全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

土日と毎年恒例のジャパンフェスティバルが今年も開催。
例年通り、JACL(日系アメリカ人会)の一員としとてブース運営。
年を追うごとに盛況。 無事終了出来ました。

で、その会場に、日本人唯一の NASCARレーサー 緒方明紀選手がレース車両を展示、スポンサーのENEOS社のブースで参加。


日差しが強く、サングラスをされていたので最初は分からず、ENEOS社の社員の方だとばかり思っていました。


レーサーが来てるよってんで、まさかと思って行ってみるとおおおおおおっ!

素顔をみると、本物!でした。


イメージ 3


オーバルレース観戦は好きで、時々地元のレース場にも行きます。

まあ、一見簡単そうで、そうは問屋が卸さないのがオーバルレース。

こっちでは、無茶苦茶メジャーでアメリカンフットボールにつぐ人気を誇ります。

エンターテイメント制抜群、ファンはレースチームではなく、選手本人を追いかけると聞きます。




自分がやっていた競輪と違って、スポンサー獲得の営業が大変と聞きますし、オーバルレースでは世界最高峰のレベルを誇るアメリカでは本当に大変だと思います。
イメージ 4


凄く話し方が丁寧な方で、気さくに接して頂きました。

詳しい事は、尾形選手のオフィシャルサイトを訪問して頂くとして、
自分がアメリカ人に日本の競輪を説明する時には、「NASACARのオーバールレースを例に出して説明します」というと、尾形選手は、日本でNASCARを説明するときに競輪を例にするそうです。


イメージ 2



家族を連れて渡米、レース活動。 本物の根性モンだと思います。


(あっ、右はヒューストン日系アメリカ人会、会長Gary氏。
彼も私と同じく、尾形選手を見つけて仕事の邪魔?していました。)

イメージ 1

http://www.akinoriogata.com/index_jpn.html  オフィシャルサイト




実は尾形選手は私が関西地方のテレビ番組「グッと地球便」に出たときの3ヶ月前の出演者でした。



http://www.ytv.co.jp/chikyubin/oa/article20120401.html おまけ、私の「グッと地球便」


まあ、私も子供の頃からの夢だったプロ自転車選手になれて幸せですが、プロのカーレーサーは凄すぎて夢にも出てこなかったです。


いや〜、いい日でした。

この記事に

開く コメント(2)

週末は、2泊3日でカブスカウトからボーイスカウトへ進んだばかりの長男とサバイバルキャンプへ行ってきました。携行品はズボンのポッケットに入る程度の小さな鉄缶に入れた自分で選んだサバイバルキット、ナイフ一本、細ひも、レスキューシート、シーツ一枚、水筒のみ。

水は供給しますが、食料は森にある自分で採ったもののみ。

そう、池の魚か、この季節だと自生しているカブ。
うまく穫れれば、野うさぎ。

スカウトメンバーの親戚自宅、80エーカーの敷地内で行いました。







イメージ 1


ど田舎で携帯電話はつながりにくく、集合場所も分かりにくいため到着が遅れ、金曜日夜中に、やっと全員が到着。
夜の9時半よりランニング、腕立て伏せ等々のトレーニングが30分。

そのまま、テントなし、レスキューシートとシーツで丸まって就寝。

寝たのを見計らって、花火を打ち上げ、まるで照明弾のような救難用の信号弾を打ち上げスカウト達にストレスをかけます。

次の朝は前夜準備した砂袋を常に携行。なにがあっても自分から三歩以内の場所に砂袋がないと、罰として全員腕立て伏せ。
これは、けがをした友人を運ぶ、友人の荷物を運ぶ。等を想定したドリル。

大人もスカウト達と同じように砂袋を常に携行。我々の砂袋は倍の重さ。






イメージ 2



朝から、食料調達の魚釣りとレスキュー小屋つくり。
大人は一切手伝わないので、シーツをつかったりして色々作っていましたが、結局風で倒れました。


イメージ 3


大人も同じように自足生活。自分は45cm程度のナマズを釣り、三枚におろして焚き火で調理。
自分のナタのようなナイフで三枚おろし、焼き方が珍しかったらしく、恥ずかしくなるぐらい褒められました。

腹減ってますから、たしかに美味しかったです。 


イメージ 4

スカウトの年長メンバーたちも、どうにかナマズを釣り、野生のかぶでスープで遅い昼食。といっても18人のスカウトにナマズ3匹。
カブが3個。

彼らはほとんどなにも食べていません。


さすがに病気をされると困るので、夜は食材を提供。
美味しい牛肉を出す訳にはいけないので、ふつうアメリカの子供は食べない(食べられない)牛タン、ホルモンを残さない程度に。

自分にしたら、ごちそうやん! ですが、スカウト達は一部の子を除いて少ししか食べてないようでした。

大人も牛タンなんて食べた事ないようなので自分が調理。 持参のサバイバルキットのコンソメで茹で上げただけですが、これまた大好評。  

長男も頑張っていますが、アジア人なんていないグループですから、自分も日本人の誇りを守るためしっかりと緊張感持ってやってます。 




イメージ 5

この日の午後から、長男達新参のスカウトは疲れあがって、ほとんど昼寝。5時間ぐらい寝てました。その後の夕食もほとんど食べずに就寝。


次の日の午前中は、日の出とともに起床。森の古木を伐採して薪つくりと掃除。 みんな、かなり苦しかったと思います。


その後、クロージングセレモニー。 ここでサバイバルキャンプ修了者のみに渡されるククリ(グルカ)ナイフの授与。

長男は脱水症状が出たらしく、セレモニー中に水を吐いてしゃがみこんだので、「助けに行くべきか?」と注意深く見守りましたが、自力で起立。 しっかりと記念のナイフを受け取りました。
(後で聞くと、ここで椅子等にすわるとナイフが貰えないと思って、一生懸命立ち上がったとの事) 


その後の昼食は大人達がハンバーガーを調理。 
あたりまえですが、36時間ほとんど食べていないので、もの凄く美味しかったそう。

キャンプ中、厳しかった親父連中が、スカウト達に一生懸命奉仕していたのが、微笑ましかったです。


イメージ 6


帰る前の記念写真。 このナイフ、名前刻印入りの刃渡り30cmの本物。
このキャンプに参加終了するたびに、参加日時を刻印。
キャンプでの携行が許可されます。

長男達は本当に嬉しかったらしく、帰りの車中でも抱いて寝ていました。


イメージ 7   
カブスカウト、ボーイスカウトのグループは沢山あり、自分の地域から好きなグループを選べます。 自分はカブスカウト時代の長男友人達と同じグループを選びました。 

このグループは厳しいので有名で、キャンプ中ちょっとでも規律を守らないと全員で腕立て伏せ。 砂袋をもって遠いところまで歩かされていました。

日本のスカウトキャンプじゃありえないでしょうか、参加した大人8名のうち半数が拳銃を携帯、ライフル銃を持って来ていました。
万が一、野生動物が襲って来たときのため。また、野うさぎ、イノシシを穫るためです。
キャンプ前に、全員の銃種、実包の数、種類を確認。 
ハンティングの準備をしていたのには「ああ、テキサスに住んでいるんだなぁ」を実感。 
さすがに総勢26名で参加していましたので、野生動物は見かけませんでした。

基本、男はナイフ、銃の類いが好き。 禁止するより正しい使い方を教えるのが正義.....。 

やっぱりアメリカは考え方が違うんだなぁ。 これまた実感。


(といっても、小学生ですから親の監視下でしかククリナイフは使わせません。) 


あっ、もう一つ。
スカウトキャンプは母親も参加可能ですが、このキャンプは母親(女性)参加見学禁止! 

無く子も出るこのキャンプ。母親が見ると卒倒するからです。 

 



 










この記事に

開く コメント(0)

先日、トラックのリアに補助エアサス入れました。

以前、前を3インチ、後ろを1.5 インチ上げて、ボディが水平より若干後ろ上がりになるように調整。
当時はそれで良かったのですが、最近は重いもの積んだり、トレーラーを引っ張る事もあり、運転しにくいな〜状態でした。
タンドラ等ハーフトンクラスのトラックは、見た目と違って最大積載量は大した事なく1トン前後。
大量の材木、ウッドチップなんかを積んだ日にゃ情けないもんです。



後は簡単にオリジナルの高さに戻すこと出来るけど、前をオリジナルに戻すとアライメント調整も必要になるんで、面倒+結構な出費。
おまけに、今のホイールが入らなくなる可能性あり。

かといって、リーフスプリングを一枚増やしたり、社外製強化スプリングになると、普段乗りの時の突き上げがかなり酷くなる。
後ろがもっと上がるんで、街中の立体駐車場に入ることも困難。


エアサス追加が良いのだが、かなりの出費になるんで我慢していました。

で、あるとき気づきました。

空気圧調整用の車内コンプレッサーや、圧力計、コントローラーいれるから高価。 毎日使う訳じゃないんで、車外コンプレッサーでいけるんやない?

調べると、全然問題無し! 



時間があるときに、ちょっとづつ組み込みました。


イメージ 2







空気を入れる米式バルブの位置も、う〜んと頭を捻らせて、いい位置を発見。



イメージ 3






コンプレッサーを使うまでもなく、自転車レース用ポンプで充分。
10回押せば15psiほど入ります。
5〜100psi が使用範囲。


イメージ 4





まず、自転車用のデジタル空気圧計でチェック。ポンプのメーターでも問題無し。

普段から(荷台のトラックキャップと)かなりの工具を積んでいます。 100kg以上積んでいるかも。  

15psi 入れたらこんな感じ。

近いうちに満載トレーラーで試してみます。

イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

例年、この時期になると投稿発信していますパインウッドダービー レースです。

ボーイスカウトのイベントで、松の木の長方形の角材、ホイール、アクセル(鉄釘)のキットを手渡され、大きさ、重量を規定内に納めてレースをします。


今年で参加4年目。 今年は出来るだけ息子たちに作らせました。 例年、レース入賞トロフィーや、ベストクラフトマン賞など、何かを貰っていましたが、今年は賞なしでもいいや、これも経験と思って、手伝いは必要最小限に。



レースの模様です。 ↓↓↓

http://youtu.be/cq6jnc-Gu60

イメージ 1


レースは4台同時に走らせて、レーンを変えながら4走。
その合計タイムで勝敗を競います。




下の青い車は、レギュレーションのクラスが違うので、反対向きで走らせています。(後ろ向きだと、全然スピードが出ません)


イメージ 2

もちろんみんな勝ちたいでしょうけど、バリバリの競技仕様を作る親子はいないですね。子供が好きなように面白しろおかしく作っています。 自分も興味あるんですが、競技仕様を作った事ないです。(なんだか、大人気ないんで.....)



イメージ 3




イメージ 4

今年は、入賞無理やろうと思っていたら、2位と3位に。
え、俺の例年の手伝いは、なんやったの????

イメージ 5

各レースはレーン、スタート台の精度無視の1万分の1秒まで測定。長男は4走の合計タイムが4位と1万分の7秒という僅差で3位でした。

イメージ 6



Aa

この記事に

開く コメント(2)

湖上BBQデビュー戦

競輪選手時からの習慣でしょうか、新しい事が始まるときは、いつもデビュー戦と言いたくなります。
もちろん、競輪学校卒業後のプロ最初のレースはデビュー戦ですが、
骨折治癒明けの復帰戦も、怪我明けデビュー戦。
失格ペナルティ欠場後の初戦も失格明けデビュー戦ってな具合です。



念願叶って、ついに購入したグリルを携えてBBQテストに行ってきました。



土曜日は、なかなかの好天気。息子の野球の練習、妻の仕事が終わるのを待って近所の湖に行きました。


イメージ 1


ちょっと波があったので、湖奥の穏やかなところへ。


自宅で着火テストはしましたが、風のある湖上では初めての着火。

一発で着いたし、ワンバーナーですが火力も充分。

(デビュー戦ってほどの、ことじゃないこと分かってますが、結構楽しみで、興奮と緊張。)




いい感じ。

イメージ 2



しかし、付属品を水中に落とさないよう注意が必要。  

トング、トレイ等、チェーンで本体と繋いだほうが良いかもしれない。




アボガドディップと、焼きたてソーセージ入りのサンドイッチを作りました。


イメージ 3



アツアツは、やっぱり旨い!





湖の周りは、自宅前にボート、ヨットを停められる高級住宅地。
家は、結構いいのが$800,000ぐらいから買えるので都内近郊、アメリカ東西海岸在住の方からみると、驚くほど高いものではありません。
ただし、ハリケーンで床上浸水の可能性があるので、保険は物凄く高い。被害のリスクを負ってでも、水際に住む根性、財力がある人たちのみが住める.....といった憧れの場所です。


奥に見える家は白い大型ボートの中が、オーナーのオフィス。
ボート内、ギャレー横には、30種類以上のボトルがならび、どこで手入れたか、日本のボトルキープタグが全ボトルにぶら下がっています。日本酒もあり!
普段は、小さい方のボートで釣りにいってます。

湖に面したプールはあるし、ハンティング道具一式を積み込んだ特注トレーラーは、いつでも出動可能状態。アウトドア好きには、夢のような家。


イメージ 4







三男の、年末に床屋でめちゃくちゃ短く切られた前髪もだいぶ伸びてきました。


イメージ 5






この家は、ボートが2台とジェットスキーが一台停まっています。

イメージ 6



隣の湖には、立派な、まるで美術館のような家もあるので、今度写真を撮ってきます。湖畔の家を見てまわるだけでも楽しいです。





日が暮れる前にマリーナに戻り、そのまま公園へ。
この湖は、エンジン付き船舶侵入禁止。
カヌーや、スカルボートが楽しめます。




ロサンゼルス マッスルビーチの子供版?トレーニング遊具も充実。



イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9

15分ほど、トレーニングさせて、その後は普通の遊具で真っ暗になるまで遊ばせました。



もの凄く綺麗な夕焼けで今日の締め。

と、思いきや、自宅に友人家族(三人息子)が遊びに来てカレンダーが明日になるまで大騒ぎ。

イメージ 10


日本からも、遊びに来て頂きたい!

この記事に

開く コメント(4)

全51ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事