全体表示

[ リスト ]

「今日の智慧の一言 7月12日」

「陽気」(万物が今まさに生まれ出で、活動しようとする気)をもって、自分の心を支配できる人物

 
    出典  「無能 唱元著 小さなサトリ ミニ・エンライトメントが人生を変える」
  
http://blogs.yahoo.co.jp/tzhosono/56499435.html
 
 

第3巻 人生を楽しもう
高僧の心も動揺する  から

「心が安定している」人物とは、「つねに感情が動揺しない」人物と言う事ではなく、心が動揺しても、すぐに「感情がゼロの状態に戻れる」人物であると言えるのではないでしょうか。
それどころか、この高僧のような人物は、よく笑い、よく泣く、すなわち、感受性の豊かな人物であるような気がするのです。
ただし、感受性が豊かであっても、マイナスの自分の感情に振り回さない、自分の心のコントロールができる人だと思うのです。
これは言葉を変えて言えば、かれは「陽気」をもって、自分の心を支配できる人物である、と言えると思います。
 
 
忠さんの一言
 
前半の言葉からは、酒井大阿闍梨の柔和なお顔を思い出しました。そしてその言葉も
***
酒井 雄哉大阿闍梨の言葉 −49  八風吹不動(はっぷうふけども どうぜず) 
利衰毀誉 称譏苦楽 八風という
これが人の心を惑わす八つの悪い風(障害)だといいます
はっぷうふけども 
        どうぜず

八風吹不動

確固不動の心があれば 一切恐れる必要は ありません
入りきたる人には 安らぎを
去りゆく人には 幸せを
***
 
そして後半の「陽気」を試みに大辞泉で見てみますと
 
[名・形動] 気候。時候。「春らしい―になる」 万物生成の根本となる二気の一。万物が今まさに生まれ出て、活動しようとする気。陽の気。⇔陰気。 気分。雰囲気などがはればれしていること。にぎやかで明 るいこと。また、そのさま。
と出ていました。
 
この万物が今まさに生まれ出で、活動しようとする気を持って、自らの心を支配するということは、途轍もなく大きな天地の力をお借りして人生を切り開いて行くということなのだろうか?
 
確かにそう出来れば、陰気と真逆な陽気の世界、マイナスと言う言葉の欠片すら感じない世界に居られるに相違ない。
そして周囲にも、その余慶を与えて下さる事でしょう。
 



 
※インターネットは姿が見えないだけに、トンジンチが発生しやすい。
情報モラルマナーを学びながら、人としてのマナーや躾や精神鍛錬ができて、トンジンチが減少するようにできたらいいですね。※
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

午前6時58分の内緒さん。こんにちは。

ポチありがとうございました。

天の気を頂いて、明るく楽しく生きたいものです。

2011/7/12(火) 午後 1:41 t*h**o*o 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事