マッカリーのナイフ製作

JKGメーカ会員1136M 間狩 純平です。このブログは、楽しんでナイフを作らせて頂いている記録です

ヤマメオヤジ完成

そして、ヤマメオヤジが完成しましたよ

紹介動画もあります。見て下さい

イメージ 1

2.5インチと3インチです。各々に個性がありますね

イメージ 3

こんな感じで、今までのオヤジよりも少しブレードが長いですね。

イメージ 2

ファイルサイドはこんな感じです。

イメージ 4

ハンドルには、シープホーンを使ってみました。このハンドル材は、暴れますけどなかなか面白くて好きなんだな

イメージ 5

ここの部分は結構、悩みました。どうやって削ろうかなって

イメージ 6

そして、2.5インチもあります。

イメージ 7

どちらとも、ブレードバックにはチェッカリングが切ってあります。これがなかなか、しっくりときます

イメージ 8

ファイルサイドはこんな感じです。なかなか、模様のはっきりしたシープホーンですね

イメージ 9


こちらも、リカッソの部分はこんな感じに仕上げました
さてさて、JCKMナイフショーが近いですので、頑張ってもう1本くらい仕上げていきますよ



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ヤマメオヤジ製作編

ヤマメオヤジの新しいデザインを作っていました。まあ、見て下さい

イメージ 1

こんなのです。2.5インチと3インチです。まずはブレードを磨いて酸化皮膜を落とします

イメージ 2

そして、ミラーにしますね。鋼材はD2なのですが、なかなか綺麗に磨けるものですね

イメージ 3

このモデルは、ヒルトレスなので、先に名前も入れておきます

イメージ 4

そして、ハンドル材を用意します。これには、シープホーンが似合うかな

イメージ 5

接着が完了したところです。この後、削っていきます

イメージ 6

ハンドルを成形したところです。僅かに、インプルーブドっぽくしました

イメージ 7

続いて、シースを縫います。さて、この後は完成ですね

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

トラウトマスター完成

そして、完成しました

イメージ 1

最近は、朝でも明るくなってきたので、やっと外の撮影スペースで写真撮ることが出来ます。

イメージ 2

ツボミが大きくなってきたボケの花と一緒に。ああ、やっぱり良いなぁ

イメージ 3

ファイルサイド側はこんな感じです。自画自賛していますけど、やはりもっと良く仕上げる事が出来る気はしています。この辺は精進ですね

イメージ 4

ハンドルバックにはチェッカリングを入れました。最近はこのクロスのチェッカリングがお気に入りです

イメージ 5

うん!ヤマメ釣りに行きたくなってきた!今年はまだ行っていないので、早く行きたいところですね。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

トラウトマスター製作

これはオーダー品のトラウトマスターです。なんとも、この形が好きっていう方がいらっしゃって嬉しいです

イメージ 1

エンバンでタングの平面を出してからブレードを800番までグラインドしましたよ

イメージ 2

そして、耐水ペーパで磨きました。以前は100番でグラインドを終わりにしていましたが、最近は800番までグラインドするので磨くのが楽ですね

イメージ 3

そしてロウ付けします。余ったロウを除去するのに大変ではないくらいロウを残すのがポイントですw

イメージ 4

そしてロウ付け後の磨きを終わらせます。最近はだんだんとロウを残す量が多くなってきて、R1くらいに残します

イメージ 5

今回はこのスタッグを付けてみます。なかなか良いスタッグですね

イメージ 6

そして接着してやります

イメージ 7

ハンドルを成形しました。今回は模様をかなりたくさん残してみましたよ。

イメージ 8

ファイルサイドはこんな感じです。

イメージ 9

そしてシース作ります。

イメージ 10

完璧に磨きあげた…ピカピカだ。綺麗だよシャーリーン…

さて、このナイフは既に完成しているので、続きを見てくださいねw


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

ブランク削り出し続き

さて、なんだかすごく長い間ブランクを削っているような気がしますが、やっと終わりました。
もちろん、オーダー品のナイフも入っていますよ〜

イメージ 1

これ、今期の渓流釣りで使えるようにとオーダー頂いた、トラウトマスターです。本来は、ハンドルをボルトで固定するタイプの物なんですが、こちらはピンに変更してくれとのこと。

イメージ 2

実はトラウトマスターですが、ブレードが小さい物もひとつ注文入っておりましてね。それも一緒に作ってみました。もうひとつ、トラウトマスターと一緒にオーダー頂いたのがこのシティーナイフなんですが、お友達と二人でナイフショーにいらっしゃった方なんですが、一緒に注文してくれました
ご一緒に今期の渓流釣りにナイフを持っていけるように、私も頑張って仕上げますね。

イメージ 3

さて、そしてヒルトまで仕上げて、熱処理前までの工程が終わりましたよ。一番上のトラウトマスターは、中国の方からの注文でした。
真ん中のトラウトマスターはヒルトを真鍮で、ピンを4箇所に変更。これには、スタッグが付きます。
一番下のシティーナイフはヒルトを短く、という事でしたね。これにも、スタッグが付きますよ

イメージ 4

だいぶ、たまってきましたが、もう少し作り貯めしましょうかね。

イメージ 5

あとドロップと、ニューヨークスペシャルと、ガットフックスキナーを作ります

イメージ 6

ちょっと息抜きして、パイプのマウスピースをマンモスアイボリーで作りました。そして、サンドブラストだったパイプを磨き直してみましたよ。これで、煙草が美味しく吸えるw

イメージ 7

そして、3本出来ましたよ!これでやっと、熱処理に出せます。

イメージ 8

さて、机の上を片付けて、熱処理から帰ってくるのを待ちましょう。
そうそう、そういえば少し前にトラウトマスターの紹介動画を撮ったので、良かったら見てくださいね






この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事