WEBデザイン資格取得への最短コースは、通信教育や通信講座、スクール、学校に行くのが一番の早道です。確かに費用がかかってしまうのが難点です。しかし、最短距離で確実に資格取得に近づくことを考えれば、一度は受講を検討すべきです。なぜなら、このような通信教育や通信講座、スクールでは、過去何年にもわたって蓄積したプロの学習プランとコミュニティがあるからです。一人でも多くの人が、効率良く資格を取得するために練りに練られた学習プランとコミュニティです。今すぐ資料を請求して、その学習プランとコミュニティがどのようなものか? だけでも知っておきましょう。

>> ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座
(最新のWEBデザイン資格情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。応用レベルのスキルを強化して、確実に資格取得を目指す。ウェブデザイン技能検定など過去に実施された試験の問題傾向まで分析されている点が魅力です。)

>> アビバ
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2285930&pid=878522721
(自分の学びたい部分だけをセレクトできるWEBクリエイターコース。Webクリエイター能力認定試験の初級〜上級の取得を目指す内容。パソコン教室として30年の歴史あるアビバは、信頼感ある内容の資料を送付してくれます。特典もあるので必見です。)


WEBデザインの資格を最速で取得するウラ技

「どうしたら早くWEBデザインの資格がとれるだろう?」

「やる気はあるけど、空回りばっかり・・・」

「周りに話す人がいなくて、ストレスがたまる・・・」

もしあなたもそうなら、正直なところ、なかなか思うように
行動が進まないのではないでしょうか?

勉強は、孤独で辛いものです。
参考書に向かって、「この一冊を終えるのに、どのくらいかかるだろう・・・」
なんてハァ〜っとため息。

自分では気づかないうちにイライラが募り、家族や大切な人に八つ当たり。
身をけずる思いで一冊の参考書を終えたとしても、どうでしょうか?
資格がとれる可能性は100%ではありません。

しかし100%に限りなく近づける方法があります。
今すぐできるのでやらない手はありません。

それが「WEBデザイン資格資料・費用ゼロ収集法」です。

なぜこの方法が100%に限りなく近づけるのでしょうか?

その理由は、

1.WEBデザインの資格を取得した人の体験談がわかる。

2.効率的な学習方法がわかり、ムリ、ムダのない勉強をするようになる。

3.WEBデザインの資格を目指している人の今を知ることができる。

4.最新のWEBデザイン業界の状況がわかる。

5.費用がかからないので、今すぐできる。

6.インターネットでできるので、簡単でスピーディ。

7.ほぼ1週間程度で準備できる。

これだけメリットがあるのに、なぜ費用がかからないのでしょうか?
その秘密は、スクールや通信講座の資料を集めるからです。

これらの資料は、インターネットで請求できる上に、無料で送られてきます。
もちろん広告だから無料なわけですが、
広告以外にかなり役立つ情報も送られてくるのです。
ここがポイントです。

リアルタイムで役立つ情報は、普通お金を出して本を購入しなければなりません。
しかし、本では情報が古い場合もあるのです。
その点、この方法ならWEBデザイン資格の今を知ることができます。

しかもスクールや通信講座会社が長年のノウハウで積み重ねた
効率の良い学習カリキュラムを知ることまでできるのです。

それだけではありません。

WEBデザイン資格を取得した後の就職状況や仕事内容も知ることができます。
そのほとんどが一流のスクール、通信講座会社ばかりなのです。

このような有益で費用のかからないWEBデザインの資格を目指す人のための情報が、
今ならすぐに入手することができます。

しかし、インターネットの世界は移り変わりも激しく、
将来もこの方法が可能とは限りません。
なぜならスクールや通信講座会社も、広告費用に見合わないと判断すれば、
直ちに無料で資料を送るのはやめるでしょう。

そこで、今すぐこのWEBデザイン資格資料・費用ゼロ収集法を実行してみてください。
損することは一切ないのですから。

実行するのは、とってもカンタンです。

下記が無料でWEBデザイン資格の資料を送ってくれるところです。
リンクしていますので、今すぐクリックしてみてください。
そしてあなたもリアルタイムなWEBデザイン資格情報を得てください。

>> ヒューマンアカデミーのWEBデザイン講座
(最新のWEBデザイン資格情報、活躍状況などを収録した資料を無料で配布中。応用レベルのスキルを強化して、確実に資格取得を目指す。ウェブデザイン技能検定など過去に実施された試験の問題傾向まで分析されている点が魅力です。)

>> アビバ
http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=2285930&pid=878522721
(自分の学びたい部分だけをセレクトできるWEBクリエイターコース。Webクリエイター能力認定試験の初級〜上級の取得を目指す内容。パソコン教室として30年の歴史あるアビバは、信頼感ある内容の資料を送付してくれます。特典もあるので必見です。)

この記事に

Web検定公式問題集〈2〉Webデザイン問題集―Web検定、Webデザイナー対応

社団法人 全日本能率連盟登録資格「Web検定」の公式問題集の第2弾「Webデザイン問題集」が登場。 公式テキスト「ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック2 Webデザイン」の章構成に準じた出題範囲に基づいて、「練習問題」、「POINT」を収録しています。また、本番試験のボリュームや難易度のままに構成した模擬試験も収録されており、試験対策はもちろん、標準ガイドブックの内容理解を強力にサポート。

目次
はじめに
Web検定実施要項
公式テキスト
学習の進め方
本問題集の使い方
●練習問題
1.Webサイトの企画・設計
2.制作(デザイン・実装)
●模擬試験

この記事に

Webクリエイターになる!?

Webクリエイターへの就職・資格取得の最短ルートを全公開。

目次
第1章 Webクリエイターとは(Webクリエイターの活躍分野
学歴・経験不問。情熱が大切 ほか)
第2章 Webクリエイターの仕事(センスが形になる手応えのある仕事
実力次第で、プロジェクトの中核にも ほか)
第3章 Webクリエイターになるには(大学・短期大学で学ぶ
スクールや専門学校で学ぶ ほか)
第4章 Webクリエイターに必要な資格を取ろう(Webクリエイターに必要な資格とは
資格は就職に有利? ほか)
第5章 Webクリエイターの将来像(急成長のデジタル・コンテンツ業界
ニーズの高いWebクリエイター ほか)

この記事に

Webデザインの基本ルール

Webクリエイター必修の基礎知識
これからはじめる人、きちんと学びたい人へ
Webクリエイターが身に付けておくべきレイアウト+配色+制作技術の基礎知識。

絶対にハズせない4つの原則と6つの基本パターンで学ぶ、今日から使えるWebレイアウトの実践テクニック。
色の力を最大限に活かす配色の基本とベースカラー別配色パターン集。
XHTMLとCSSでデザインをカタチにする!今学ぶべきWeb制作技術の概要と基本。
Web標準、SEO、ユーザビリティ、アクセシビリティの考え方。

目次
Lesson01 レイアウトデザイン
レイアウトの基礎知識
Webページの構成要素
ナビゲーションの種類
レイアウトパターン
上部ナビゲーション型
左袖ナビゲーション型
逆L字ナビゲーション型
3段組レイアウト型
下部ナビゲーション型
自由レイアウト型

Lesson02 配色
色の基礎知識
配色の基本ルール
配色パターン
赤をベースカラーにした配色
オレンジをベースカラーにした配色
黄をベースカラーにした配色
緑をベースカラーにした配色
青をベースカラーにした配色
紫をベースカラーにした配色
ピンクをベースカラーにした配色
ブラウンをベースカラーにした配色
白をベースカラーにした配色
グレーをベースカラーにした配色
黒をベースカラーにした配色

Lesson03 ワークフロー
ワークフロー概要

Lesson04 Webページの制作
Webページ制作の前提知識
制作前の確認事項
XHTMLの基礎知識と書き方講座
XHTMLの要素と属性
CSSの基礎知識と書き方講座
CSSによるレイアウトの基本ルール
CSSによる文字と文字組みのデザイン
印刷用スタイルシートの制作テクニックと注意点
ブラウザ対応とCSSハックの基本

Lesson05 動きのあるWebページと動的コンテンツ
JavaScriptを利用した動きのあるWebページ
Ajaxの基礎知識
Flashの基礎知識
Flashのサーバ連携と携帯コンテンツ制作
モバイル向けWebデザイン
動的ページの仕組みとサーバサイドの技術
CMSによるWebページ自動生成の仕組み

Lesson06 Web標準とSEO、SEM
Web標準の基礎知識
アクセシビリティの基本
ユーザビリティの基本
SEOとSEMの基本
SEOの基本テクニック
Web解析の基本と実践

この記事に

はじめまして

During preparations topic(WEBデザイン資格)


・90種類目の資格. 本日、「WEB検定(WEBデザイナー)」の4度目の挑戦をし、合格した。 80点以上が合格のところ、過去3回は、62点、68点、72点だったので、今回、合格できるかどうかというところだろうと思っていたのだが、余裕で合格した。 ...

・実習はWEBデザイン、DTP、プログラム作成、ネットワーク構築等及び各種資格試験対策の演習があります。 2年に進級するとWEBアプリを中心にプログラムの勉強やLinuxでのサーバー構築などを勉強して、サーバークライアントを学びます。 ...

・資格よりもどんな作品をアウトプットしてきたかのほうが重視されると思います。 ただ、WebデザインやWebに関する知識を身につけようと勉強することは、本当に素晴らしいことだと思います。その勉強へのひとつのモチベーションとして、検定試験への合格 ...

・【資格の特徴】 CGクリエイター検定とは、CG映像制作における映像表現技術やCG理論の知識、CGソフトウェアを効果的に使う能力を客観的に判定する検定です。 2006年まで「CGクリエイター検定/ディジタル映像部門・Webデザイン部門」と ...

・Web検定には、リテラシー、デザイン、ディレクション、プロデュース、プログラムと細分化された5つの種類から選べる、インターネット(サイト製作)に携わる方の能力を測る検定なのですが、その中でも一番総合的な能力を測るリテラシーを今回は選びました ...

・■WEBデザインスタッフ■ HTML・CSSの知識理解のある方(勉強中の方もご相談ください。) サイト運営経験あればなお可使用ソフト:Dreamwever他 Adobe系デザインソフト報酬:ぴっぴスタッフ規定による(標準作業時間をベースとした報酬) ...

・「ウェブデザイン技能検定」は、ウェブデザイン関連業務の仕事をしている人、もしくはその関係の仕事をしようとしている人を対象として実施される検定試験。この試験は2008年3月に開始された新しいWeb関連初の国家資格。国際規格に基づいて、ウェブサイト ...

・Web検定は、Webに関わるすべての人の標準知識の「Webリテラシー試験」と、プロフェッショナル向けの3種の専門資格「Webデザイナー試験」「Webディレクター試験」「Webプロデューサー試験」の計4種。試験時間90分で、コンピューターの画面で解答する4者択 ...

・6月末に受けた「ウェブデザイン技能検定」という国家検定の結果が届き、 無事にスタート段階の3級に合格しました。 この3級があれば、とりあえず2級への受験資格がもらえます。 はっきり言って、3級というのはウェブデザインが出来る人ならば、 ...

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事