ここから本文です
ケアマネ・勉強ノート
シニアデビューしました〜☆

書庫全体表示

◇車いすが通行可能な幅員寸法

 車いすの分類

 電動車いす・・・自操用〔標準形 ハンドル形 座位変換形 室内形 
             簡易形 特殊形〕
         介助用〔標準形 簡易形 特殊形〕   


 手動車いす・・・自走用〔標準形 室内形 座位変換形 スポーツ形 
             パワーアシスト形 特殊形〕
         介助用〔標準形 室内形 座位変換形 浴用形 
             パワーアシスト形 特殊形〕

  手動車いすの基本構造

    日本工業規格(JIS)の規格では、手動車いすは、
    身体支持部・駆動部・車輪・フレーム・付属品 
    で構成されたものとされている。

     
  車いすの寸法 〜 日本工業規格(JIS)

    手動車いす・・・全 長    1,200mm以下
            全 幅      700mm以下
            フットサポート高  50mm以上
            全 高    1,090mm以下


    電動車いす・・・全長(最大値)1,200mm
            全幅(最大値)  700mm
            全高(最大値)1,090mm 


  建具の幅員の考え方

  *基準寸法が910mm(3尺)の一般的な住宅では、
   有効幅員は最大780mmとなる。

   建具はこの寸法に納まるようにつくられているため、
   建具枠の有効幅員は700〜720mm


  *廊下に面した建具の幅員

   内法寸法が最大780mmならば、介助用車いすなどが直角に曲がれるよう
   建具の有効幅員は

   750mm以上を確保する。

   ただし、自走用車いすの場合は、介助用車いすよりも
   大きな廊下幅・建具幅が必要となる。


     *一般的な介助用車いすの寸法
  
        全長:890〜960mm
        全幅:530〜570mm   


     *一般的な自走用車いすの寸法

        全長:  1,100mm
        全幅:620〜630mm

   廊下の有効幅員が780mmならば、開口幅員は950mm必要

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事