JJJ(ジャカルタジャパンジガーズ)のブログ

ジャカルタ在住の釣りバカの釣りバカによる釣りバカのためのブログ(釣行後の不定期更新)
さーて、今週のJJJ水曜スペシャルはDシャチョーが書き上げてくれましたよ〜

川口浩YM隊長探検シリーズ、マナド沖に伝説の古代怪魚シー○カンスは存在した~!?」をお送りしまっせ~

 
探検と言ったらやっぱこれでしょー!!

イメージ 1

イメージ 2



今回の探検隊メンバーはローカル社員を使い情報収集に余念が無いYM隊長以下、家族旅行がキャンセルになったアナ部長、嫁さんからあっさり許可が出たイーグル、持ってる男やまち―、Dの5人。
マナドまではジャカルタから直行便で3時間と、秘境にしては何とも楽ちんな移動!! 飛行機も個別モニター付きで「やるな!Batik Air!」と思ったのも束の間、エアコン効き過ぎて探検服着用済み(船に乗る恰好ってことね)の我々は凍死寸前(汗)ブランケット積んどけよな〜

イメージ 3



そうこうしているうちにマナド到着! ホテルまでの道のりはジャカルタと違ってゴミがなくホントきれい。この地域はキリスト教徒が多く、ホテルまでの道中でも目にするのは教会ばかり。(I♡Jesusとか書いてある教会もあり、軽いノリでさすがネシア)ホテルにてタックル準備し港へ直行! 船の手配してくれたやまち―、YM隊長あざっす!つーか、船デカっ!1階にはテーブル、2階にはソファーまで完備‼ 我々調査隊には贅沢すぎる船ですが、大人の癒しにはこの位で丁度良いんです。ってなわけでポイントに向けて出発!! 早速、乾杯!!

イメージ 4

イメージ 5



 
どこがポイント何だか見当も付きませんが、キャプテンはまっしぐら!途中でイルカの大歓迎に会い、JJJ先人達の「イルカの下にはマグロが居る!」の言葉を信じ、行先はキャプテンに任せ、我々はビール片手にイルカウォッチング。野生のイルカのムーンサルトに大興奮な我々。

イメージ 6




と、船が減速したので前方に目をやると、そこにはローカル漁船団!どうやら小さなパヤオがあるらしい。船団に割って入る我々の船。ここがポイント?水深は500メートル!?何だか雲行きが怪しいぞ…。どうやら今日の作戦は「漁師のポイント横取り」らしく、キャプテンにポイント連れてけと言っても「釣りした事無いからダイビングポイントしか知らない…」何だと―!!と怒っても、この船なら仕方ないか。という事でパヤオ撃ちに作戦変更した我々だったが、活性の低いシイラのチェイスを確認できただけ。その後、やまち―がペンペンを掛けるもオートリリース、YM隊長がイソン子(ちっさいイソンボ)×1を水揚げ。これで良いのか?JJJ、じゃなかったYM探検隊!!

イメージ 7



ということで、キャプテンに「今日回ったパヤオで一番近いところへ行け!」と伝えても、お決まりの様にガソリンが無いだとか、遠いだとか言い始める始末。何とか最初のパヤオに戻って投げまくりシャクリ倒すも、ドラマは全く起こらず…遠征隊初日釣行は平穏無事なまま終了…こんなもんですよ、遠征なんて…
と、やさぐれても仕方ないのだが今日は全く手ごたえを感じられなかった我々。果たして、この辺りでは何が釣れているんだろーか?と運転手に頼んで市場へ行くことに。やっぱ、市場を見れば魚種が絞れるってもんです!
すると…居るじゃないですか〜我々のターゲットになりそうな魚たちが〜‼ ちっさいのしか残ってないらしいがカツオたくさん!GTも切り身になって売ってましたけど、頭付いてたら結構デカそう。

イメージ 8



どこで仕入れたか店主に聞いてみると、何でも半島の反対側のビトゥン港で上がったとの事。ツナも居るだって!?
これで明日のポイントは決まりましたな。明日こそ爆釣だ〜ふっふっふっ。



と、ここで終わっちまいそうな雰囲気ですが今回は泊りなので、まだまだ続きまっせ―!! 晩飯を食いに調査しておいたレストランへ向かう事に。その名もツナハウス!我々にはぴったり!!味もメチャクチャうまくて値段も格安!!マナド料理に全員で舌鼓 サンバルマナドは刺激的だけどツナにぴったりでした。

イメージ 9

イメージ 10
 


ホテルまでの帰り道、ジャカルタとはあまりにも雰囲気が違うのでちょっと散策。と思ったけど疲れたのでタクシー乗ろうとしたら都合よくこんなんが止まったんで乗車。

イメージ 11

イメージ 12


 
この後は、ムフフ…なんて事は全く起きず、明日に備えてホテルで速攻で寝ました。そして翌朝…と、言いたいところですが、早くブログUPせいと叱られそうなんで勝手に2部作にしちゃいます(笑

さて、次週のJJJ的水曜スペシャルは「続・YM隊長探検隊シリーズ、マナドビトゥン沖に伝説の古代怪魚シーラ○ンスは実在した!?」をお送りしまっせ〜



こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)


コモドGTリベンジツアー
さーて今回の釣行記は。。。
どうも猫Gです。
初めてブログ書くので気合入りすぎて超大作になっちゃいました。
コモドのポテンシャルをお楽しみ下さ〜い。

今回で人生3回目となるコモドGTフィッシング。初回は35kgをGETし、コモドの魅力にハマってしまったが、今年3月に行ったJJJコモド合宿では、全体的に厳しい状況の中、船中40kgオーバーが3本も上がるという素晴らしい状況だったにも関わらず、私だけなんとGTノーフィッシュと撃沈。自分の釣りの下手さを痛感させられた。しかしコモドの実力も俺の実力もこんなもんじゃない。と、今回は前回のリベンジを掛けて再度コモドのモンスターGTに挑んだ。
イメージ 1

いつもはライオンエアーでジャカルタからバリ経由でコモド入りしていたが、今年10月よりガルーダインドネシア航空が、ジャカルタ−ラブハンバジョの直行便の就航をしたため、今回は直行便をチョイス。ジャカルタからトランジットなしで2時間半でコモドへ行けるという楽チンさ。
イメージ 2

イメージ 8



今回の参加者は前回47kgのGTを釣り上げた釣友S氏と、急遽日本から参加表明をしてくれたM氏とO氏と私・猫Gの4名。ラブハンバジョの空港にはガイドの丸山さんが出迎えてくれ、ホテルまで送迎してくれた。その日の夜は丸山さんを誘ってコモドで一番美味しいというイタリアンレストランでコモドGTの近況を聞きながら夕食。この店のカルパッチョとピザが美味かった〜!
イメージ 3

イメージ 7

さて実釣初日、昨日の丸山さんの情報によると、今年の10月11月と大型が釣れているとのことで全員期待値MAXでコモド島に向け出発。
イメージ 4

イメージ 9


コモド周辺のには大小沢山の島々があるが、木々が少なく岩肌が露出しているため壮絶な景観。
イメージ 5


まずはコモド島手前の小島周辺からスタート。朝イチから好調にバイトがあり、活性は結構高い感じ。でもなかなかルアーに食いつかずミスバイトばかり。で4回目のバイトでなんと前回丸ボーズだった猫Gにファーストヒット。10kg未満の小ぶりなGTだが一年ぶりのGTにご満悦。
イメージ 6



続いてGT初挑戦、土建屋の大将M氏が人生初GTをキャッチ。これは12kg位。ヒットルアーは別注平政220。プラルアー強し!
イメージ 10

イメージ 11



次は自称GTマスターS氏。さすが誘い出し、キャスティングも上手く、朝イチから何回ものバイトを出していたが、なかなかフッキングできず。でやっとGTキャッチ出来た。コモドではアベーレージサイズ20kg。
イメージ 12

イメージ 13


またまたS氏がGTゲット。これは10kg未満の小型。写真をとってすぐリリース。
イメージ 14


イメージ 15



続いて未だ一人だけGTがキャッチ出来ていない電気屋O氏に念願のヒット。GTかと思いきや残念ながらカスミアジ。美味しそうなカスミで丸山さんがヨダレを垂らしていたが、今回も保護区を守るレンジャーがちゃんと同船していてしっかりリリース。
イメージ 16



朝の2時間で連続のヒットが続き、コモド島周辺の小島は幸先がいいスタート。
さていよいよ大物が潜むコモド島へ。朝の感じでは今日のコモド島はとんでもない爆釣が起こるのでは、期待大。
しかし、いざコモド島を攻め始めると、朝の高活性がどこへやら。コモド島で釣りを始めてからバイトが全くなくなってしまった。
イメージ 17


そのままバイトもなくお昼をむかえてしまった。お昼はケータリングと、なんとガイドの丸山さんが冷やしソーメンを作ってきてくれた。船上でのソーメンはかなり美味しい。
で、昼休みは火照った体を冷やすため、シュノーケリング。さすがコモド島、綺麗な魚がいっぱい。
イメージ 18

イメージ 19



午後もコモド島の各ポイントを攻めていくが、バイトも各ポイントで1発出ればいい方で、食いも悪くミスバイトばかり。その少ないバイトの中で、今回唯一GTをキャッチしていなかったO氏に人生初GTヒット。写真だと小さく見えるがこれでも16kg位。O氏は身長180cm、体重120kgと巨体なので。
イメージ 20

イメージ 21



その後は結局コモド島は芳しくなく、16時ごろから港に戻る途中のコモド島周辺の潮が効いてベイトボールがある小島周辺を攻めて回ったところ、またバイトが頻繁に。しかし相変わらず今日のGTはノリが悪くなかなかフッキングにまで持ち込めない。そんな中GTマスターS氏が本日3匹めの小型GTをキャッチ。
イメージ 22



その直後私猫Gもナブラ撃ちで本日やっとの2匹目のこれまた小型GTをキャッチ。どうやらこのサイズが多いからノリが悪いのかも。
イメージ 23


続けてまたまたS氏がナブラ撃ちで本日4匹めのまたまた手持ちができる小型のGTをキャッチ。でも本人的には型も数も竿頭なので結構ご満悦。
イメージ 24


結局夕マズメのチャンスタイムもそれ程釣れず。結果船中GTは船中8匹。
期待のコモド島だったが、BIGなGTは現れずイマイチな初日になってしまった。明日に期待。
イメージ 25


二日目の夜も丸山さんを交えて晩飯を食べながら今日の反省会。この日はインドネシア料理の綺麗なお店でなかなか美味しい。雰囲気は店内の照明とか綺麗ですごくいい店だった。
イメージ 26

イメージ 27


さて実釣二日目。そういえばこの船、去年の10月に船外機を新品に変えたばかりとのことで遠出も安心。しかも250馬力2機掛けで機動力も抜群。
イメージ 28



今日もコモド島に直接向かうと思いきや、昨日夕方ベイトボールが多く、バイトもあった途中の小島周辺をランガンで流していく戦法に。開始後数投でS氏に早速2回のバイト。続いてすぐにO氏にもバイト。しかし今日も全くフッキングしない。そんな中今日もファーストヒットは私、猫Gに。小ぶりながらも二日続けてのファーストヒットにご満悦。
イメージ 29


続いてまた猫Gにヒット。今度はまあまあのサイズのバラフエ。激流の中でのヒットだったのでかなりの引きごたえ。今回初のポッパー、シーフロッグ120でのヒット。これも唐揚げにすると上手いんだよな〜。でもちゃんとリリース。
イメージ 30


またまた私にヒット。しかしまたGTではなく、今度はカスミアジ。でも今日も出だしは好調。
イメージ 31



バイトは頻繁に出しながらも全く釣れないS氏もようやくヒット。二日目1本目はバラフエ。
イメージ 32


続いてS氏にも人生2匹目のGTをキャッチ。なんとガンマ120の10周年アニバーサリーモデルで。まだ俺も持っていないのに・・・使う勇気に脱帽。
イメージ 33

イメージ 34

次にやっと待望の本日初GTをゲットしたS氏。まあまあのサイズの16kg。
続いて私にヒット。しかしかなり小ぶりなGT。しかしこんなサイズでも初速でドラグを少しは出していくからコモドGTのパワーは凄いね。
イメージ 35


M氏にも小型がヒット。本日最小。これもガンマ120アニバーサリーで。
イメージ 36



またまたM氏にヒット。本日3匹目と絶好調。これも15〜16kg位。またまたガンマ120アニバーサリーで。結構富士山カラーは釣れる!
イメージ 37



ここまで午前中はポツポツと連れ続いた。しかし午後になって全く渋い状況に。バイトもなく夕方まで沈黙タイム。この岩、ハチの巣みたいで面白い形をしていた。
イメージ 38



で、午後は沈黙のまま帰りの途中、ベイトボールを探しながら再度ランガン。
昨日と同様バイトは多数あるが本当に今回はノリが悪い。そんな中で見事最後にGTをゲットしたのは、GTマスターS氏。夕方になって自分で塗ったピンクバックのGT−ガンマ140ディアブロで。夕方はピンクバックが強かったな〜。
イメージ 39


結局二日目最後までO氏には釣れなかったが、今回初GTチャレンジで初GTをゲットしたので良かった。来年またBIG・GTにチャレンジ!しかしO氏はこう見るとデカイ。
イメージ 40



最後の夜も丸山さんと晩飯。初日に行ったイタ飯屋。今日はなんと丸山さんが新鮮なアオリイカが市場で入手できたとのことで、アオリイカのお刺身を差し入れてくれました。肉厚で甘くて美味かった〜。それから丸山さん特性の美味しい焼酎も毎回差し入れてくれました。丸山さんに感謝感激。イメージ 42

イメージ 41


実釣二日のコモド島GTフィッシング。残念ながらBIGな奴には会えなかったけど、やはりコモドは魅力的な釣り場だね〜。また近いうちに来るぞ〜!
イメージ 44
イメージ 43



さーて来週のJJJさんは
「遠征4本立て最終回、短い連休だけど未開の地で開拓釣行!」です。お楽しみに〜。
アナ部長ブログUPお願いしゃーす。


こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(2)

こんにちは、JJJブログ愛読者の皆様

さぁて今週のJJJさんは・・・
「やったぜ!バリで爆釣、1日違うだけでこんなに違うのか?バリのポテンシャルを最大限に満喫!!」の巻きです。by代筆つちだ

といいながらノリピーナからLINEでレポートをもらっただけなので絵日記です。。。



12月10日、11日はいつもの渋い釣果でしたが、最終日の12日はバリの女神様がご褒美をくれました。今日だけで5人で20本獲れました。
最大実測は40キロで次は34キロ、20キロは4〜5本。
朝イチから、バトゥアパがイイ感じにギュイ〜ンと潮が効いていて、9:00〜11:30まで、長い時合いでした。
他船はアメンボジュクン×2 漁師ジュクン×2でした。
普段はあまり釣れないイメージのバリですが、本当に今日はLUCKYでした。
と言う訳で11日だけの日帰りチームを横目に12日は大爆釣だったようです。

イメージ 1
どーーーーーん!

イメージ 2
隊長、いい笑顔!

イメージ 3
よいしょ!


イメージ 4
どないや、バリ特有の黒GT!


イメージ 5


というわけで大満足の最終日にはサヌールで大々的に打ち上げをして帰ったようです。
たった1日違うだけでこんな結果に・・・
さすがノリピーナ隊長!!
来年も世界中の海で暴れまわってください。



さーて来週のJJJさんは
「待ってろコモド、天国サイズは俺の物だぜ!あそこのサイズは猫並みだけど!」をお送りします。お楽しみに!


こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。




この記事に

開く コメント(0)

ブログ復活後、釣行記がUP出来てなくてすみません。

ラトゥーもシーズンオフですし、なかなか皆さんお忙しいようで・・・
ところがどっこいJJJは連休を使ってどこへでも行ってしまいます。

先ずは「3連休だけど1日しか都合がつかないもん、遠征なんか行けないさ、ふーんだっ!!」と燻ってるメンバーでラトゥー出撃を目論んでましたがリングアナる氏の
「ってか水潮のラトゥーに行くくらいならライオンの始発&最終便を押さえてバリ行っちゃおうよ!!」
の一言でバリ釣行決定!!

この悪魔の誘いに呼応したのが
新持ってる男「ムラさん」
ブラック社長「ラ王」
そして私「デスクつちだ」でございます。
更にリングアナるを含めた4人での釣行であります。

なんと「ラ王」さんは今回のバリ釣行がJJJデビュー戦にしてなんとバリに1泊3日の強行スケジュールで博多から飛来したのであります。
実のところ「ラ王」さんは某有名ラーメン店の社長で博多とジャカルタを行き来するブラック社長。
どうブラックなのかはここでは書ききれませんのであしからず。。。


と言う訳で以下釣行記でございます。。。


7:30にバリ着だったのでスランガンには8:30過ぎに到着。
出船の9:00までタックルの準備をして船を待つ。

バリ初釣行のムラさん、ラ王さんはすでに期待で胸とあそこが膨らみっぱなし。。。
そうこうしているうちに来ました来ました、リングアナるさんがY氏に依頼して手配した今回初利用のスタンレー号(写真なし)
前デッキ2人、キャビン後方で2人なんとかかんとかキャストできる程度。
イナミ2よりはちょっと広いかな程度。そんでもって2ストの250馬力を2丁掛けてるんでスピードは出る出る、でも燃料も食う食う、ってなボート。

さあ出発、でキャプテンとリングアナるさんのミーティング。
キャプテン曰く「朝一のバトゥアパから攻めてスパトゥ、ボロンに戻って攻めるともう一回アパまでは行けない、ガソリン食うから・・・しかも今日の午後は潮が止まる、チャンスは午前中」
リングアナる「なんだとぅ!!じゃあ朝一からアパに行ってるであろうノリピーナ組が叩きまくってるはずだからアパにチャンスはないじゃんか!じゃあ手前からだ」
ってなやり取りがあって結果手前から攻めて最後にバトゥアパまで行くパターとなりました。

最初のバトゥボロンではなんとそこそこ潮が効いてる感じ。
でも波頭が高くてそこらでミスジャークしてしまう。
「えーい、だったら沈めちゃうもんね!」ってことでゼウスを投入するもカスリもしない。
うーむ、やっぱりバリは簡単じゃねーぜ!
と思っていたところ胴の間で投げてたリングアナる氏のリールからドラグ音が炸裂!!
イメージ 1
んっ、でもあんまし曲がってねーぞ。



イメージ 2
で、あがってきたのがこやつ。。。



イメージ 3
推定10kg、小さいので実測しませんでした。




リングアナる氏「魚いるで!!」


この後は沈黙の時間が流れ続けました。

初挑戦のお二人は前方デッキに貼り付けの刑でひたすらキャスト、キャスト。

途中ブラック社長ラ王氏が熱中症寸前でダウン。
水をかぶりポカリを飲んで小休止。

ムラさんもソルティガエアポータブルで投げ続けるもカスリもしない。

私もゼウス、ガンマ、ブルーフィッシュ、パンドラ、別注平政、ハンマーヘッド等々試すも一向に当たり無し。

途中バトゥスパトゥでノリピーナ組のイナミとすれ違うもそちらもBOUZとの事。
とりあえずバリまで来たんでバトゥアパまで足を延ばしてみたけど全く潮が効いてない。
こんなアパ初めて見た。

一通り叩いてみたけど見向きもしない感じなので沖に出てジギングを試すもさすがに500gで100m越えのジギングは体にこたえます。やはり異常なし、早々にジギングも終了。

結構いい時間になってきたので戻りながらレンボンガンの水道をランガン。
ここも潮が効いてなく湖状態。ここでタイムアップ、チーン。


というわけで1日だけで簡単に釣れるほど甘くねーぜ!異常なし!!
バリからのレポートでした。


さーて来週のJJJさんは・・・
ノリピーナ組の「やったぜ!バリで爆釣、1日違うだけでこんなに違うのか?バリのポテンシャルを最大限に満喫!!」の巻きです。お楽しみに。


こんなクラブにご興味のある方、お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。

この記事に

開く コメント(0)

ブログ復活!!

ご無沙汰してます。
デスクつちだです。

大人の事情によりこの2か月間ブログを閉鎖しておりました。
ご愛読者の皆様にはご迷惑、ご心配をお掛けしまして申し訳ありませんでした。

本日ここにJJJ公式ブログ復活を宣言いたします!!
過去記事も従来通りご購読いただけます。

今後ともご愛読のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

爆釣祈願!!


お問合せはメールで
「umanami_jjjのyahoo.co.jp」
(仮名の”の”を”@”に置き換えてください。)
までお気軽にどうぞ。


イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事