オタクな人のぼやき

コミケの代わりのイベント行くようになったなあ。

全体表示

[ リスト ]

ハヤテ 40話感想

新年明けましておめでとうございます。
今年もハヤテをよろしくお願いします〜。


イメージ 1



いきなし、OPアイキャッチが変わっていました。
ナギだけになってしまったか…

するとここで、

キャラ総出演による新年のご挨拶




イメージ 2




大広間の怪談でひな壇のように新年のご挨拶。
そしていきなしかくし芸大会に入ります。つか、マチャキをぱくっているよね・・・
まず披露したのがタマの火の輪くぐり。32話でも登場したこのネタ、咲夜がさんざん抵抗したのに今日は珍しく承認か…なにげに西沢さんもちゃっかりいます。



対するチームはというと、こちらも火の輪くぐり。
だけど、問題なのはくぐるのがサキさん。これは無理だろ…つかアホだろこの芸は。
流石に咲夜も突っ込まざるを得ないだろう。


イメージ 3




イメージ 4




審査員がマリアさんと隣にいるアフロ…これはまさしくワタナベシンイチさんではありませんか!?
そいやナベシンさんが出ると、異様にテンションが上がるんですよね。しかも10の倍数になるとすごくパロディを出しまくり、展開そのものがめちゃくちゃになると聞いたけど、まさにこの話だった
か…

実はこれ、普通のテレビ番組だった…
てかテレビに西沢さんが出ていたり、皆勤賞おめでとう。最初の最初で登場か…
そんなこんなでOPが正月ならではのものに変わっていたり。(奥さまは魔女とかウルトラマン風にスタッフロールが流れて・・・)

九十九里浜で初日の出

大晦日。
ナギは週刊雑誌を読んでいると、そこには九十九里浜での日の出のハグするシーンに感銘を受け、
ハヤテに日の出を見たいということで、自転車で漕いで行ってほしいという。
、なにせ100キロもあるところで自転車は無理という颯だったのですが、それがお嬢様の本質であることを忘れるわけにはいかなかったのです。
しかも九十九里浜の位置が点なのは・・・。九十九里浜は千葉県の房総半島東部にあり、犬吠埼の方面にあるのは、ちょっと・・・遠すぎですね。

夜中の道路を走るのは、初セリをするために卸売市場に向かうトラック。遠いせいなのか、ナギは退屈していたので、自転車に何やら牛車を連結してまるで東南アジアのタクシーを思い起こすかのようにハヤテは急いで海岸へと向かいます。しかもハヤテたちが走っていたのは、首都高。
これじゃ警察に捕まるぞ!というつっこみももう何回か言っているので、もういくらなんでもやり過ぎだということしか言えません。







イメージ 6



すると、後ろからなにやら、黒い車がハヤテたちを脅かした!
載っていたのは、まさしくアフロの男。元ネタはナイトライダーだとか。シナリオがまるで頭文字Dを思い出すなぁ。黒い車に負けないようにハヤテはサイヤ人化した!=作品違う

5連続カーブを危うくぶつけるところだった二人。
凄すぎ…

後ろにはマリアさんが乗るヘリコプターが追跡していた。
ようやく2人は九十九里浜へと到着する。
九十九里ってほんとは西にあるけど、それでもお構いなしなんだろうな・・・
そこで初日の出を待つ二人。しかもナギは疲れ果てて岩陰におっかかるように眠ってしまった。
初日の出が出たら、ハヤテはナギを起こさない。つか起こせよ、散々見たいとか言ってたんだし。

厳冬の元旦、そして停電!


元旦、東京は寒冷前線が南下して大雪となった。
元旦はもちろん、ナギはPSPでゲームをしていた
ナギがやっているゲームって、ヒナが登場していたようだけど・・・
そんなこんなで、三千院家は停電に見舞われる。これじゃ暗くてゲームができないナギでしたが、
そのピンチをハヤテがすくう。

外は暴風雪。これじゃ1キロ先以下でも見えないくらいだ。
東京でこんなに強い雪が降るのは初めてではないかと思うハヤテ。
おかげでハヤテは雪だるま状態になり、その原因を作っていたのは咲夜だった。
咲夜の行動をつっこむハヤテ。すると咲夜はまるで漫才の師匠のように、良しと評価される。
まるでこのコンビはお笑いの先生と弟子みたいな感じだった。

そしてブレーカーのある発電所へと向かう咲夜とハヤテ。
しかし、どこにこの天候じゃ見つけられないので、誰かに聞いてみるが、そこに雪男らしい奴と話して
場所を探した
ついに、発電所を見つけたハヤテたち。そこは発電所だから、ブレーカーだけでなく発電設備もあるのだからここをやられて得しまえば、電気は付かない。

この発電所は、3階構造となっていた。
発電所は寒く、もう凍え死にそうになっていた…


イメージ 7



イメージ 8



イメージ 9



そこには運よく温泉があり、一緒に入ろうとするも咲夜も赤らめしまうも、咲夜は無理やりハヤテを温泉に入らせる。
この温泉は通称、ビリビリ湯をとも呼ばれている湯で入ると感電してしまう湯だ。

この温泉で入った二人は体が温まり、ブレーカーのある場所へと向かう。
二人は服を着たまま入ったので、その分負担は大きかった。
なんかこのネタ、なんかの漫画で見たことあるんだよね・・・確か・・・
そして、ブレーカーにヨレヨレながらもたどり着いたハヤテは、ブレーカーをあげる。
ハヤテは力尽き、倒れてしまいました。

イメージ 10



しかも死んでいくシーンそのものがフランダースの犬。これ見て悲しくなった人もいたのでは?

そこには、咲夜とSPが迎えていた。
すぐさま、ハヤテを運んで戻ろうとした時、ハヤテはKYなことを口にした・・・
氷氷という発言で、咲夜は発電所にハヤテを置き去りにして帰って行った。
もちろんハヤテはアボーン。
つか心配しなくていいのか二人も、これ普通の人なら死んでいます。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

あけましておめでとうございます。
相互リンクのお誘いしてくださっていたのに、お返事が遅れてしまいもうしわけありませんでした:
リンクに追加しておきましたので、ご確認ください。

そして、今年も何卒宜しくお願いいたします♪ 削除

2008/1/6(日) 午後 6:51 [ sala ] 返信する

顔アイコン

salaさん、遅ばせながらあけましておめでとうございます。
リンク追加ありがとうございます。
これからも今年も当ブログをよろしくお願いします。

2008/1/7(月) 午前 0:11 ウイリー 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(27)


.


みんなの更新記事