全体表示

[ リスト ]

百貨店って、僕から見たら、相対的に優秀な人が集まっている業界だと思う。異論があるかもしれないが、少なくとも就職の段階では、絶対そう。百貨店崩れの滑り止めでアパレル入社ってケース。すごく良く聞く。でも、なんていうか偉ぶる人が多くてあんまりいい気はしなかったな。もちろん僕らがサプライヤーだったからかもしれないけど。

僕自身、結構百貨店は好き、何が好きかといったら、催事物。北海道物産展みたいなやつより、伝統工芸ものが好き。前は銀座の松屋で普段お茶なんて飲みもしないのに、お茶の銅製の缶を買った。その前は古ガラスのコップ。日本の伝統工芸も捨てたものではないと思った。そういう目利きは今の百貨店でもいるんだと思う。でも、お世辞にも催事が儲かっているというふうに見えない。それを目的にお店まで行くことは僕みたいな人しか行かないんだろうと思う。でも催事なので別個の言葉言えばプロモーション、本業で儲ければいいのでしょう。

じゃあ、本業は?いやいやその前に本業というのは何をさすのだろうか?そこで、迷ってしまうのが百貨店という仕組み。物を仕入れて売るんでしょ?ってこの世界に入る前は思っていた。確かにその通りなんだけど、僕にとっては、全然納得行かない仕組みなんだ。単純にすれば、売れそうなものを調達し(仕入)、それを店頭に並べ(プロモーション)、対面販売の努力(セールス)をして、お客さんが買っていく。こういう流れだけど、全体のフローにしても、一つ一つの工程を取ってみても、百貨店のノウハウや、存在感ってあんまり見えない。

仕入
委託仕入か消化仕入という仕組みで、商品を調達する。これは結構恐ろしい制度で、売れた分だけを仕入れたことにするという仕組み。両者の違いは、在庫が誰のものということで、消化仕入ならば、お店に並んでいる品物はサプライヤーのもの、委託仕入なら百貨店の在庫となっている。売れ残ったら、返品してくるというやり口。こういう制度を採っているので、海外比較をした際に日本の百貨店は非常に在庫効率のいい小売業に見える。季節の終わりになるとアパレルはだいたいの返品額を予測できます。
誰が仕入をやるのか?
百貨店にはバイヤーという肩書きの人間がいる。でもこの人たちは買うというより、返すことが仕事なんじゃないかと思ってしまう。百貨店を見ても分かるけど、各ブランドがブースごとになっている。その括りの中では一応のブランドイメージは統一されている。そして、どの商品のどのサイズのどの色を置くかってのは、基本的にアパレル主導なんだ。

誰が陳列するのか?
各ブースに分かれいる限り、そのスペースの管理責任は各アパレルに任されていると言って良い。だって、どの商品がどれだけあり、どういうコーディネートを提案するのはアパレル側しか知らないんだから、他にやる人いないじゃない。また店に備えてある什器もブランドコンセプトを優先するときは特別なものを必要とします。その時の改装費を出すのは、力関係によってですが、百貨店の資産を向上させるにもかかわらず、サプライヤーが負担したりします。逆にすごい集客力の強いブランド:ル*・ヴィ*ンとか、そういうところの場合は百貨店側が出します。

誰が販売するのか?
販売員です。この販売員の給料は誰が出しているか?サプライヤーが出します。接客をしている人のほとんどはサプライヤーで雇われた人間です。そうじゃないと商品説明できません。ファイブフォックスなんかのSPAが進んでいるアパレルは現場が一番大事、なんていってやたら社員教育してますが、実際に誰が接客するかによって売上が大きく違うことってのはある。プロフェッショナルセールパーソンってのもすごく大事。彼・彼女らがいないと売れるものも売れない。そして、最も、最近のトレンドを掴んでいる人間だと思う。顧客視点といいながら、どうしても販売員の立場はMDをやっている人間よりも弱くて、階層化しているってのは残念ながら事実。現場を大事して、地味な絶えざる努力をする小売、アパレルは強くなって欲しい。

と、百貨店のビジネスフローを見てきたのだけど、百貨店の人ってどこに出てきたの?困ったことに、それは僕にもよくわからないのです。単純にもしも、僕が百貨店の社員で、予算を立てろって言われたら、すごく困ると思うのです。だって、サプライヤーがどんな商品を出すのかも分からず、実際に接客もして無いので、消費のトレンドもじかに見えないし、すごい怖いと思うのです。

考えてみれば、このシステムはある時期は非常に機能したのです。売上は伸びるのが当たり前で、百貨店そのものがブランド化していた。アパレルは自前の小売を持って無いし、もっとも数量をはくのが百貨店だった。最も効率良い販売マシーンとアパレル側が見ていた節もあるのです。仮に返品されたとしても、地方のブティックなど他の販売網をアパレルは持っており、在庫の消化も困らなかった。消費者の前に商品を置くことがすなわち売れたので、百貨店はPBを在庫リスクを張って無理にする必要も無かったし、アパレルもそれを望んではいなかった。Win-Winの関係がそこにはあった。そして、消費者もハッピーだった。

しかし、今となっては、非常に恐ろしい構図になっている。これはアパレルは返品のリスクが怖いし負担も大きいし、百貨店も怖いという勝者のいない構図になりつつあります。最近自社店舗で拡張するアパレルが増えてきていますが、こういう背景があるせいです。勝者は今までの構図から抜け出し、このリスクをコントロールできたところなるのでしょう。

前回、IY堂のPB化の試みをけなしましたが、量販店も同じ構図があるからです。
しまむらのように、他社からの調達で儲かっている小売業もあるのです。そういう、販売プロセスに軸を置く小売がもっと出てきていいだろうし、百貨店にもその道が僕はあると思っているし、そういう企業が出てきて欲しいと思う。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

え〜〜と、元百貨店人として、意見もありますが、大筋はおっしゃるとおりだと思います。でもですね、極論すれば「もうけりゃいいんだろ」ということから言えば、百貨店というのは、お気軽業態ですよ。ぼくは2度と百貨店で働きたくないけど。

2005/5/14(土) 午前 7:59 [ ich*ro*orld ] 返信する

はじめまして、あるブランドショップで店長をやっています。私の上司(ディストリクトマネージャー)は、百貨店出身です。辞めた理由は、「百貨店に、未来を感じられなくなったから」だそうです。

2005/5/16(月) 午前 3:40 [ mis*1*4 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事