ふしみ製作所

おもしろい物、いっぱい作ります

全体表示

[ リスト ]

失敗例

PRN3Dで思い通りに作れてる、と思われるとしゃくなので失敗例。
 
鉛筆ロケットを作ろうとしたらこんな結果。
イメージ 1
小さくて縦長は苦手で、ベッドにしっかり固定されていないとダメで
両面テープを使ってはいますが、少しでもグラついたら一巻の終わり。
イメージ 2
 ↓途中であきらめたヤツ。点で接地なので傾いてしまう。
イメージ 3
 
なら、ギヤのような薄くて平らな物は作りやすいかというと
そーでもないんだなぁ、これが。
 ↓この中で使えるものは2個くらい。
イメージ 4
 
射出温度、気温、ベッド温度、射出量、プリント速度、プリント密度、他、、、
特に気温は日々大きく変わるので大変。
温度制御が出来るヒーターを作らなきゃ。
 
 
いろいろがんばって、やっとコレ↓ てっぺんとおしりが変形しています。
イメージ 5
 
 さらに(3Dプリンタが)頑張ってこれくらい。バリは取りました。
PLAの方が自分としては精度が出しやすい。
イメージ 6
しまった、我が家にはえんぴつが無い。
 
 

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

ギヤでのプリントテストでデータと経験の蓄積が着々と進行している様子が伝わってきます。鉛筆ロケットの画像は物凄く為になる公開ありがとうございます。FDM向けのデザインだと、細縦長いものだと円盤台座付は最低限いるようですね。あるいは縦2分割横置きで印刷してから合体とかかなあとも妄想しましたが実際にFDM3Dプリンタで苦労を積み重ねないとFDM向けの正しいデザイン感覚はつかめそうになさそうです。

2014/2/5(水) 午後 10:55 hebihebi 返信する

顔アイコン

頭の中に、3DデータをFDM向きに変換する機能が備わりました。
すべて一体でなくても作りやすい形に分割して組み立てるのもアリかなと考えてます。

2014/2/5(水) 午後 11:51 [ ふしみ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事