イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

この記事に

開く コメント(1)

いろんな色目のヒンデローペンを描いてきましたが、一番最初に描きたい!と思ったのが
spiceの赤
簡単で、シンプルな図案ですが、たまに描きたくなるのが基礎的なヒンデローペンです。

イメージ 1

日本の100円ショップのセリアで買った木製ポケットテッシュ(中国製)に描きました。

イメージ 2
小さいwelcomeボードです

イメージ 3
日本のソレイユさんで購入したチーズカッターボード
真ん中がタイルなんで使いやすそうです〜!
イメージ 4

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

白木を購入して4年ほど。煙突がついたテッシュボックスです。
このえんとつからテッシュを引っ張って取り出すと
雲みたいにみえるよ〜!
 
イメージ 6
クリスマスプレートを全部描き終えて、折角だから、テッシュボックスも描いてみようか、、と
はじめから、マーガレット・ウェーキングのI Tole You So Once More の中の、
この図案を描くつもりでしたが、、。
 
自分の中でマーガレット・ウェーキングのブームが治まると、ピタッ!と描かなくなります。
 
背景と人物を別々に手がける作業が、まあ細かいと思っちゃうんですよ。
イメージ 1
 
屋根、エントランスの小屋と道路にはクラッキング。
レンガも先に描きこみますよ。
イメージ 2
4面違う図案ですが、ぐるりと道路がつながって面白いですよ。
屋根の窓からのぞく人は、背景として描いてしまいます。
背景を描きおえたら、ここで軽くスプレーをかけて、背景にだけアンティークをかけます。
私はオイルをノルウェージャアンメディム剤でかけます。
 
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
 
このドレスを描くのが楽しいのです〜。
スタイラスでドットを点・点・点、、と入れるのが苦手で、毎回苦労します。
もともとガサツな、不器用なので出来上がって飾って、後日見てみたら
「あちゃ〜」という部分が必ずあります。でも、自分用で使うのだから、反省材料にして
今度はもうチョイ上手く描こうと毎回のことですが思います。
 
 

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1
 
自分が使うために描きました。
去年、日本でソフトドリンクの景品でルクのマグネットが付いてくるキャンペーンがあって、
ラインでつながってる仲良し同級生3人に「ルクのマグネットが欲しいよ〜」と頼んだら、、!
 
イメージ 2
それぞれ3人が気にしてくれて、たくさ〜ん集めてくれたんです。ラインで「関西スーパーで見つけたよ」「ゆずレモンに付いてることが多いよ」なんて、教えてくれたりして。3人とも働いてるので、行動範囲も重ならず、
集めてくれたんです。それを、今年の2月に日本で集まった際に渡してくれました。
 
我が家の冷蔵庫の壁には、家族旅行で買った観光地のマグネットが張ってあって、お洒落じゃないのです。
 
そこで、ルクのマグネットを使うための、マグネットボードを探し始めました。
イーベイやアマゾンでも、マイケルズやジョアンにも探しに行ったけど、欲しい物がない!
 
そこで、リメイク。
イメージ 3
在庫最終セールの棚に、子ども部屋に飾るスポーツ用のマグネットボードを発見!
サッカーとかで、配置を説明したりする際のものですね。この傷だらけで単品、もう捨てられそうな状況。
イメージ 4
最終価格は2ドル!!
この価格なら、失敗しても気にならない。ルクのマグネットを使う為に描くのです。
 
そして、出来上がったのがこれです。
イメージ 5
 
古屋加江子さんの図案をいろいろ組み合わせて少し、バラも増やしたり長さを出したりして。
ペイントはいろいろ混色して、結局ジョソーニアのサファイヤを基本に、自分の好きな色目を探し
ペイントレシピを組み立てて描きました。
 
これなら気長に使えそうです。
 

この記事に

開く コメント(2)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事