この記事に

2015年1月4日(日) 雪 奥美濃 ウイングヒルズスキー場
岐阜テレマーク倶楽部の面々 + その他の希望者 総勢12名

イメージ 1

岐阜テレマーク倶楽部の練習会に参加してきた。
岐阜テレマーク倶楽部はがおろさんを中心にしたテレマーク好きの集まり。
全く初心者の僕が参加していいのかなあ、と思いながらも嬉しい。
今回はTAJ(日本テレマークスキー協会)の指導員であるテレかずさんが滑りを見てくれるとのことでますますもって嬉しい!
まずはみんなでフリー滑走!
イメージ 2
雪が降りしきる中、みんな思いっきり滑ってた。
それに付いていくのは初心者にはきついけど待っててくれる優しさに導かれた。
少し遅れてテレかずさん到着。
ちょっと参加人数が多くて戸惑い気味だったけど流石の指導!
イメージ 3
みんなとにかくテレかずさんから何か盗もうと真剣。
イメージ 4
後半になって個別に指摘していただく事が多くなり初心者にはありがたかった。
イメージ 5
今回はみなさんの上手な滑りを見るだけでも勉強になるなあという思いでの参加でしたがテレかずさんからポジションなどの指導を受けてとても実になった一日でした。
みなさんありがとうございました。

この記事に

2014年12月28日(日) 晴れ後曇り 奥美濃 ウイングヒルズ白鳥リゾート
そばつる GT(♂)くん Tsutomu

イメージ 1
ウイングヒルズ白鳥リゾートに出掛けた。
ここはシニア料金が50歳からなので助かる。
そばつる、GT(♂)くんはアルペン、僕は一応テレマークで。
しかし伊吹山の疲れが残っていてテレマーク姿勢がうまくとれず(元々うまくないけど)ヘロヘロ。
先週の講習会の時よりへたくそになっていた。

そばつるは今シーズン、スキーがうまくなりたいと張り切っている。
先日も一人で揖斐高原に行ってきたそうだ。
二人より少しは滑れる僕からいろいろアドバイス。
少しは力になれたかな。


イメージ 2
ゲレンデ上部からは野伏ケ岳、小白山、荒島岳などの美しい眺め。
イメージ 3
南には毘沙門岳。その向こうに美濃平家、滝波山。能郷白山、屏風山も見えた。
イメージ 4
がんばってうまくなろう!

この記事に

 2014年12月27日(土) 晴れ 伊吹山 単独 山スキー
イメージ 1

8:20 三ノ宮神社 → 8:45 一合目 → 9:35 三合目 → 11:15 伊吹山三角点 → 11:20〜12:00 覚明堂 → 12:303合目 → 13:20 三ノ宮神社

 大垣から見える伊吹山が白い。先週、先々週の大雪で結構な積雪があるようだ。これは見過ごせない。正月休暇の初日は伊吹に決めた。
 予報に反して朝から青空が広がる。もっと早く出発すべきだったかと少し後悔しながら上野の登山口に向かう。
 何時もの民間駐車場に車を停めて準備。ここのおばちゃんが気のいい方でいろいろ情報を教えてくれる。それによれば24日は3合目まで滑れたという事だ。今日はそれに加えて昨日の雪がある。楽しみだ。出発間際にみかんをくれた。
イメージ 2

 雪のない登山道を足下に気をつけながら登っていく。意外とぬかるんでない。
 一合目はいくらか積雪があるもののシール歩行するにはやや足りない。少し登ってからシール歩行に切り替えた。
イメージ 4

 二合目の急斜面はまだ草薮が覆っている。そこを無理矢理登っていったが素直に登山道を登った方が早かったようだ。
イメージ 3

 三合目付近では雪が十分積もっている。眼前にはすばらしい天候のもと白く輝く伊吹山。その斜面にはありの行列のように登山者が続く。
イメージ 5

 五合目リフト跡の脇を通って直接9合目ルンゼを目指す。こちらのルートにはトレースが少ない。
イメージ 6

 わずかにブッシュの出る斜面を登りきると大斜面に出る。余分なものはほぼ雪の下に隠されて滑らかな雪面が広がる。
イメージ 7

 ルンゼを目指して直登。が上部に行けば当然斜度はきつくなりルンゼ手前で斜登高に切り替え。更に上部では昨日積もった雪がズルようになりクトーを装着した。
イメージ 8

 8合目あたりはルンゼ巾が狭く、またブッシュも出ていてその上斜度もきつい。何時も難儀するところだが今日は新雪のせいか比較的容易に抜ける事ができた。キックターンに苦労する9合目下も楽に通り抜け山頂台地に辿り着く。
イメージ 9

 晴天下の山頂台地は青と白の世界が広がりすばらしい。振り返れば琵琶湖がのぞめ、南を見れば伊勢湾が輝く。
イメージ 10

イメージ 11

 三角点によってから覚明堂で休憩。風を避ければ外でも休憩できそうだったがなんとなく何時ものように覚明堂に入った。
イメージ 12

 休憩を終えて外に出ると奥美濃方面が晴れて愛すべき峰々が姿を現した。近くにいる登山者をつかまえて奥美濃の話をしたい衝動にかられるがじっと我慢して一人景色を楽しんだ。
イメージ 13

 さてそれでは下山しようとしていると駐車場で言葉を交わした若い女の子とエスコート役の男の子が登ってきた。女の子は雪山は初めてと言う事だったが頑張ったみたいだ。服装が心配だと言っていたので見ればウィンドブレーカー。それではちょっと寒い。
 水を忘れたらしくお湯が沸かせないと言うのでテルモスに残ったお湯を分けてあげた。とても嬉しそうに微笑んでくれた。それだけの事だが気持ちが華やいで気持ちよく下山を開始できた。
 9合目ルンゼから下を覗くと途絶えない登山者の列。なるべく干渉しないように右手側の斜面を滑降。重雪で滑りにくいのではないかと思っていたのだが思いの外いい感じの雪質になっていて思うようにターンが決まる。スキーがうまくなったのではないかと勘違いしてしまいそうだ。
イメージ 14

 8合目あたりになるとどうしても登山者と干渉してしまい思うように滑れない。で様子を見ながら右手側へトラバースしていき隣の斜面に移った。こちらには登山者はいない。ただ広々とした斜面が広がるのみ。そこにシュプールが二つあったがまだまだ無垢のまま残された部分が多い。そこに向かって滑り降りていく。ここも思うようにターンが決まり一気に滑り降りていった。
イメージ 15

 6合目小屋を過ぎたあたりからは雪が薄くなりブッシュも出てきてやや楽しさにかけるようになった。さらに3合目を過ぎて2合目あたりに出るとブッシュでスキーができる状態ではなくなった。いい加減なところでスキーを背負う。それでも広大な斜面で気持ちのいいスキーができた事で下る足取りは軽かった。
イメージ 16

 

この記事に

2014年12月23日(火) 晴れ きそふくしまスキー場
パドルクラブ主催テレマークスキーセミナー

名古屋のスキーショップ「パドルクラブ」主催のテレマークセミナーに参加してきた。
手違いでスタート時刻に遅れてしまったもののすぐに追いつく事ができた。

セミナーは三つのグループに分かれて行われた。
僕は初級者対象のグループ。
講師はTAJ、SAJ公認指導員の塩見哲大さん。
雰囲気作りが上手く、褒め上手な方で教わっていて気分が良かった。
イメージ 1
緩斜面を何本か滑り、ターン後半の形を覚えていく。
なかなか上手くポジショニングができなくて四苦八苦。

上部のゲレンデに移ってちょっと急斜面を滑る。
昼食の休憩後はターン前半の練習。
シュテムターン、ステップターンなど。
イメージ 2
最上部へ移動し、急斜面を利用して横滑りの練習。
これが上手くできれば板への荷重がうまくいっている証拠。
イメージ 3
その後、思い思いの滑りをしてそれを個人的に指導してもらう。
足巾をあと足半分だけ広げるといいといわれた。
イメージ 5
陽が傾いた頃、正面に御嶽山が全容を現した。
この他、木曽駒ヶ岳や乗鞍岳など展望がすばらしかった。
イメージ 4
最後はテレマーカー結集!
上級者はNTN(ニュー・テレマーク・ノルム)を試乗していた。
NTNとはテレマークの新しい基準とでも言おうか。

わいわい楽しくセミナーを終える事ができた。
がおろさん、ござえもんさんに教えてもらった事がより深まった感じだった。
それに加え数々の上級者や指導員の滑りを見られて勉強になった一日だった。

この記事に

全25ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事