楽しむYahoo!ブログの作り方♪

【祝! 3,150,000 アクセス達成!感謝ヽ(・∀・)ノ】

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

老舗栗久の曲げわっぱ★日本の職人芸



現代の曲げわっぱ をキャッチフレーズに、
素晴らしい職人の技による伝統工芸品を作成
されておられる方がいらっしゃいます。

経済産業大臣指定 伝統工芸士 と認定され、あの グッドデザイン選定 の個人の受賞回数としては
なんと15回という日本で最多の受賞回数を誇る職人さんである 栗盛 俊二氏 がその方です。

● 曲げわっぱとは? ●

その起源は、江戸時代中期にまでさかのぼるそうで、
柔らかい秋田杉を薄く切って熱湯に漬け、
柔らかくした後に曲げていって加工して
酒器や、花器、盆、食器などを作り、
木の特徴を活かした美しい柾目の白木仕上げの工芸品で
昭和55年には国の伝統的工芸品として指定を受けています

その中でも「老舗 栗久」さんが製作するものは
角面(かどめん)を取った手になじみやすい円錐形の作品が独特な
完全なオリジナル作品で、ご飯のお椀などのつなぎ目の美しさは
他に類をみない仕上がりになっています。

秋田杉で出来た板のつなぎ目部分は、栗盛氏独自の職人芸で作成した
加工道具を使用し、薄く削られて繋げているので優しい丸みを帯びていて
木の板をこんな風に加工可能なのかと驚かされます。



栗久・曲げわっぱの「おわん」

おわん(中)\6300
美しい白木の木目となめらかな曲線を描く
曲げわっぱ工芸 で出来た「おわん」
このお椀で、ぜひとも 味噌元さんのヘルシーなお味噌汁 を飲みたい♪

曲げわっぱ 栗久のホームページ から通販で購入出来ます♪


「徳利」と「ぐい呑み」

ぐいのみ(1個)\2100
さすがにそれぞれの価格は安くは無いですが
手作りの職人技ならではの温かみがあります。

備考
この記事で使っている写真は -最近のログ-
(有)栗久 - 2005/08/25 の返信コメント
『ぜひ、ドンドン写真をお使いください。』に基づいて
利用させて頂いております。
(記事投稿後にこちらのアドレスも先方にお伝えします)

関連サイト







■店舗データ
〒017-0843
秋田県大館市中町38
(丸屋クリニック西側)
TEL 0186-42-0514
FAX 0186-42-9799
mail kurikyu@kurikyu.jp

◆老舗 『栗久』(ALPSLAB base)◆


老舗 栗久

老舗 「栗久」周辺地図(ALPSLAB_base)
  ↑ クリックすると周辺地図サイトが開きます


★記事作成元★

文責
楽しむYahoo!ブログの作り方♪  (c)OYAJI
作成者 OYAJIでぇ〜す
 (トラックバック自由・転載は転載元からがマナーです♪■このリンク先必読■)

【作成元記事】
老舗栗久の曲げわっぱ★日本の職人芸(秋田県大館市)
最終更新日 : 2006.11.29

この記事に

閉じる コメント(9)

顔アイコン

http://blog.livedoor.jp/motomaruya/archives/50859654.html

2006/11/30(木) 午前 5:00 OYAJI 返信する

顔アイコン

http://510style.air-nifty.com/news/2006/10/post_cca4.html

2006/11/30(木) 午前 5:03 OYAJI 返信する

おじいちゃんも曲げわっぱの伝統工芸士です♪栗盛さんも知ってますよヽ(*´∀`*)ノ 曲げわっぱが記事になってるのってなんか嬉しい♡

2006/12/1(金) 午後 4:10 るみ 返信する

OYAJIさんお久しぶりです。今は上京してますが私の実家、「栗久」に凄く近いですよ。地図を見たら親近感が…。曲げわっぱもいいけど樺細工もオススメです。

2006/12/18(月) 午後 9:10 [ まりちゃん ] 返信する

アバター

るみさん : そうなんですかぁ!おじいさん、すごいですねぇ♪

2006/12/18(月) 午後 9:34 OYAJI 返信する

アバター

たんたんさん : おひさしぶりです♪「樺細工」って知らなかったんでさっき検索してみましたが、これも綺麗ですね〜♪

2006/12/18(月) 午後 9:36 OYAJI 返信する

顔アイコン

木の徳利ははじめて見ました。なかなか良さそうですね。使うほどに味が出そうですね。

2006/12/23(土) 午後 3:32 とっさ 返信する

アバター

とっささん : コメントありがとうございます。下のトラックバック先や「関連サイト」のところにリンクしているブログさんなどでも、非常に高い評価をされているようです。他の方の感想を見ているだけでもその素晴らしさは充分に伝わってきますね。何よりも凄いのは、木と木のつなぎ目がとてもなめらかに加工してある部分だと思います。

2006/12/23(土) 午後 3:39 OYAJI 返信する

このような伝統工芸がこれからも引き継がれることを祈ってます。
ポチ♪

2009/4/10(金) 午前 3:43 lqoj 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(2)


.


みんなの更新記事