百姓の田舎暮らし

手打ち蕎麦と薪ストーブは必需品。ニホンミツバチと共にネット時代を生きる百姓の実践的田舎生活情報満載

全体表示

[ リスト ]

米の動く季節

イメージ 14月にはいってすぐに、土蔵にストックしてあった我がコシヒカリ合計30袋[15俵]が、都会の米屋さん2軒のもとに出て行った。23年産収穫から半年経って、そろそろ今年の米作りが始まるこの時期は、毎年のことだが米が動く。昨年の出来は、よくもなく悪くもない、まったくの平年作で、小規模稲作農民としては、うれしさも中くらいなりではありましたが、それでも売れ残ることもなく、100俵[6]ほどの米は収穫後早々に完売しました。今日発送したのは、予約米の一部で、これで残りもあとわずかです。
今年もすでに苗作り作業が始まってますが、新機軸は「直播き栽培」です。これに昨年に続き多収米「風さやか」栽培、そしてこれも昨年に続き有機米栽培、そして従来の慣行栽培米の4パターンでの米作りとなります。一番期待しているのは、何といっても「直播き栽培」ですね。これがうまくいき、見通しが立てば、百姓寿命が10年は延びるかも(笑)。そして「風さやか」が反収840[14俵]を越え、しかも銘柄登録で市場価値が出ると、これまた百姓寿命が延びますね。まあそんなこんなで、先の短い百姓人生を少しでも延ばそうといろいろやりながら、今年もしっかり米作りします。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事