Vamos! Norio

高橋範夫(Norio Takahashi)のブログです。更新はしていません。

vamos japon!

東北関東大震災が起きました。
 
馴染みの深い仙台が大変なことになっています。
 
スタジアムやクラブハウスなどもかなりの損壊を被ったと聞いています。
 
津波にのまれた辺りにもかつて遊びに行ったことがあり、他人事とは思えません。
 
私ができることは本当に微力ですが、それでも何かアクションを起こしたいと思います。
 
私も日々の生活一日一日を改めてしっかり生きようと思いました。
 
みなさん、なんとかくじけないで頑張ってください!

この記事に

開く トラックバック(0)

また、突然の更新になります。
 
眠い目をこすって最後までテレビ観戦しました。
 
それだけの価値のある試合でした。
 
シンプルな攻撃を繰り返すオーストラリアにはだいぶ苦しめられましたが、
 
延長の後半4分に李忠成が見事なボレーシュートを決めました。
 
シュートも見事でしたが、クロスを上げた長友も素晴らしかった。
 
今回の日本代表は、
 
ニュース等でも言われているように、交代で入った選手が重要な仕事をしていました。
 
2010年のシーズンが終わってからも十分な休養もなく、
 
コンディション的にもかなり難しい大会だったと思います。
 
こういうときにサブメンバーの出来が勝敗のカギを握るのですが
 
本当にいい仕事をしました。
 
また、日本代表はほんとうに精神的にタフになったと思います。
 
数々の苦しい試合を戦い抜いた経験が生かされているようでした。
 
人間は初めてのことにはやはり戸惑い、動揺しますが
 
一度経験したことに対しては、免疫ができ動揺も小さく済むようです。
 
わがファジアーノも昨年以上のパフォーマンスができると強く確信しています。
 
非常に楽しい試合を見せてくれた日本代表に感謝です!
 
今後、より多くの日本人選手がヨーロッパをはじめ海外に注目されること間違いなしです。
 
選手にとどまらず、指導者もどんどん海外に飛び出すようになると面白いですね・・・・・・。
 
 

この記事に

開く コメント(4)

10人になった直後に失点し窮地に立たされた日本でしたが、攻めの姿勢を崩さずに2得点し逆転勝ちを収めました。
日本の意地に敬意を表し久しぶりの投稿します。

この記事に

開く コメント(3)

ブログ休業のお知らせ

ワールドカップがスペインの優勝で終わってから早いもので2ヶ月が経ちました。
 
各国リーグも開幕し、
 
ワールドカップで活躍した選手達が今度は所属チームでどんなプレーをするのかが楽しみです。
 
さて、2006年から続けてきたブログですが、しばらくの間お休みしようと思います。
 
理由としては、コーチ業により専念するためです。
 
私の勝手な決断ですが、お許しください。
 
今までこのブログに訪問していただき、
 
ときにはあたたかい書き込みを残していただきありがとうございました。
 
またいつか再開するかもしれませんが、そのときはまたよろしくお願いします。
 
 
高橋 範夫

この記事に

開く コメント(3)

ワールドカップは準々決勝2試合が行われ、
 
ブラジルがオランダに逆転負けを喫しましたね。
 
ウルグアイはPK戦の末、ガーナを破り40年ぶりに準決勝に進みました。
 
イタリアやフランスがグループリーグで姿を消す波乱の中、
 
わが日本代表はグループリーグを2勝1敗の成績で突破し
 
見事決勝トーナメントに進出しました。
 
正直、大会前のパフォーマンスからは決勝トーナメント進出はかなり難しいかと
 
思っていました。
 
 
ただ、短期集中のトーナメントは初戦が非常に大事で、
 
カメルーン戦の勝利がすべてをいい方向に向かわせたのではないでしょうか。
 
最低でも引き分け、勝てば次の戦い方を自分たちでコントロールすることができます。
 
オランダ戦には0−1で敗れましたが、最少失点に抑えたことで
 
デンマークやカメルーンにプレッシャーを与えました。
 
 
選手個々のパフォーマンスも素晴らしく、
 
中でも、ゴールキーパー川島の活躍には、
 
ゴールキーパーを指導する私も非常に誇らしい気持ちになりました。
 
実は2003年のJ2で、大宮に所属していた川島選手とは対戦したことがあって、
 
そのときは0−1と敗れました。
 
当時からキック力のあるパワフルなゴールキーパーでした。
 
 
早いもので、残り試合は準々決勝2試合、準決勝2試合、3位決定戦、決勝の計6試合になってしまいました。
 
私のひいきのチリやメヒコ(メキシコ)も日本と同じく決勝トーナメント1回戦で敗退しました。
 
一体どの国がワールドカップを掲げるのでしょうか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 

この記事に

開く コメント(1)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事