“SONO アクアプランツ ファーム” 水草情報局

沖縄の水草ファームから水草の育て方や水草図鑑をお届けします。 皆様のアクアライフのお役に立てば幸いです♪

全体表示

[ リスト ]

栽培禁止の水草〜外来生物法〜

 『SONO アクアプランツファームの水草アラカルト目次


【外来生物法】

  『外来生物法※1』とは、日本に帰化し増殖した“外来種”
 販売や保有・栽培等を禁止する法律です。この法律によって、
 これ以上の外来種の生息範囲の拡大や増殖を抑制し、日本
 在来の自然生態系を保護します。
  この法律は、外来の一部の水草にも適応されます。


【特定外来生物】

  外来種の中には、特に強い繁殖力や生命力を持ち、在来の
 自然や生物、生物多様性を脅かす種が存在します。これらを
 侵略的外来種※2と呼びます。さらにこれらの内、法律で保有・
 栽培等が禁止される種類を『特定外来生物』呼びます。
 『特定外来生物』は、その販売はもちろんの事、採集して持ち帰り
 栽培する事もはできません違反者には重い罰則が課せられます。
 
  かつてはアクアリウム用に流通していた水草にも、特定外来生物
 に指定され、今では育成できない種類があります。

  なお、法規制対象ではないものの、生態系に悪影響を及ぼしうる
 ことから、取り扱いに注意を要す生物を『要注意外来生物』と区分
 します。なお、要注意外来生物は、将来の特定外来生物の候補とも
 言えます。

  ※1 『外来生物法』
   (特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)
    2005年(平成17年)6月1日施行。
   特定外来生物(生態系、人の生命・身体、農林水産業へ被害を
   及ぼすもの、又は及ぼす恐れのある外来種)の飼養、栽培、保管、
   運搬、輸入を規制する。
   違反した場合には、非常に重い罰則(例:個人の場合懲役3年以下
   もしくは300万円以下の罰金 / 法人の場合1億円以下の罰金)が
   課せられる。

  ※2 『侵略的外来種』
    良く知られた侵略的外来種の例は、北アメリカ原産のブラックバス。
   魚食性が強く、在来種のモロコやタナゴ等を食べてしまう。
  
 
 ・環境省『外来生物法』Webページリンク


【栽培してはいけない水草】

 ・環境省『特定外来生物一覧表』Webページリンク (写真有り)

 ・環境省『特定外来生物同定マニュアル』Webページリンク (詳しい説明有り)


・ミズヒマワリ Gymnocoronis spilanthoides (キク科)
   原産地:中央、南アメリカ原産
   帰化・流通形態:水草として流通していた。
   影響:水路や河川の水流の妨げ、在来植物との競争・駆逐、等
   メモ:以前は“ジャイアントグリーンハイグロ”という名称で市販されて
       いた水草。ヒマワリのように葉が大きく、丈夫な水草。
         
 ・オオカワヂシャ Veronica anagallis-aquatica (ゴマノハグサ科)
   原産地:ヨーロッパ〜アジア北部
   帰化・流通形態:意図的な流通や移入はない。
   影響:在来希少種のカワヂシャとの競合、交雑して雑種化。
   メモ:河川や水路等に生育する。水草としての流通はないが、
       在来種のカワヂシャであれば沈水でも育つことから
       本種も水槽育成可能と思われる。なお、在来種の
       カワヂシャは希少種であることと、オオカワヂシャとの
       判別が難しいことから手出し無用。

 ・ナガエツルノゲイトウ Alternanthera philoxeroides (ヒユ科)
   原産地:南アメリカ原産
   帰化・流通形態:同属のアルテルナンテラ属には水草や園芸
       植物として流通する種や品種が多いが、本種についての
       実態は明らかではない。
   影響:水路や河川の水流の妨げ、在来植物との競争・駆逐、等
   メモ:アルテルナンテラ属は赤色系水草として有名。
      本種自体が水草と流通しているのを見た事はないが、近似種
      のツルノゲイトウ Alternanthera sessilis“水草でない水草”
      として有名なレッドグラスのことである。

 ・ブラジルチドメグサ Hydrocotyle ranunculoides (セリ科)
   原産地:南アメリカ原産
   帰化・流通形態:水草のアマゾンチドメグサに混入して輸入、
        流通していた。
   影響:水路や河川の水流の妨げ、在来植物との競争・駆逐、
       (水面にマット状に群生し、光を遮断して水中の水草類を
        枯らす、溶存酸素減少による水生生物の生息環境の
        はく奪)等。
   メモ:水草のアマゾンチドメグサに良く似ている。
       アマゾンチドメグサの葉は円形で縁が裂けないのに対し、
       本種では掌状に裂けることから区別は可能である。
   
 ・オオフサモ(パロットフェザー)
     Myriophyllum aquaticum (アリノトウグサ科)
   原産地:南アメリカ原産
   帰化・流通形態:パロットフェザーという名前で水草として輸入、
      流通されていた。
   影響:水路や河川の水流の妨げ、在来植物との競争・駆逐。
   メモ:以前はパロットフェザーという育成容易なメジャーな水草で
      あった。自然界に帰化した本種は、水上葉の状態で水面を
      覆うように繁茂する。私自身、過去に氷が張った池で本種が
      枯れずに生育する様子を見て、生命力の強さに驚いたことが
      ある。
      同属には、ミリオフィラム類として次の様な美しく魅力的な
      水草を含む。
      グリーンミリオフィラム、レッドミリオフィラム、
      オレンジミリオフィラム、ミリオフィラム マトグロッセンセ、
      ミリオフィラム プロピンキウム、他多数)
      この中から第二のオオフサモを出さないことが大切。

イメージ 4
【写真】オオフサモ(パロットフェザー)


 ・ボタンウキクサ(ウオーターレタス) Pistia stratiotes (サトイモ科)
   原産地:アフリカ原産
   帰化・流通形態:浮草としてアクアリウムや園芸用に輸入、流通していた。
   影響:水路や河川の水流の妨げ、在来植物との競争・駆逐
       (水面に群生し、光の遮断による水中の水草類の駆逐や
       溶存酸素減少による水生生物の生息環境のはく奪)等
   メモ:小さな草体はアクアリウムサイズであるが、富栄養化した湖沼や
      水路で太陽光を浴びて育つと、名前のとおりレタス大に巨大化する。
      繁殖速度が速い上に走出枝が折れやすく、除去根絶が非常に困難
      である。
       以前、沖縄の河口近くにあるビーチにて、台風の河川増水によって
      本種の残骸が大量に堆積した状況を見たことがある。このように、
      本種は湖沼や海岸での漂着ゴミとして深刻な一面もある。

イメージ 2
【写真】ボタンウキクサ(ウォーターレタス)


 ・アゾラ クリスタータ(アメリカオオアカウキクサ) 
     Azolla cristata (アカウキクサ科)
   原産地:南北アメリカ、ヨーロッパ、アジア、オセアニア、アフリカに分布
   帰化・流通形態:鑑賞用の浮草として流通していたが、流通量は少ない。
       「アゾラ−アイガモ農法」(Azolla属の田面被覆による雑草抑制と
       窒素肥料の節約効果を期待した農法)として利用された。
   影響:絶滅危惧種の在来種アカウキクサA. imbricata 
       オオアカウキクサA.japonica に対する競合・駆逐、遺伝的攪乱、 
       水面に群生し、光の遮断による水中の水草類の駆逐や
       溶存酸素減少による水生生物の生息環境のはく奪、等
   メモ:温暖期には緑色をした微小なヒノキの葉様の浮草で、
       気温の低下とともに赤く紅葉する特異な浮草である。
       枝分かれによる栄養繁殖も旺盛であるが、シダ植物ゆえ胞子
       でも増える。在来種との判別は、顕微鏡レベルの同定が必要で
       非常に困難。

 
イメージ 1
【写真】Azolla 属の一種

イメージ 3
【写真】田んぼに広がるAzolla 属の一種


 ・オオバナミズキンバイ 
     Ludwigia grandiflora (アカバナ科)
   原産地:南アメリカ、北アメリカ南部
   帰化・流通形態:鑑賞・ビオトープ用の浮葉植物としての販路が
       あったと考えれレる。
   影響:水上と水中にマット状に厚く繁茂し、他の植物の生育を
       阻害する。
       水中に密生した茎が水流を阻害し、ボウフラの生息場所と
       なる他、堆積物の蓄積や水鳥の採餌場所の縮小等に
       つながる。
   メモ:在来種のミズキンバイやケミズキンバイとの交雑の恐れも
       ある。

イメージ 5
【写真】在来種の“ミズキンバイ”・・・・ミズキンバイは
在来種で環境省の絶滅危惧Ⅱ類に指定される貴重な
種類です。特定外来生物に指定されたオオミズキンバイ
とは近縁で、交雑の恐れもあります。競争によっても
絶滅の恐れが増大します。


 
【アクアリストとして大切な事】

  アクアリストとして危機的に感じる事は、特定外来生物に
 指定されている全12種類の植物の内、水辺の植物が7種
 半分を占め、さらにアクアリウム用として流通していた種が
 4種ズヒマワリ、ブラジルチドメグサ、オオフサモ、
 ボタンウキクサ)も含まれていることです。

  今以上に外国産水草の帰化が進行した場合、全ての外国産
 水草の育成が法律で禁止される』こともありえない話ではない
    のです。

  これ以上、アクアリウム由来の外来生物を増やさないために、私たち
 アクアリストが中心となり、以下の事項を守っていきましょう。

  ・特定外来生物に指定される水草を栽培しない。
  ・増えた水草や不要な水草を絶対に野外に捨てない。
  ・水草を野外の水田や池で絶対に栽培しない。
  ・庭の睡蓮鉢等で栽培を楽しむ場合には、絶対に野外に
   流出させない。
  ・外来種が蔓延した現状を知り、自然環境・生物多様性に
   ついて理解を深める。
 
            ↓

 ☆“水草”という趣味を未来永劫楽しむことができますように。
 ☆ 日本固有の豊かな水辺の生態系が、いつまでも健全に続きますように。

 ・関連記事 → 大切にしたい水辺の自然



 『SONO アクアプランツファームの水草アラカルト目次

※ 本ブログ中の文章及び写真の無断転載を禁じます。


閉じる コメント(0) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

Yahoo! Choctle
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事