PF-MAXの評価レビュー ヒガシFX検証記

PF-MAXは、トレンド相場やレンジ相場など、 あらゆる相場で長きに渡り、結果をだし続けているFX手法

PF-MAXについて

PF-MAXは、トレンド相場やレンジ相場など、
あらゆる相場で長きに渡り、結果をだし続けているFX手法です。

5通貨の同時トレードで、リスクが少なく、
6年間において、月単位では負けていないのだそう。

しかし、FXをやっているならわかると思うが、
そんなにうまくいく手法があるなら誰も苦労しない。
しかし、とりあえず、やってみなければ、良い手法かどうかなどわからない。

マイクロ口座で10万円スタート。
わかったことや感じたこと、検証結果などをレビューしていきたいと思います。
まずは、ここから







この記事に

PF-MAXの特徴

裁量トレードではなくMT4上に表示されてゆく売り買いのシグナルに従ってトレードを行っていく。エントリーのタイミングは、すべてシグナルが基本だ。

基本的には一時的ではなく、どんな相場でも通用するメジャーなテクニカルをベースに、最大限の利益を出すことを目的とし、さらにレンジ対策に関する特殊なシステムを何度も改良を重ね完成した、高性能のオリジナル・インディケーターだ。

PF-MAXが完成するまでには、何度も試行錯誤や開発がされてきたが完成後は6年間、一切システムの変更は不要だ。それは結果のデータが証明している。これほどまでに、様々な相場が繰り広げられてきたのに、何事もなかったかのように常に安定したシグナルを出し続けている。

世間に多く出回っている、やたらとバージョンアップが多いシステムや自動売買とは全く異なりPF-MAXを手にした時からどんな相場にも対応する、FXシステムの「定番」のツールを味方につけたことになるだろう。

①MT4の操作が迷わずに簡単に行えるようになる②PF-MAXで身に付けたノウハウは、他のトレードにも応用が利く。③トレーダーとしての引き出しが増え、それはそのままトレーダーとしての財産だ。④何よりも、非常事態や、いざという時の対応ができるようになる。⑤これらのノウハウは大切な資産を守ることに直結する。...これらが可能になる。

PF-MAXは特定の時間足と期間しか通用しないような最適化の類は行っていない。どんな時間足でも、どんな相場でも対応できるシステムだ。スウィングトレードが可能な人はぜひ挑戦してみるとよい。

1分足を推奨する理由は取引チャンスが圧倒的に多いことと、損切りも全時間足の中でも最小で取引の時間が短いからと言って利益が毎回1pipsとか3pipsというような小さいものとは限らないので一回のトレードで100pipsを超えることも多々あり、これがPF-MAXの特長でもある。

空いた時間でのトレードが可能で一回のトレードは数分〜長くて3時間以内が一般的だ。 5分足以上だと、かなりの確率で一回のトレードで3時間を超えるものとなってしまう。短い時間足で効率よく、短時間にトレードを完結させていき、小さな利益をコツコツためていくことが大事であり、とても有効だ。これがスキャルピングのメリットでもある。

PF-MAXは、FXシステムの理想型である「損小利大」型で最初から最後まで、「損小利大」にこだわったトレードだ。あらゆる相場をしっかりと耐え抜き、結果を出し続けてきた、数少ない本物のシステムなのだ。

売り買いのシグナルに対して、アラーム音とメール通知機能がついている。これらの機能を使えるようにインディケーターがプログラムされている。もちろん、アラーム音やメール通知のオン、オフも自由に切り替え可能だ。マニュアル内に設定方法の詳細もある。


>> PF-MAXのデメリットもチェック







この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事