自転車に乗って全てを忘れてしまえ!

紅葉のシーズン 高いとこからのダウンヒルは寒いぞ〜

全体表示

[ リスト ]

クロモリの自転車 NAKAGAWA

 
最近 クロモリの自転車の記事を良く見かけます。
メーカーのカーボン車両に飽きがきたのでしょうか?
雑誌も乗り手も。
 
 
ということで、クロモリの自転車のネタを。
 
1990年3月に入手したフレームです。 発注から6カ月以上。
 
当時、アルミフレームが完成時期に、カーボンも出始めた時期ですが
クロモリ全盛の時代、数あるビルダーが試行錯誤して、色々な工夫をしてました。
今のメーカーカーボンに比べ遥かに自由度があり、細かな細工もありました。
 
私のは 大阪の NAKAGAWA
イメージ 1
 
この前のフレームは、レースで落車に巻き込まれ、6か月で潰れました。同じビルダーのピンク。
ブルーは、こちらで色指定でオーダ ブルーにしたのはピンクを落車で潰したので縁起担ぎ。
 
 
色々と細工が有ります。
 
シートステーとの接続部 完全なオリジナルイメージ 2
 
ブレーキの台座
イメージ 8
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シートステー曲がってます。 事故ではありません。
イメージ 9
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェンステーも曲がってます。 正確には曲げてます。
イメージ 10
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
チェンステーもシートステーも パイプ内側を平らに加工しています。 
剛性を上げる為でしょうか。
ちなみにリア、センタ 400mm程度。
 
トップチューブの下に 怪しげな物が付いてます。
イメージ 11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こんな風に使います。 昔ここにゼッケン付けてました。
 3方を紐でくくって。紐は不細工だからネジ止めできるようにと。 
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼッケン付けるだけれあれば、 こんな形状にする必要はないです。
トップチューブの下に インフレータが取り付けれるようになってます。
ダブルボトル対策ですね。
 
 
ヘッドの裏側  ラグを削り、 N の文字に見えるようにしています。 遊びがあります。
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
当然フォークの肩の部分にもデザインが
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
見えない裏側も手を抜かず。   これまた N の形状に 肉抜き加工 3色もペイント入れて。
イメージ 5
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
車体番号の 刻印もあります。 684番   
1983年に工房開いてから7年 生産は年間100本程度ですかね。当時
 
チェンステーとシートステーに怪しげな突起物   チェンフックですね。 2箇所は普通無いです。
イメージ 7
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘッドには WINNER`S CHOICE の文字か。。。。   勝ったことございません。当然か〜
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
かなり手間がかかったフレームと思います。クロモリだからできること。
 
量産、イヤーモデルのカーボン車両に飽きがくれば、クロモリに目が行くのも、
長く自転車乗っていれば、やっぱり自分の1台を探す自転車乗りがでてくるのも当然かなと。
 
でも、クロモリフレーム ビルダーは高年齢で、いつまで作成できるか?
主力メンバーは20年前とほぼ同じ
新しいもの入手するには、時間との戦いかも。( 煽っているようですね。 )
 
 
 
ちなみに、このフレーム当時の完全なレース用です。
 
最近つくずく感じます、これ速く走らせることできません。
ツーリング程度ならいいのですが、確実に今乗っているカーボン車両の方がスピード出ますし
楽に登れます。(当社比)
 
これ、速く走らせるには、それなりのぺダリングスキルと、筋力が要ります。
逆に速く走らせることができれば、 完全な変態になれると思います。
 
 
 

この記事に

閉じる コメント(16)

メチャ、煽られました。(笑)
こんなに所有欲を満たされるバイクはそうそうないですよね。

2013/1/14(月) 午後 5:20 モンキー <<コメントに返信する

顔アイコン

NAKAGAWAのピンクレーム。。懐かしいです。
青はオーダーなんですね。。
自分がレースに出ていた頃はラバネロとYANAGISAWAのオーダーフレーム、その他多数のフレームを乗り潰しました。。
当時は細工やデザインには興味が無く、サイズやシート角に拘ってオーダーしてました。。笑
フレームの値段は今よりも安かったけど、ほぼ2年に1回のフレーム交換はバイトの身には痛かった。
最短で半年でフレームが逝っちゃいましたから^^;

2013/1/14(月) 午後 7:13 ベル <<コメントに返信する

顔アイコン

さすが兄貴!
いいバイクをお持ちで・・・
ウラマヤシイ〜
万が一にも手放すときにはご一報を・・・
多分サイズはピッタリのはず

2013/1/14(月) 午後 7:30 ibb <<コメントに返信する

顔アイコン

約四半世紀経っても現役。だからここ(ume3さんのところに)にいるんでしょうね。
大事に乗ってあげてくださいね。ビルダーも、フレームも「ほんもう」でしょうから。
言われなくってもっ!って、言われそうですが(笑)
うちの「小径折りたたみ2号機」も、そんな感じです。
もっともうちのは量産型ですがね=^_^=

2013/1/14(月) 午後 7:46 kuro_scott <<コメントに返信する

顔アイコン

mokeyさん

煽られましたか〜 2年前からカーボン乗り始めて思ったのですよ。
イヤーモデルとか出てきてインプレがあって。。。。確かにそれぞれ個性はあるのですが。。。なんかピントとなかったので
つくずく 鉄車観察しました。

2013/1/14(月) 午後 8:53 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

ベルさん
大阪でいた時、ロード作ろうと思って自転車屋さんに入ったら、
私の 乗ってるZUNOW見て。
『 ZUNOWでいたビルダーさんが独立して5年目で、面白いの作って るからそれを勧める。それなりに走ると思う。 』と言われたのが私の初代のNAKAGAWです。
サイズとシート角とパイプ決めてお任せ。
届いたフレームは パイプを色んな形にしてるので驚きました。

改めて最近、まじまじ見てしまいました。

2年に一回交換は、かなり踏み倒していたんですね。
半年でフレーム逝ったら、泣きですね。

2013/1/14(月) 午後 9:03 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

IBBさん

靴のサイズは違うけれど、フレームサイズは似てますよね。
そうそう、MASA君のS-WORKS乗らしてもらいましたが、ポジション
ピッタリでしたよ。

そのうち、塗り直しに出します。スティムが固着してるので、スティム切り飛ばしてホークも交換かも。

2013/1/14(月) 午後 9:10 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

kuro_scottさん

大切にするのもいいのですが、折れるまで乗り倒してやれれば
いいのですが、そんな時間も足もありません。。

>小径折りたたみ2号機
大事に乗って、磨いてやれば、クラシックカー候補ですよ。

2013/1/14(月) 午後 9:14 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

NAKAGAWA、アップしていただきありがとうございます。
当時、私のロード仲間は皆、NAKAGAWAに乗ってました。
私のVIVALOのトップチューブにもゼッケン台座が溶接されてましたが、ハンガー肉抜きはなかったです。
とにかく、美しい。これは、今のフレームにはないですね。

2013/1/14(月) 午後 9:30 t <<コメントに返信する

顔アイコン

いやー、素晴らしい意匠の一品ですね〜。
お世話になってるショップオーナーがクロモリとチタンに造詣が深いこともあって、フルオーダー車の魅力をよく聞くんですよ(笑)。
許されるなら一点物のクロモリ車、所有してみたいですね〜。

2013/1/14(月) 午後 10:05 うめ <<コメントに返信する

顔アイコン

T さん

UPした理由の半分はTさんのブログですよ。
昨日、川崎の自転車屋さんにお邪魔してた時に、NAKAGAWAさんの話になって店主さんが一本オーダー入れたいとか、納期10カ月。 ほかのビルダーさんもかなりの年齢等々の話をしてました。
Tさんのブログみたら<VIVALO>の話だったので、こりゃ NAKAGAWAの話を書かなければと思ったしだいで。

西はNAKAGAWA多かったですね。 1990年に東京に来ましたが、こちらではNAKAGAWAは殆ど見かけませんでした。

VIVALOをUPしてみてはいかがでしょうか

2013/1/14(月) 午後 10:34 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

うめさん

少し訂正
クロモリ車は現在工芸的な魅力と 多少手荒く扱ってもOK
それと変化の著しいカーボンと比べ、確立された鉄車は
今後もこの形式で、20年経っても安心感があるかも。
(大きな変化が無いという安心感かも。)

乗って楽とか、速く走れるとかは、車体の特性とペダリングとかの
技術を要求されるのではないかと思います。

カーボンと乗り比べて思いました。

2013/1/15(火) 午前 1:09 [ ume3 ] <<コメントに返信する

こんにちは、何と懐かしい自転車ですね。私は高校生の時分以降ブランクでして、ほとんど知らないのが残念でありました。おぼろげに知っていたものが、今回はっきり分かったです。

2013/1/15(火) 午後 1:08 [ 股旅浜五郎 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

シーサー鵠沼さん
私も同じようなもので、自分の乗っていた自転車しか知りません。
あまり他の人が使っているものに興味が無かったので。

今は逆に、当時のロードレーサが気になります、限られたパイプで
どんな細工をして速く走らせようとしてたか等々。
NAKAGAWAは新しいアイデアを取り入れながら今も供給してくれてます。

2013/1/15(火) 午後 9:57 [ ume3 ] <<コメントに返信する

顔アイコン

はっきり言って、目の毒です。
先日もチタンフレームを見てきたばかり・・・
あ〜、無駄遣いしないように注意しないと!

2013/1/16(水) 午後 10:14 kin3 <<コメントに返信する

顔アイコン

ラグジュアリーなケロヨン号から 質実剛健号への乗り換えですか?

これでKin3さんも益々、坂を登ってしまいますね。

日本の経済はKin3さんが頼りです。買っちゃってください、
ついでに貸してね〜。

2013/1/16(水) 午後 10:24 [ ume3 ] <<コメントに返信する

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0)

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事