コピペ投資術で26日目〜サトー株日記

コピペ投資術は、株価が最低2倍、3倍に跳ね上がる銘柄で、 上手に資産活用するトレード手法

コピペ投資術について

コピペ投資術は、株価が最低2倍、3倍に跳ね上がる銘柄で、
上手に資産活用するトレード手法。

機関投資家や大口トレーダーが手を出せない、
儲けがわかっているのに参入できない、
200%、300%値上がり必至の割安株が
手にとるようにわかってしまう方法なのだそう。

買ったあとは、1日3分程度、それを眺めているだけというのは
本当なのだが、問題は実際に儲かるのか?
安心して運用できるのかということで、
実際にはうまくいくのだろうか?と半信半疑です。

とりあえず10万円で実験してみたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

コピペ投資術の特徴

この教材は、マニュアルや動画を駆使して、今まで「日経平均すらよくわからない」という人にでもわかるように作成されているが万が一、内容が難しすぎてよくわからないとか、実践してみたけど全然結果が出なかったという場合は、商品代金を全額返金している。

株に関しては、というか投資自体も初心者という人もすぐに理解することができ、早い人は1か月くらいで実践に移っていく。本屋さんなどで仕入れた知識で始めてしまって失敗を経験したという方々やFXで大きな損失を出してどうにかしたいという人もこの投資ノウハウでどんどん挽回出来る。

信用取引に頼る必要がないのでリスクが非常に限定されている。2〜3倍に値上がりする銘柄が高い精度でわかる。投資初心者でもできるノウハウでありながらベテランの人も目からうろこの手法だ。

2万円という低資金から可能で購入後は一日3分程度の株価チェックでよい。「適正ではない価格の株を狙う」というバフェットが推奨している手法だ。FXやデイトレのように一喜一憂する投資ではないので精神的に追い込まれることがなく機関投資家がいないマーケットなので簡単に稼げる。

財務分析の視点は確実なものであり、株価上昇のポテンシャルを秘めた銘柄を選別する理論は、なるほど!と思わず感心出来る。少ない資本から始めても手堅いパフォーマンスが見込める。

この手法でキチンと銘柄を見極めて株式投資を行うと、社会の経済活動にも敏感になるのではないだろうか。これからのインフレ基調の時期に、この投資法で資産の防衛と増加を図るには、お薦めの手法だ。

素人でも、低資金でもできる、とても合理的な投資法で過去数年の損益計算書や貸借対照表、キャッシュフロー計算書という財務諸表から企業のストーリーを読んで、投資すべきかを検討する点は、非常に納得感のあるものだ。

機関投資家のファンダメンタル分析を低位株に応用する手法はまさに脱帽。とんでもない危険な株を買ってしまうリスクを回避できるだけの知識を得られるようになる。

マニュアルを読んでみたら、図も入ってるし赤マルもついていて理解できた。これまで読んだ本の中で一番わかりやすく今は銘柄選びが楽しくなってきた。

やることは無料ツールのスクリーニング機能を使用し機械的に投資先候補を抽出→抽出した候補から四季報を確認して不適合銘柄をさらに排除→その中で残った銘柄の決算書を確認する。全て体系化されているので試行錯誤することがない。


>> コピペ投資術のデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事