wai**kaのブログ

埼玉南部でマンゴー、ジャボチカバ、アボカドなど熱帯果樹を育てています。
3月後半になった今の状態を確認すべく、2階からメキシコーラの木を撮影してみました。

その画像が以下になります。
イメージ 1

葉っぱにいくつかは枯れている箇所が見受けられますが、枝は全く無事で枯れはありません。

頭頂部を拡大してみた写真が以下ですが、花芽もまったく無事です。
イメージ 2

イメージ 3

やはりメキシコーラは耐寒性がぴか一ですね。

寒さが厳しい埼玉で問題なく育てるには、この品種しかないような気がします。

あとは、収穫まで行ってくれては文句はないのですが。。今年は期待したいですね。


花芽も膨らんできて、あとちょっとで開花しそう
イメージ 4

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

まだ夜明けに氷点下ちかくなる日もありますので、まだマンゴーは外に出す事ができません。

でも日々長くなる日照時間から、室内のマンゴーも春を感じているのか花芽が出てきてくれました。

窓際の日当たりが良い部分は、既に花芽が開花すらしている状態です。
イメージ 1

イメージ 2

日が当たらない部分も花芽が成長してきています。
イメージ 3

去年は、散々のできだったので、今年は収穫まで行きたいですね。

この記事に

開く コメント(7)[NEW]

開く トラックバック(0)

3月始めから、佐多ライチに徐々に芽が伸びてきました。

しかも、見るに間違い無く花芽です。

この株は窓際の株なのですが、日光を浴びてもりもり花芽が出てきています。
イメージ 1

小さい芽にも花芽だとわかる特徴が良く見て取れます。
イメージ 2


こちらは、奥にあり日光が良く当たらないのですが、こちらも芽の成長が遅いものの、花芽が出ています。
イメージ 3

これは、うれしいですね〜
イメージ 4

上の写真の株はいずれも、去年取り木した株なのですが、いっぽう取り木元の株は、
花芽が出てきていません。。

ライチの開花条件は、謎な部分がおおいのですが、ここでちょっと開花条件を考えて見たいと思います。
いままでの、開花した、しなかった時の株の条件を整理してみたものが以下になります。

■開花した
・取り木した株の翌年

■開花していない
・取り木した株の2年目以降(ただし一度だけ開花した事あり)
・越冬時に水切れを起こす
・越冬時に夜間0度近くなる(痛みます)

■開花条件に影響していない
・越冬時の日光量(ただし多いほうが成長がよい)
・越冬時の土の乾燥(水切れは厳禁)

今までは、開花する事が殆ど無かったのでこれだ!と言える条件が見えてなかったのですが
今回花芽が出てきて、ようやく、なんとなく開花条件かなというものが見えてきたような気がします。

取り木という事は、イコール環状剥皮と同じ状態に株がなるという事になるかと思いますので、
ライチの鉢栽培ではそのままでは駄目で、開花を促すために環状剥皮したほうが良という結論が
得られます。

もちろんこれは単なる推測ですので、来年は環状剥皮して確証を得て見たいと思います。


この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

フエルテの花芽?

最近は日照時間もじょじょに多くなってきている事が実感できますね

夜もマイナス気温になる事は少なくなってます

久しぶりに庭を眺めていたら、フエルテの枝の先端の芽が膨らんでいるのに気が付きました

あまりふくらみが大きくないので、ただの葉芽の可能性も有りますが、

これが花芽なら念願かなう事に!

アボカド先輩の方々、判定お願いしますw
イメージ 1

去年秋に環状剥皮した跡がこれです
イメージ 2

ほぼほぼ形成層が回復してきました

先ほどの芽が花芽なら、環状剥皮が効果あったという証明になりますね

結果が楽しみです〜

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

昨日に引きつづき1/16大寒波後のピタンガの状況を紹介します。

まずは、一階においてるピタンガのバーミリオンです。
イメージ 1

頭頂部も新芽で赤い葉っぱがちょっとカリカリになったぐらいで、葉っぱに殆どダメージがありません。もちろん枝枯れもおきていません。ピタンガは本当に寒さに強いです。
イメージ 2

こちらは2階ベランダにおいてある一番の大株バーミリオンです。こちらも葉っぱがちょっと紅葉していますが、枯れている歯や枝は有りません。
イメージ 3

もう一つラバーも同じように被害無しです。
イメージ 4

こちらは、黒系の実がなる川原ブラックですが、、こちらはちょっと耐寒性が弱いのか葉っぱが殆ど死んでいました。枝枯れはないのですが、バーミリオン、ラバーに比べて耐寒性が無い事がわかりますね。
イメージ 5

こちらも同じ黒実のフロリダブラックですが、同じように葉っぱにダメージがあります。
イメージ 6

ピタンガは耐寒性が最強だと思っていましたが、品種によって差があるようです。

川原ブラックとフロリダブラックはまだ株が小さいのでその影響の可能性もありますが。。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

1/16大寒波で外で越冬している熱帯植物にもかなりの被害がありましたが、

仕事の都合で写真が取れずやっと週末になって撮影できたので、ちょっと

纏めてみようと思います。

まずは、アボカドのメキシコーラから、

アボカド種の中では一番耐寒性があると言われています。
イメージ 1

放射冷却で一番冷える頭頂部のアップです。やはり耐寒性があるといっても葉っぱにはまだら模様の壊死部分が目立ちます。ただ天空の陰(放射冷却の影響が弱い)部分の葉っぱは青々としていて、全く無事でした。
イメージ 3


そして一番気になる花芽ですが、葉っぱに被害がでているのにも関わらず意外な事に無事でした。

花芽が無事であるという事は、メキシコーラの耐寒性が非常に優れている証明でもあります。
イメージ 2

この寒波で花芽が無事であれば、埼玉県でも計画栽培が可能なのではないでしょうか?

お次は、フエルテです。
イメージ 4

フエルテもメキシコーラと同じように放射冷却が効く部分は、葉っぱがまだら模様に壊死しています。が、枝の部分は無事のようです。また、放射冷却が効いていない部分の葉っぱも青々としていて無事でした。
イメージ 5

ただ、芽の部分はカラカラに枯れてしまっていました。このあたりがメキシコーラとの違いですね。耐寒性の差だと思います。でも思っていたより耐寒性がある印象です。
イメージ 6


こちらは、ズタノです。
イメージ 7

放射冷却が聞く部分は、枝ごと壊死していました。。。もちろん花芽も死んでいます。
イメージ 9

陰になっている部分は無事でした。ズタノはフエルテより耐寒性がイマイチなのかもしれませんね。不織布などで霜よけ(放射冷却ガード)など対策が必要な品種だと思います。
イメージ 8


最後は番外編として、ハスの実生株です。
イメージ 10

これも放射冷却が効く頭頂部が枯れてカリカリ、そうじゃない部分は意外と大丈夫でした。枝も死んでいません。
イメージ 11

ちょっとアボカドに詳しい方は、「あれ、ハスは耐寒性が弱いのにこの寒さで枝ごと枯れないなんて変だな」と思われたかと思います。

実はハスでも種から育てると、数十個に一個の割合ですごくタフな株が育つ事があるんですね〜

こんな株は元気もあるので、台木にピッタリだったりします。

ちなみに上記の株は台木にしようとしていたのですが、接木のタイミングを逃しほったらかしにしてしまい

育ちすぎてしまいました。。


最後に無理やり纏めると、、埼玉ではメキシコーラしか選択肢が無い!

ですかね(^^;

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

今期最強寒波

いや〜今朝は非常に寒かったですね。

こちら埼玉でも今期一番の冷え込みでした。

今回、温度ロガーで記録をとっておきましたので、取得した温度をグラフにしてみました

イメージ 1
昨日の6時半すぎには氷点下に突入〜今朝7時ごろに最低気温マイナス5.1度を記録

9時過ぎに氷点下を脱出するまで、14時間ちょいの間マイナス気温だった事がわかります。

いまさらですが、埼玉県は冷えすぎですww

熱帯果樹栽培には全く適さない地ですね、、

仕事から帰ってきてからだと暗くて良くわからないので、被害状況は週末に改めて確認してみようと思います。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

2016年末ですが、サポテのバーノンの実を収穫しました。

イメージ 1

結果したのが初夏と遅く、収穫までに全く間に合わない状態だったので、放置していました。

でも、年末に様子を見てみたら、やわらかくなっていたので収穫してみたんです。

小さいですが、普通に甘く美味しかったです(^^

もう一個別の株にも未収穫の実があるのですが、今日の寒波でも痛んでいませんでした。

もしかしたら、サポテの実はある程度の大きさがあれば、そのまま冬場でも持ち越しできるのかも

しれません。

サポテ結構優秀かもです(手間が掛からないという意味で)。

この記事に

開く コメント(5)

開く トラックバック(0)

室内取り込み

24日から関東は雪&氷点下を迎えるとの予報ですので、マンゴー、グァバ、ライチなど
寒さに弱い品種はすべて室内に取り込みました。

熱帯果樹栽培も今日で活動収めですね。
あとは来年の春まで、4ヶ月間もの辛抱が続きます。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

地植えにしたアボカドのフエルテですが、植えてから今まで一度も花芽をつけてくれた事がありません><

今年は2階に届くまでになりましたが、これで来年も咲かなかったら泣けます、、
イメージ 1

頭頂部は未だ新芽がもりもり成長を続けています。
イメージ 2

幹も腕より太くなっています
イメージ 3

栄養成長して勢いが止まりませんので、花芽をつけるべく環状剥皮して樹勢を抑えようと思います。
イメージ 4

程よい高さの位置の幹に、
イメージ 5

ナイフで表面の形成層部分をぐるっと一周切りつけます。剥ぐ幅は5ミリぐらいとしました。適当です(^^;
イメージ 6

ナイフでペリペリと剥がして
イメージ 7

こんな状態にします。
イメージ 8

剥いだ部分を拡大すると、ほんのり油っぽくテカッていますね。
イメージ 9

あとは、乾燥しないように養生テープで保護しておきます。
イメージ 10

しばらく経つと形成層が盛り上がって元に戻りますが、それで問題ありません。

目的は一定期間葉っぱから根への栄養を経つ事で、木を老化させ花芽形成させやすくする事なので。

逆に乾燥させたりして、不可逆的に形成層が絶たれた状態になってしまうと、枯れてしまう恐れがあります。

効果が出てくれてば良いのですが(^^

この記事に

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事