田井菅原神社 牛坂八幡神社

皆様のご参拝をお待ちいたしています。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
菅原道真公の先祖
菅原家の先祖は天穂日命(あまのほひのみこと)と言われており、その14世孫の相撲の元祖と仰がれる野見宿祢の後裔で土師氏を称し、皇室の慶事及び凶事に携わっていました。
道真公の曽祖父古人は、天応2(782)年1月25日、時の帝、桓武天皇に、菅原氏への改姓の詔を賜り、以降、学問の道を究め、菅家廊下と呼ばれる私塾を開設しました。
 
菅原道真公の生涯について
 菅原道真公は、承和12(845)年乙丑6月25日に是善の第3子として誕生しました。生誕の地は、京都の菅原院天満宮と言われています。
道真公は幼少の頃より学問に優れ、5歳のときに庭の紅梅を眺め、
 
うつくしや紅の色なる梅の花あこが顔にもつけたくぞある
 
と和歌を詠まれ、11歳のとき父が試しに漢詩を作らせてみたところ、
「月夜に梅華を見る」と題して見事な詩を作られました。
 
月の耀くは晴れたる雪の如し 梅花は照れる星に似たり 憐れむべし金鏡の転きて 庭上に玉房の馨れることを
 
33歳で文章博士となられ、42歳のときに讃岐守として4年間の赴任生活を送られ、名国司として領民に慕われました。帰京後は宇多天皇の信任を受け蔵人頭に抜擢され、55歳のときには右大臣まで昇進され、昌泰4年1月7日、57歳にて従二位に叙せられましたが、菅原家の台頭に危機感を抱いた藤原氏は時の左大臣藤原時平の偽りにより、1月25日に大宰権帥に左遷させられました。
自邸の紅梅殿で菅公が詠まれた惜別の和歌です。
 
東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 主なしとて 春な忘れそ
 
菅公の大宰府への出発は左遷の詔が発せられた1週間後の2月1日という慌しさでした。道中は馬も食料も提供してはいけないという厳しいもので罪人同様の扱いを受けました。途中、道明寺(大阪府藤井寺市)の叔母覚寿尼(かくじゅに)公にお別れの挨拶に立ち寄られた際、田邊家の先祖である旧知の田邊左衛門に自画像を授けられました。
 
大宰府の官舎の屋根は雨漏りし、床は抜け落ちた空家であり、京のことを思いながら配流から一歩も出ることなく、空しい日々を送られていました。延喜2(902)年の9月9日重陽の節を迎えた際には、帝から御衣を拝領した光栄の日を回想し、
 
去年の今夜、清涼に侍す。
秋思の詩篇、独り腸を断つ。
 恩賜の御衣、今ここに在り。
 棒持して毎日、余香を拝す。
 
という著名な和歌を詠まれました。
 しかし、再び京の地を踏むことなく、延喜3(903)年2月25日、冤罪をそそぐ日を待つことなく、59歳の生涯を閉じられました。
 
天神信仰について
 本来、天神(あまつかみ)は地祇(くにつかみ)に対する神さまでしたが、菅公が火雷天神と称され、古くからの雷神信仰と結びつき、神号に天満大自在天神(てんまだいじざいてんじん)を賜り、平安時代以降は、菅公の神霊への信仰を、天神信仰と言うようになりました。
天満大自在天神とは、観音三十三化身のうちの「大自在天身」によると言われています。幼少のとき虚弱だった菅公のため、母君が観音に願をかけたのが機縁となっています。
 菅公が大宰府で亡くなると、京都では菅公の左遷に携わった藤原一族が次々死去し、さらに地震・津波・落雷などの天変地異、また、農作物の被害・疫病などが次々に起き、
 
「世を挙げて云ふ、菅帥(かんそち)の霊魂宿念のなすところなり」
 
と朝廷のみならず民衆も菅公の怨霊に恐れられ、正暦(993)年、朝廷は菅公に正一位・左大臣、更に同年に太政大臣を追贈されています。
 菅公の生前の学問に対する偉大な功績やその人柄から、天神信仰は、学問・知恵授け・至誠誠実・書道・芸能・詩歌・慈悲などの神さまとして崇められるようになりました。
 
天神さまへの合格祈願
 偉大なる学問の神さま菅原道真公をお祀りしている当神社では中学・高校・大学・資格試験など、日頃の勉学の成果を十分に発揮できる合格祈願や勉学に専念できる学業成就祈願などもお受け致しています。
 


田井菅原神社:〒920−0925 金沢市天神町1−3−16 076−261−2393

牛坂八幡神社:〒920−0941 金沢市旭町1−17−50 076−222−5665

ホームページ http://taitenjin.com

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

初めてお邪魔します。
我が家の掛け軸(印刷ですが)に南無天満大自在天神と書いてあります行書で書いてありますからなんて読むんだろうと思ってよくよく見ていたらどうもそうでは無いかと思っていたら何かの書物にありました。
天満宮は津々浦々に鎮座しますね我が村の氏神様も「天満宮」です。

2011/11/19(土) 午後 3:07 [ - ] 返信する

顔アイコン

紫キャベツ様
有難う御座います。
白隠禅師が「南無天満大自在天神」の絵を良く描かれていますね。

2011/11/21(月) 午前 7:12 [ 田井菅原神社 牛坂八幡神社 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事