オノコロ こころ定めて

http://twitter.com/umayado17 国恥の尖閣9・24を忘れぬ為 パンダにしておきます。臥薪嘗胆!
陛下のお言葉は、
今後も皇位が常に「途切れることなく、安定的に続いてゆく」ことが
根本にあります。
我々は何をすべきなのでしょうか?

イメージ 1
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160808-00000065-nnn-soci

●陛下のお言葉

「日本国憲法下で象徴と位置づけられた天皇の望ましい在り方を、日々模索しつつ過ごして来ました。」(天皇陛下)

■「象徴とは」と、陛下のお心を悩ませるようなことではありません。

天皇陛下にこのようなことをつきつけ続ける現行憲法典の運用は、まったくもって誤っています。「伝統に適合するように憲法典を運用する」のがごく当然のことです。これを「憲法典に適合するように伝統を運用する」と転倒していますから、陛下のみならず無数の矛盾が生じております。

自衛隊を筆頭とする危機管理と国防の破壊も、あるいは、生活保護や年金を筆頭とする家族福祉の破壊も、あるいは、アベノミクスと称する自由経済の破壊も、傷めつけられた皇室制度の放置や公家制度廃止の放置も、すべて、同根の矛盾です。明治維新の際に生じた「近代化幻想」の副作用・後遺症と考えます。社会主義幻想のなせる技といってもいいかもしれません。

そもそも、「憲法典に天皇をあわせる」というのは、「創作70年のものに2700年のものをあわせろ」というお話で、本末転倒です。

実際に、現行憲法典の文言にこだわる、つまり、「憲法典にあわせた」ところで、何の保証もありません。もし結果として日本国が滅んだところで誰も責任とりません。逆に2700年の伝統は2700年存続してきたという保証があります。2700年続いてきたものはその伝統を踏襲することにより、今後2700年続く可能性が高いという保証が。

憲法典とは、国家の永続のために存在させたものです。しかし、国家の永続の要として存在してきた天皇の制度を憲法典にあわせるとはどういう事なのか。天皇の制度は現行憲法典よりはるかに古くから存在しています。現行憲法典は、ごく最近に作り上げた、いや、敗戦により国家主権を喪失した時に、占領軍が1週間で英文で作成し急遽翻訳したので文体がおかしい、そういう代物です。そういうのの文言にこだわって伝統を改変するのは、国家の永続を損ないますから、本末転倒というより他にありません。


そもそも「象徴」とは、英国王室のありかたから引用された言葉です。「君臨すれども統治せず」を指している言葉です。つまり、英国王室程度にずうずうしくする、ことが含意された言葉なのです。陛下が萎縮されるような文言ではありません。宮内庁官僚は文言の運用を180度誤り、転倒し、逆に使って、陛下を恫喝するのに悪用しています。

天皇陛下も皇族方も、日々宮内庁に追い立てられ、脅迫されて戦後ずっとお暮らしになってきたのです。本当に申し訳ないことです。


また、「象徴」というのは、同時に、「神(GOD)ではない」ということを意味しています。英国女王は、イギリス国教会の教主ではありますが、GODではありません。同じ意味において、天皇陛下は神道の大祭主であられます。しかしながら、昭和天皇が昭和21年のいわゆる人間宣言において、神格を否定されたように、GODではあられません。
GODでなくても祭祀王であるということです。「象徴」であることと、祭祀王であることは、矛盾しません。神武天皇以降は「人皇」の時代、「ひとのよ」の時代なのです。神武天皇以降は「ひとのよ」であることは、古事記・日本書紀の基本認識です。

英王室がイギリス国教会を主宰しても憲法上問題がないように、皇室の祭祀は憲法違反ではない、つまり、政教分離の枠外であると言えます。

●陛下のお言葉

「天皇が健康を損なった場合、社会が停滞することが懸念されます。更に、終焉に当たっては、重い殯(もがり)の行事が連日ほぼ二ヶ月にわたって続き、その後喪儀に関連する行事が、一年間続きます。こうした事態を避けることは出来ないものか。」 (天皇陛下、要約)

■陛下の御位はそうするに値する尊いものです。

天皇陛下は、「象徴」という文言に呪縛させられ、天皇という御位に自信を失っておられます。「国民に寄り添って」というお言葉にこめられているのは、国民への大きな愛情だけではありません。「国民と平等でない」という罪悪感が埋め込まれています。だからこそ、なおさら我々国民は、「お心だけでありがたいので、悠然・泰然とお過ごしください」と申し上げねばなりません。

天皇、皇族という身分は、現行憲法典においてすら章立てを別にされている身分です。戸籍も別ですし、権利義務も異なります。天皇陛下や皇族方には皇位を継承するという崇高な義務がかせられております。我々はそれを奉戴する、ありがたくいただき忠義を尽くすという義務を負っています。

天皇陛下と皇族方のおかげで、方々が崇高な義務を追われているがゆえに、我々国民は泰平と安定をいただいています。国家の中枢が不安定であれば、国民の生活が不安定になるのは自明です。皇位が安定しているからこそ、我々は長年の信頼関係やおもいやりやまごころで毎日を暮らすことができるのです。その結果として、我が国の繁栄があります。

陛下が重篤になられ崩御される際の自粛は、泰平と安定をいただくものの自然の道理です。いつも無事に暮らせ稼がせていただいていますから、せめて諒闇の時は自粛させてください、というのが国民の理りなのです。

国民に迷惑をかけないように、という陛下のご配慮はありがたくお気持ちだけいただきます。ですので、国民に遠慮などなさらず、国民統合の象徴として、神武建国を彷彿とさせる大喪と即位を淡々となさってください。その泰然自若のありさまをみて、我々国民もまたグローバル化と高齢化の進む我が国に誇りをもち、日々暮らしてゆけますから。


●陛下のお言葉

「これからも皇室がどのような時にも国民と共にあり、相たずさえてこの国の未来を築いていけるよう、そして象徴天皇の務めが常に途切れることなく、安定的に続いていくことをひとえに念じ」(天皇陛下)

■陛下のお言葉は、今後も皇位が常に「途切れることなく、安定的に続いてゆく」ことが根本にあります。その上での、天皇陛下が高齢になられた時のお話です。

ここには、天皇廃止をも含む「退位」というものはなく、次の代に継承する「譲位」の発想しかありません。

マスコミと宮内庁から発せられる「生前退位」という言葉は、マスコミと宮内庁によるクーデターです。天皇制を破壊し、日本を共産主義国家にする勢力によるものです。

「譲位、退位については、明治憲法のときも伊藤博文ら明治の元勲らにより論じられ、「ない方がよろしい」と決まった。日本国の安定した未来のための選択であった。国民にも政府にも冷静な判断が求められる。退位は時に政治的な意味合いを持つ。それをきちんと認識し、政治的な利用は排除されなくてはいけない。」(櫻井よしこ)

皇位継承の安定化に対してなせることは、極めてシンプルです。女性天皇でも、女性宮家でも、女系天皇でもなく、そして、恐れ多いことですが、生前譲位ですらありません。

1. 占領中に臣籍降下された旧皇族男系男子の皇籍復帰 
2. 皇室会議を天皇親臨の皇族会議に戻す 
3. 不敬罪4ヶ条の復活
4. 祭祀は政教分離外
5. 宮内庁長官/次長/書陵部長を「公家」の専管に

2について述べれば、現在、皇室典範は「国民が簒奪」した状態にあります。その中枢が皇室会議です。皇族は皇室会議にただ「オブザーバー」のように座っているだけで、発言権もありません。そして政府・宮内庁は、皇族の平民化、皇室の破壊を、嬉々として押し付け、命令している、そんな会議です。皇室会議からは皇室典範の改正に関わる議論が禁止され、国会に丸投げされている状態になっています。

2005年にその皇室会議に変わって開かれた「有識者会議」では、まさに、国民の代表と称する東大総長経験者が、女性天皇、女性宮家、女系天皇を嬉々として押し付け、命令しておりました。

まず、皇室典範を皇室にお返しし、皇室会議を皇族会議にお戻ししなければなりません。皇室典範は国家の最高法であると同時に、皇室の家法でもあるからです。

■特別立法すら不可

なお、一部民族派は、共産党による工作だとも見破れず、皇太子殿下や同妃殿下への中傷工作に駆りだされ、もし天皇陛下が生前譲位なさったとしても、譲位先こそ問題だ、とわめいています。

  例えば、 皇太子さまへの御忠言 2008/8 西尾 幹二  (著)
        ”退位”よりも”即位”が問題なのでは? 時事随想ブログ

皇位継承順位は、長年の「法」によりすでに決まっていることで、一般国民が口出すことではありません。もし、皇位継承が国民の口出し、つまり、「民主主義」で決まるなら、王朝的世襲という民主主義と原理を異にするしくみを国家に内在させる意味がなくなります。

また、今回のお言葉を受けて、安倍政権では、特別立法にて生前譲位を可能とすることを検討していると漏れ伝わっております。しかしながら、女性天皇などを推進した有識者会議のリーダーであった園部逸夫・元最高裁判事すら、こう述べていることを知るべきです。


「あらかじめ制度化するより特別立法とする方が、恣意(しい)的な退位や強制退位の弊害が比較的小さい」(園部逸夫・元最高裁判事)

弊害が比較的小さい」というのは、弊害は無視できないということです。特別立法としたところで、恣意的な退位や強制退位の弊害は防げないということを意味しています。なぜなら、退位させたくなったら、あるいは、即位させたくなかったら特別立法すればよい、ということなのだからです。自明ではないですか。

天皇の御位は、現行憲法典および皇室典範で定まっている以上、それを特別法で覆すのが「憲法違反」でないなら、何が憲法違反なのでしょうか。

■結語

我が国の近代化の後遺症とも言えるこのような事態が収束するのが早いか、我が国が滅びるのが早いか。我が国は存亡の危機に立っております。陛下がおいたわしく、また、臣民としてまことに申し訳ないと感じております。

平岡 憲人

この記事に

開く コメント(5)

国籍の有無で、権利やサービスに差を設けることは、
「人種差別」には当たらない。
人種差別撤廃条約に明確に定義されているのだが、
国内では、もはや官庁までが、シロアリにやられてしまっている。
 
イメージ
 
エドマンド・バーク保守主義さんの記事から一部引用せていただいて、
簡潔にこの点を明らかにしておきたい。
 

 
 人種差別撤廃条約(1969年 条約が発効。1996年 日本で条約が発効)の第一条(人種差別の定義)に定義がある。
 
 この人種差別撤廃条約の第一条「人種差別の定義」には極めて重要な内容が多数含まれている。日本国の社会主義者・共産主義者が唱える「人種差別」の概念が如何に歪曲された概念であるかが解る。
 

―――あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約(通称:人種差別撤廃条約)―――

 第1条 (人種差別の定義)

1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。

2 この条約は、締約国が市民(=国籍を保有する者)と市民でない者(=国籍を保有しない者)との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。

3 この条約のいかなる規定も、国籍、市民権又は帰化に関する締約国の法規に何ら影響を及ぼすものと解してはならない。ただし、これらに関する法規は、いかなる特定の民族に対しても差別を設けていないことを条件とする

4 人権及び基本的自由の平等な享有又は行使を確保するため、保護を必要としている特定の人種若しくは種族の集団又は個人の適切な進歩を確保することのみを目的として、必要に応じてとられる特別措置は、人種差別とみなさない。ただし、この特別措置は、その結果として、異なる人種の集団に対して別個の権利を維持することとなってはならず、また、その目的が達成された後は継続してはならない。
―――――(条約第1条 人種差別の定義ここまで)―――――
 
人種差別の定義
 ―――第1条 (人種差別の定義)第1項―――
 1 この条約において、「人種差別」とは、人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づくあらゆる区別、排除、制限又は優先であって、政治的、経済的、社会的、文化的その他のあらゆる公的生活の分野における平等の立場での人権及び基本的自由を認識し、享有し又は行使することを妨げ又は害する目的又は効果を有するものをいう。

―――バーク保守主義さんの解説―――
 条文中の「平等の立場での」は「平等の」とはされていないこと及び、それが「人権および基本的自由」にかかる修飾語であることから、平等主義の平等」ではなく、“法の下の平等”の意味である。
 また、「人権」という用語を使用するのは、この条約が、国連決議による国際条約であるから、各国の政治体制はそれぞれ異なるものであるという前提に立つため、国民の権利、人民の権利、臣民等の権利」などでは表現できないため「人権(=人間の権利)」と表現せざるを得ないからである。
 決して日本国内の社会主義者・共産主義者及びポストモダン思想家らが使用する脱(超)国家的な「コスモポリタン」、「世界市民」、「地球市民」、「地球放浪者(ディアスポラ)」などの国籍なき「人間の権利」を意味しているのではなく、「国籍を保有する国民の権利」=「市民権」を指している。
 
国民と国民以外のもの区別
―――第1条 (人種差別の定義)第2項―――
 2 この条約は、締約国が市民(=国籍を保有する者※1)と市民でない者(=国籍を保有しない者)との間に設ける区別、排除、制限又は優先については、適用しない。
 
 ―――バーク保守主義さんの解説―――
 この人種差別撤廃条約の締約国は、市民(=国籍を保有する者)と市民でない者(=国籍を持たない者)の間に設ける、区別、排除、制限又は優先については、適用除外である、と明確な表現で宣言しているのである。
 つまり、締約国が、市民(=国籍を保有する者)と市民でない者(=国籍を保有しないもの)との間に設ける、区別・排除・制限・優先は人種差別とは言わないということである。
 
 ―――備考―――
 「市民」=「国民」ということについて2つ例をあげておこう。
 
 ひとつは、ヨーロッパのものである。1957年のローマ条約の下記の条文である。ローマ条約は、EUの元になったECC(ヨーロッパ経済共同体)の基本条約である。
Article 20 (1) of the Treaty on the Functioning of the European Union
Citizenship of the Union is hereby established. Every person holding the nationality of a Member State shall be a citizen of the Union. Citizenship of the Union shall be additional to and not replace national citizenship.(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』から抜粋)
ローマ条約第20条第1項
 「連合の市民権はこの条約により定められる。加盟国の国籍を有するすべての者が連合の市民である。連合の市民権は加盟国における市民権を補完するものであり、とって替わるものではない
 次に、アメリカでは、「citizenship」で米国籍を意味し、「citizen」は米国籍を保有する米国民を意味する。これは、米国が「Nation」ではなく「United States」であって国籍を「nationality」と表現できないからである。
 
 なお、国家なき、国籍なき「市民」の概念とは、社会主義国・共産主義国の世界共産化理論上の「世界市民」や世界および日本国に存在する社会主義者・共産主義者・ポストモダン系のアナーキストらが唱える「地球市民・世界市民・コスモポリタン・地球放浪者(ディアスポラ)」くらいのものであり異端の思想である。
 
 世界の常識は、「市民」=「国籍を有する者」=「国民」ということであり、「国籍を有すること」が、「市民」の必要条件である。
 

 
当たり前のことなのである。
 
もし、国籍の有無での区別が「人種差別」であるとして指弾されるべきなら
  • パスポートは廃止されなければならない。
  • 空港での入国審査は廃止されなければならない。
  • そもそも、●●人という呼称が差別となる。
  • そもそも、国家が廃止されなければならない。
こういう非常識を述べているのではない。
家にたとえて言えば
  • すべての人に家の鍵を渡すべきである   (ビザ免除・外国人参政権)
  • 苗字は廃止するべきである   (夫婦別姓)
  • 誰にでも食事をだすべきである    (生活保護)
  • 誰にでも仕送りをするべきである   (子供手当)
    (でも、こんなことを嬉々としてやってる国があるな・・・)
もしそうなら、どの国も調印しない。
そのため、はっきりと、第2項で、
 
  その国の国民かどうかで、区別、排除、制限又は優先しても、
  それは、「人種差別ではない
 
と宣言しているのだ。
 
すると、国籍を得れば、待遇がわかるということだから、
今度は第3項で、わざわざ、
 
  帰化の条件がいくら厳しくても、人種差別ではない
 
と言っているのだ。ただし、帰化に当たって特定の民族を排除したりしてはいけない、特定の民族だけに厳しい条件をつけたりしてはいけないとも述べている。この但し書きは、第2項にはないことにも注目すべきである。
 
 
ようは、その国の国民が複数の民族や種族で成り立っているような国の時に、
例えば、中国やインドなど、こういう国で、
民族・種族が違うからといって、行政が恣意的に法律を適用しない
ということはダメだ、ということである。
 
 
 
Q4 「国籍」による区別は、この条約の対象となるのですか。

A4 この条約上、「人種差別」とは、「人種、皮膚の色、世系又は民族的若しくは種族的出身に基づく」差別と定義されていることより、「国籍」による区別は対象としていないと解されます。この点については、第1条2において、締約国が市民としての法的地位に基づいて行う区別等については、本条約の適用外であるとの趣旨の規定が置かれたことにより、締約国が行う「国籍」の有無という法的地位に基づく異なる取扱いはこの条約の対象とはならないことが明確にされています。

ただし、「国籍」の有無による異なる取扱いが認められるかは、例えば、参政権が公権力の行使又は国家の意思の形成に参画する行為という合理的な根拠を持っているように、このような取扱いに合理的な根拠のある場合に限られ、例えば、賃貸住宅における入居差別のように、むしろ人種、民族的、種族的出身等に基づく差別とみなすべきものは、この条約の対象となると考えられます。
 
前段で、すでに、「市民としての法的地位に基づいて行う区別」と、
概念が変わってしまっており
そのことを駄目押しして「取り扱いに合理的な根拠のある場合に限られ」と、
概念を曲解
そして、「賃貸住宅における入居差別のように」と日常にまで、
曲解を拡大している。
 
これひとつとっても、日本国の社会主義者・共産主義者が唱える「人種差別」の概念が如何に歪曲された概念であるかが解る。そして、すでに、それは行政にまで浸透しているのである。
 
この延長線上に、「子ども手当て」の「内外無差別」であるとか、「高校無償化」の「内外無差別」などが表れてくるのである。
 
 
しかし、国籍の有無で、
権利やサービスに差を設けることは、
「人種差別」には当たらない。
人種差別撤廃条約に明確に定義されている。



 
ランキング参加しています。傑作よりも下のリンクプチプチっと。 
  

転載元転載元: オノコロ こころ定めて

この記事に

開く コメント(9)

8月15日は、「終戦の日」と呼ばれている。

しかし、国際法上の「終戦の日」とは、
わが国が、連合国諸国とサンフランシスコ平和条約を締結し、
それが発効した、

  昭和27年(1952年)4月28日

である。

8月15日は、「休戦の日」であるにすぎない。

わが国は、この日、銃をおいたが、
相手方は、この日以降も、様々な戦闘行為を継続し、
それが昭和27年(1952年)4月28日に終わったのである。

様々な戦闘行為には、いわゆる「占領政策」も含まれている。


このことは、今日はふれない。

今日は、日本国民に対し、
天皇陛下より、玉音放送を賜った日である。


玉音放送では、

堪ヘ難キヲ堪ヘ 忍ヒ難キヲ忍ヒ 
以テ萬世ノ為ニ 大平ヲ開カムト欲ス


が有名である。

当時の戦況、前線そして、銃後として国内で控えていたあまたの国民にとって、
この言葉はまさに共感の言葉であった。

しかし、その後裔である我々は、
次の締めくくりの言葉にこそ、耳を傾けるべきであろう。




宣シク               (よろしく)
擧國一家子孫相傳ヘ     (きょこく いっか しそん あいつたえ)
確ク神州ノ不滅ヲ信シ     
(かたく しんしゅうの ふめつを しんじ)
任重クシテ道遠キヲ念ヒ     (にん おもくして みち とおきを おもい)
總力ヲ将来ノ建設ニ傾ケ    (そうりょくを しょうらいの けんせつに かたむけ)
道義ヲ篤クシ          (どうぎを あつくし)
志操ヲ鞏クシ          
(しそうを かたくし)
誓テ國體ノ精華ヲ発揚シ   
(ちかって こくたいの せいかを はつようし)
世界ノ進運ニ           (せかいの しんうんに) 
後レサラムコトヲ期スヘシ    (おくれざらんことを きすべし)

爾臣民               (なんじ しんみん)
其レ克ク朕カ意ヲ體セヨ   (それ よく ちんが いを たいせよ)


【口語訳】

心に硬く保持して
国を挙げて 一家の子孫にまで 代々語り伝え、
明るく助け合って カミヨより続いている誇るべき
わが国の不滅を確信し、
わが国を復興するのみならず 世界の世直しをなすという
責任は重くかつ 道のりは遠いことを覚悟し、
総力をこの後の建設に傾け、
人として正しい道を 常に忘れずなしてゆき
この国そして国民ひとりひとりが担う役目に
誇りを持ってその心を保ち、
誓って わが国のあるべきマコトの真髄を発揚し、
世界の進み運ぶ動きを 率いてゆくと 決意しなければならない。
あなたがた国民は、
これら 私の意をよく理解して行動し体現せよ。

戦争には敗れた、

しかし

世界に人の道を示し、
世界中に信じあえる世の中を実現してゆく
という志を捨ててはならない。
カミヨより続いている誇るべきこの国を衰えさせてはならない。
マコトを極めよ。
このことを、子々孫々まで語り継ぎ、
みなが、それを体現せよ。

この国の世情を思うとき、
わたしは、この言葉を、
涙なしで読むことはできない。


申し訳ない。


必ず「意ヲ體」します。


「休戦」の日 に詠める

くにやぶれ まことわするる 
とみたみに トきこえとどく 
あめのことのり


国破れ マコト忘るる
臣・民に トき声届く
アメの詔


※トき声 ・・・ マコトの言葉、その時に声が、鋭い声が、掛詞



イメージ




------------------------------------------------------------
ランキング参加しています。傑作よりも下のリンクをポチっとお願い。
------------------------------------------------------------

転載元転載元: オノコロ こころ定めて

この記事に

開く コメント(2)

[Yahoo! JAPAN]ログインアラート を名乗る詐欺メールが来た。
ダマされないように手口と対策を公開しておきたい。
これに乗せられると、YahooのログインIDとパスワードが盗まれ、
やられ放題になる。




Yahoo! JAPAN Login Alert <loginalert-master@login.yahoo.co.jp>
という、おそらく正規のアドレスより、
次のような警告メールが送られてきました。

<追記> Yahooのカスタマーセンターによると
正規のアドレスは
  loginalert-master@mail.yahoo.co.jp
だそうだ。


いつもYahoo! JAPANをご利用くださいまして、誠にありがとうございます。

普段お客様がご利用になられていない環境で米国IP(198.13.102.209)によったYahoo! 
 JAPANへのログインがありました。

今度行為に対処してお客さんは自分のログイン情報を確かめるのが有益です。

■「ログイン履歴」と「登録情報」に心当たりがない情報がないかご確認ください。

 https:// hl.login.yahoo.co.jp/

■注意事項
 ・このメールはお客様のYahoo! JAPAN IDに関する情報が含まれていますのでお取り扱いには十分ご注意ください。
 ・メールに記載されたURLからページに遷移後、Yahoo! JAPANのページであることを念のためご確認のうえ、情報を入力してください。
 ・ほかのメールアドレスへの転送やサイトへの記載内容の投稿は絶対に行わないでください。Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.


自分のアカウントがアメリカで勝手にログインされたようなので、
チェックしろ、という一見善意のメールですねぇ。

ただ、よく見てみると

普段お客様がご利用になられていない環境で米国IP(198.13.102.209)によったYahoo! 
 JAPANへのログインがありました。

今度行為に対処してお客さんは自分のログイン情報を確かめるのが有益です。

の日本語があやしい(笑)
お前は、Google翻訳か!、とツッコミを入れたくなるような
微妙な日本語。


さらに、ログインのURLにスペースが紛れておりまして

https:// hl.login.yahoo.co.jp/」 (https://の後に半角スペース)

これでは、URLのクリックができません。


私はいつもメールの表示のデフォルトはテキスト表示で、
HTML表示は使いません。
あやしさに気づきにくくなるから。

念の為にこのメールをHTML表示してみますと

イメージ 1

と表示され、URLの部分はスペースが入ってはいるものの、
クリックできる状態になっております。


念のため(笑)、ソースを表示してこの部分をみますと、
本当にリンクする先は、

イメージ 2

の青色の部分です。
Yahooとは何の関係もないアドレスですね。


で、念のため(笑)、そこへジャンプすると、
良い子は真似しないで下さいね〜
すると、なんということでしょう〜

イメージ 3

という、さも本物らしいサイトになっております。
おい、おい、いま話題のファミマかよ、ってツッコミはおいといて。
よくよく見ると、
などと文字化けしてるわけです(笑)


で、念のため(笑)、ログインしてみると・・・
良い子は真似しないで下さいね!

イメージ 4

伏せ字のところは 「kue」 になってます(爆


すると、なんということでしょう〜

イメージ 5


画面は、正規のログイン履歴画面になるではありませんか!
鈍い人であれば、この画面をみて、

  よかった♡ アメリカからのログインないお!

とかとかとか思うんでしょうか・・・。



もちろん、さっきのログイン画面は偽物で、
バカ正直に、IDとパスワードを入れていたら、
これで、さくっと、正規IDと正規パスワードを取られちゃった
ということになるわけでして、
今頃相手は大爆笑、ということになるわけです。

元のメールがウソ
アメリカからログインされた、というのもウソ
ログインへの誘導先URLがウソ
ログイン画面もウソ

そして、この

ログイン履歴のみが本物

というフィッシング詐欺です。

Yahoo Japanのセキュリティの甘さで、
ログイン履歴をみる時に、正規の認証が必要なくても見れる、
というセキュリティ・ホールをついてるんだと思います。


<追記>
メールのヘッダーを見たところ、
イメージ 6
発信源は
  IP: [202.238.84.153]
で、so-netの
  dw237728@wj8.so-net.ne.jp
のアカウントを使って発信しているものと考えられる。
また

Received-SPF: pass (ms-omx03.so-net.ne.jp: domain of dw237728@wj8.so-net.ne.jp designates 202.238.84.153 as permitted sender) receiver=ms-omx03.so-net.ne.jp; client-ip=202.238.84.153; envelope-from=dw237728@wj8.so-net.ne.jp;

この部分は、送信に使われた dw237728@wj8.so-net.ne.jp が存在していて認証に成功したということを意味している。だから、送信者は、dw237728@wj8.so-net.ne.jp のパスワードを知っている者ということになる。
次に

Authentication-Results: mta546.mail.kks.yahoo.co.jp  from=login.yahoo.co.jp; domainkeys=neutral (no sig); dkim=neutral (no sig); header.i=@login.yahoo.co.jp

の部分は、送信者が偽装した、メールの送信元のアドレスである loginalert-master@login.yahoo.co.jp を認証した部分だが、yahoo.co.jp の認証システムがザルで、「login.yahoo.co.jp」というドメインは不正だとはせず、「neutral 送信元の認証ができたかどうか明らかにしていない」を返した記録である。

つまり、so-net はちゃんと仕事をしたが、yahoo はメール偽装に対して誠実な仕事をしていない、という証拠である。

●対策

対策ですが、

1.メールはHTML表示しない
2.メールの中のURLはよくよくチェックする
3.パスワードの使い回しはしない
4.渡る世間は鬼ばかり、と達観する
5.Yahooと縁を切れるひとは切りましょうね(笑)

をおすすめします。

ネット詐欺が流行っております。
くれぐれもご注意を。


<追記>


「海外、特に米国を中心として大きな被害を生んでいるフィッシング詐欺に関する事例情報、技術情報の収集及び提供を中心に行うことで、日本国内におけるフィッシング詐欺被害の抑制を目的として活動しております。」

イメージ 7

さっそく、通報しておいた。

この記事に

開く コメント(19)

開く トラックバック(1)

これまで調べたWindows 8情報のリンク集


で、8押しを確定した。
そこで、これまで調べた有益な情報を公開させていただくことにした。

上記記事の参考リンクである。






より詳しい情報系

●Windows XP → Windows 7/8/8.1移行のための解説記事ガイド (2/2)
   今回省略した部分も詳しく書いてあります
     ユーザー・データの移行、
     アプリケーションの移行、
     Internet Explorer環境の移行、
     ユーザー・アカウントごとの設定やシステム環境の移行
     移行前の準備
     移行後のWindows 8/8.1の管理・運用テクニック

●Windows 8 UIチューニング術 (2/2)
   今回省略した部分も詳しく書いてあります
     ファイルの関連付けを変更する
     Internet Explorerが常にデスクトップで開くようにする
     拡張子や隠しファイルを表示させる
     パスワードの入力をスキップする
     Windows 8のロック画面を表示しないようにする

●Windows XP/Office 2003サポート終了完全ガイド−−2014年問題を乗り越えろ
   あーでもない、こーでもない、とうだうだ書いてあります


より端的な情報系

Windows8をXP風にして、XPユーザーでも違和感ないようにする方法2
   端的によくまとまっています。

7と違いすぎる! 「Windows8」を元の使い勝手に戻すフリーソフト3本
   VLC media playerはダイジョブなんでしょうか・・・
   
Windows8を強制的にクラシックスタイルに戻して若干軽くする方法
   書いてあることは、一つ目のリンクとほぼ同じ

●Windows 7以前の使い勝手を取り戻すソフト特集 
   ClassiShell以外のソフトが紹介されています

●Ribbon Disabler for Windows 8
   いわゆる「リボン」が嫌いな人にはこういうのもあります(私は使ってません)

Windows 8にDVD再生機能を追加する
   Windows 8 Media Center Packを追加する作業の詳細


関連でこういうことも気になるよね

●第17回 素早い起動を可能にする「高速スタートアップ」
   なぜ8が爆速で起動するのか技術的な解説

Windows 8 のマイドキュメントの保管場所をC ドライブからD ドライブ等に移動する方法
   案外こういう方法が、XPとかと大きく変更されてます

Windows 8 で不要なサービスを停止してセキュリティ向上、軽量化
   8をさらに高速化したいときのご参考に


Windows 8から 8.1 にあげるような場合

●Windows 8 から Windows 8.1 にアップデートする
   やむをえず8から8.1に順を追ってアップデートする方法

Let's note CF-S9にWindows8をInstall
   ノートパソコンの場合の8のインストール方法

HP Pavilion TouchSmart Sleekbook 15-b102AU (D5F42PA)
   タッチスクリーン対応のノートパソコンの掘り出し物





この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事