minatocycloのブログ

趣味人生に乾杯!。船模型、自転車・ランドナー。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

ブレーメン風

だいぶゴチャゴチャしてきました。
イメージ 1
後部を作っていますがこれから手すりとマストです。
客船の手すりは1/400ですと結構細かくなってしまい横棒は1〜2本省略ですね。
部にとりつけるとうるさくなってしまうので適当に雰囲気で省略します。

この記事に

開く コメント(1)[NEW]

嬉しいね〜。


仕事先で頂いた・・・けして義理〇〇ではない・・・と思っていますうまい!
イメージ 1

この記事に

開く コメント(0)

今日の読書

ガラにでもないのですが友人のタイトルをパクりました。
だいぶ前にNHKラジオの日曜日の朝方だったか「著者に聞く」という放送があって、この本の紹介が面白そうだな・・・と思っていました。
イメージ 1

イメージ 2
今までの歴史教科書とは違った目線でとらえています。
同じNHKでブラタモリという放送がありますが、それに何となく同調するようなところがあり興味深く読みました。

http://www.nhk.or.jp/buratamori/

そのブラタモリ・・・今日は別府温泉ですね。


この記事に

開く コメント(6)

アヘッドパーツ

久しぶりに自転車ネタです。
サン号は変速レバをWレバーにしたくアルミ溶接の依頼をしています。
なかなかの難物で時間が掛かりますので現在ホイール関係をいじっています。
イメージ 1
さて、このGIOS号、知人の息子さんがだいぶ昔に分解して組み立てられずにそのまま放置されていたものを頂いてきました。
普通の工具で分解できるところは全て分解したようです。さらにクランクは何とか外そうとしたのか残念なことに左右とも抜き工具の入るネジ山がバカになっていました。
そしてバラバラの部品はいつの間にか大方どこかに行ってしまい欠品だらけ・・・これはもう僕しか出番はありませんよね。別名ジャンク港町の出番であります〜ウ。
ヘッド関係はステム本体や上蓋関係とベアリングは有りませんでした。
これが僕には曲者でアヘッドは何となくわかるのですが今までいじったことが無く細かいことはよくわかりません。
古めの車に使われていた1インチ規格というもので主流はオーバーサイズに移ってしまい部品も選択肢が狭いようです。
いろいろ調べてやっとこさ組み立てたのが写真の状態です。ありゃ、何か変ですね。スペーサーが必要なことを知りました。
とまあ、こんな感じでチョイ乗り用に再生していこうと思っています・・・これも時間が掛かりそうです

この記事に

開く コメント(2)

浅間丸、龍田丸

日本郵船、浅間丸・・・昭和初期に建造された北米航路、三姉妹船の一番船ですね。
イメージ 1
あまりにも有名でこれまで模型として多く作られてきました。
私は訳が有り二番船の龍田丸を船模型の最後に作ってみたいと思っていました。
なかなか製作技術が伴なわなく、まだまだと思っていました。また船図や資料も有りませんでした。
所が!、先日に古書屋さんから入手した本・・・「豪華船インテリア画集・アテネ書房刊」に付録として浅間丸の船図が入っていたのです。
イメージ 2
驚きましたね〜。当時の三菱長崎造船所の青図のコピーみたいですが一般配置図です。水線長で約900mmの図面ですので1/200でしょうか。
イメージ 3
この本は32000円と、とても新刊では購入できませんが今回運よくリーズナブルな価格で入手できました。
まだまだ龍田丸は・・・と思っていましたが・・・。
縮尺も決めていませんし、なにかふわふわした感じなんですが製作に向けて準備していこうかな、と考えています。

この記事に

開く コメント(10)

全105ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事