ここから本文です
風と車2012
ガッレリアを抜けると、ミラノのシンボル「ドゥオモ」です
イメージ 1
ミラノのドゥオモはゴシック様式
14世紀にミラノを支配していた「ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティ」
により建設が始まり完成まで400年以上かかったそうです。
イメージ 2
ドゥオモ入口のドアだけでも大きさと彫刻に圧倒されます。
ドアの前にいる女性の左側が光っていますのがわかりますか?
近づいてみると・・・
イメージ 6
おとづれた人が触っているのでしょう。
膝とふくらはぎがピカピカに光ってます。
イメージ 3
ドゥオモの周りには2,000体以上の像が取り囲みます。
ひとつひとつのクオリティーが半端ないです。
イメージ 4
宗教的には全ての像には意味があるのでしょうね。
残念ながらキリスト教についてはよく分からず、
このあとの有名な宗教画についても同様の気持ちで見ることになります。
イメージ 5
壮大なスケールに圧倒されます。
ただただ口を開けて見上げるだけでした・・・
イメージ 18
空港の手荷物のような検査を受けてドゥオモの中に入ると驚きの空間が!
なんと中は天井までの1階建?奥行158メートル×幅93メートルの巨大な空間です。
イメージ 7
窓には美しいステンドグラス。
複雑なデザインと大きさに圧倒されます。
イメージ 8
ドゥオモ内部にも1,000体以上の像があります。
これは、体脂肪なさすぎでしょ!
イメージ 19
4万人を収容できるそうです
圧巻!
ミサが行われています。
写真撮影もフラッシュをつけなければOK、ビデオもOKです。
イメージ 9
初日から圧巻のスケールに圧倒されっぱなし。
イメージ 10
ドゥオモの前に広がるドゥオモ広場は
イタリアの初代国王ヴィットリオ・エマヌエーレ2世の騎馬像が飾られています。
イメージ 11
フリーな時間があったのでミラノの街をブラブラです
後ろ姿ですが我々より年配のカップル!おしゃれですね〜〜
イメージ 12
ネクタイの飾り方さえ違います。
イメージ 13
相方がジッと見ていましたが、気がつかないふりしました・・・(~_~;)
イメージ 14
黒の上下が多かったように思います、町並みにはピッタリです。
イメージ 15
ミラノのデパートにも入ってみました。
1Fは日本と同じブランドショップがズラリ!
イメージ 16
最上階で見つけたスイーツフロア。
このハイヒールはすべてチョコです。
イメージ 17
マカロンも超おしゃれです。

このあと、バスに乗ってレストランに移動するはずでしたが
マラソン大会の規制で地下鉄で向かうことになります。
旗つきツアーで地下鉄に乗ることなんて滅多にないので、ラッキー!

④につづく


この記事に

開くトラックバック(0)

イタリア2日目朝5時、時差ボケのせいかやたら早く目が覚めます。

今日の天気予報は、晴れ/曇り、気温22度/7度の予報。

7時から朝食、8時出発です。

今日からイタリア観光の始まりです。

まずはミラノ市内にある「スフォルツェスコ」城へ
イメージ 5
スフォルツァ城は、13世紀後半から15世紀にミラノ公爵として君臨したヴィスコンティ家とスフォルツァ家の居城だったそうです。
イメージ 1
スフォルツァ城の中庭です。
700年も前のお城がそのまま残ってるのがすごいですよね。
イメージ 6
ヴィスコンティ家の紋章って見たことありませんか?
イメージ 7
アルファ ロメオのマークはその紋章を左右が反対にしたものなんですって!
イメージ 2
スフォルツァ城前の道路はミラノの路面電車が走ってます。
街の雰囲気に似合いますね〜〜
イメージ 3
スフォルツェスコ城からつづく石畳を歩きます。
中世にタイムスリップしたようです。
イメージ 12
スフォルツァ城から徒歩でやってきたのはスカラ座。
スカラ座はイタリアを代表するオペラ座です。            

この場所にはサンタ・マリア・デッラ・スカラ教会が建っていて、
その跡地に建設されたので、スカラ座と呼ばれているそうです。
イメージ 13
スカラ座の向かい側のスカラ広場のレオナルド・ダ・ヴィンチの像
1872年にピエトロ・マーニによって製作されたもので、
30歳の頃のダ・ヴィンチです。
イメージ 4
今日のミラノは市民マラソンの日に当たってしまいました。
カメラを向けると、陽気なミラネーゼ達が答えてくれます。
その代わり、交通規制もあって、大型バスはシャットアウト!
今日の市内バス観光も中止。
徒歩と地下鉄で観光することになりました。
イメージ 8
すぐそばのアーケードは1865〜1872年にかけて建設された豪華な建物が現れます。
当時のイタリア国王の名にちなんで「ヴィットリオ・エマヌエーレ2世のガッレリア」です。
イメージ 9
TDRのワールドバザールのモデルらしく、なんか見たことある景色。
イメージ 10
美しい十字型のガッレリアの中央
足元の床は豪華なモザイクで飾られています。
イタリアの各州の紋章も描かれていて、その中の1つ、トリノの紋章は中心に大きな穴が開いています。
イメージ 11
その紋章の中心にかかとをあてて1回転すると良いことがあると言われてます。
Pockyさんの奥様もここで1回転してましたね〜〜
当然、相方も1回転です。

そして、このアーケードを抜けると驚きの光景が待ってました。

③につづく




この記事に

初のヨーロッパ(イタリア)旅行の記録です。

途中で一度アップしたのですが、いろいろあってやり直します。

コメントいただいた方、本当に申し訳ありませんm(_ _)m


さて、今回は、3/18〜3/25の日程でミラノ→ベネチア→フィレンツエ→ローマ

とバスで移動する周遊ツアー。

いわゆる・・・JTBのお姉さんのあとについて歩くヤツです。

今回、8日間で約3,500枚の写真になりました。

ちょっとシツコイですが、自分の旅の記録も兼ねているのでご容赦を。

まずは3/18移動編です。
イメージ 1
千歳発7:50の成田行きに乗らなければならないので5時起き・・・
成田は13:30発のアリタリア航空です。
イメージ 2
ミラノまでは約13時間です。
長げ〜〜〜
イメージ 3
成田では少し時間があっていろいろ見て回れました
YOUたちに人気は浅草のウタマロ?
イメージ 4
窓の下はいつもとは違う風景。
国内線はほとんどが海の上ですが、ずっと大陸の上を飛びます。
中国からロシアの上空を通過していきます。
イメージ 5
機材はエアバスA330
イメージ 6
このあと機内食は、おにぎりやサンドイッチなど軽食が3回も
離陸後2時間ほどすると1回目の機内食です。
日本で作られた食事らしくそこそこです。
イメージ 7
こんなところを飛んでいくんです。
メルカトル地図でしたっけ?
航路がカーブしてますが、確か真っすぐ飛んでも
高緯度では曲線になっちゃうヤツですよね??。
イメージ 8
アルプスを越えます、ここまでくれなもうすぐ
日本人CAさんに「A300は1万キロも一気に飛べるんですね」
と聞いたら「燃料はカツカツなんですよ〜〜」
「向かい風がキツイ時は、途中で給油することがあります」
と言っていました。

日本を出たのが18日の13:30
ミラノは同日の18:30に到着です。
時差が8時間ミラノが遅れるので、感覚的には24+8で
18日は32時間の長い一日となりました。
イメージ 9
ヴォンジョルノ〜〜!
やっとミラノ到着、さすがに13時間は長いっすね。
時差ボケ対策でできるだけ寝ないようにしてきましたが
8時間の時差もかなりきついですね。
イメージ 10
今日は移動のみ、空港近くのホテルに直行です。
イメージ 11
結構立派なホテルでした
イメージ 12
なんと屋外にはプールまで、とはいえ気温は8度!
当然、誰もいません。

18日はミラノについて寝るだけです。
明日はファッションの街ミラノを観光してから
中世の建築物が残るベローナへ行きます。

夜10時、日本時間は8時間進んで日曜日の朝の6時。
みなさん海へ山へ出かけるころですね。

「添乗員と行くイタリア満喫8日間」
まるで運動部の合宿のような日々の始まりです〜〜

この記事に

開くトラックバック(0)

GANG国際

今日は国際、午前中はカメラも持たずにパウダー三昧!

いい雪でした!

早めの昼食のあと4GANGと合流。

まあ、にぎやかだこと・・・でもみんな上手くなったわ〜〜

イメージ 1
GANG爆走族、今日はどうなりますか・・
イメージ 2
さすがにチョッカリはしなくなったので少し安心!
でも、ノンストップは変わりなし。
イメージ 3
ゴンドラの中も超にぎやか〜〜
イメージ 4
昼過ぎからは晴れてきました。
イメージ 5
仲良し4GANGです
イメージ 6
最近手に入れたフィッシュアイレンズ。
子供たちを取るには最高ですね。
イメージ 7
まさに・・・THE GANG 

でも、親たちも大変だわ〜〜
 



この記事に

別府温泉二日目

別府温泉は「ホテル白菊」に宿泊。

3年ぶりに会うメンバーはみんな元気で何より。

懐かしい話で盛り上がり、楽しい時間を過ごしました。

次は2020年に函館の湯の川温泉、幹事を引き受け解散となりました。

イメージ 1
別府温泉のホテル白菊
太刀魚の刺身がうまかった〜
なんと、話に夢中で写真撮り忘れました・・・(~_~;)

ホテルを9時に出発。
14:05発のスカイマークで千歳に戻りますが、多少時間があるので
途中の湯布院へ寄りました、
イメージ 2
湯布院「金鱗湖」
湖面からはモヤが発生する不思議な湖です。
イメージ 3
温泉が湧き出ているようで、多少温度が高いんでしょうね。
イメージ 4
魚もたくさん泳いでいるし、それを狙って鳥たちも訪れます。
イメージ 5
湯布院の駅前にレンタカーを駐車して
「湯の坪街道」を散歩しました
イメージ 6
昔ながらのお店がたくさん。
イメージ 7
梅もまだ咲き始め。
やっと数輪の花を見つけました。
イメージ 8
トトロのお店を発見!
「稲荷前」のバス停もありました。
イメージ 9
ここもYOUが結構多い感じでした。
すれ違う話し声は日本語の方が少ないかな
イメージ 10
湯布院は初めて。
もっと時間があるときに、ゆっくり回ってみたいもんです。
イメージ 11
そろそろ空港に向かわないと間に合わないと大変なので
散策もここまで!
イメージ 12
湯布院から福岡空港までは1時間半ほどでした。
福岡空港は街中にあるため、国道の真上を通って着陸します。
30分ほど時間があったので、アプローチ側に車をとめ
撮影開始!天気がイマイチでしたが、すごい迫力。
イメージ 13
あまり大きな航空機は来ないんですが
近いので迫力満点
いつもの望遠は持っていなかったのですが・・
イメージ 14
150mmでこの迫力です
こりゃ一日いても飽きないわ・・・
今度は天気の良い日に一日写真撮っていたいもんです。
航空写真といえばオデッセイさんも好きなはず、いつか撮影旅行でも行きませんか。
イメージ 15千歳行きは定刻で出発しました。
帰りはなんと2時間かからない予定です。
でも、この写真のあとは爆睡!
着陸態勢のアナウンスまで記憶がありませんでした。

やれやれ、少々疲れ気味の弾丸一人旅!
あっという間でしたが、結構楽しかった〜〜〜 


この記事に

別府温泉へ

同期会で大分の別府温泉に行ってきました。

スカイマークのバーゲンチケットで千歳ー福岡が片道9,000円!

九州滞在時間は24時間の弾丸一人旅ですが、意外と楽しかった〜〜

イメージ 1
スカイマークは初めて乗りました。
イメージ 2
千歳は0度、福岡は15度。
この時期は上着選びに困りますよね。
イメージ 3
福岡空港も久しぶりです。
やっぱり北海道と海の雰囲気が違いますよね。
イメージ 4
別府温泉まではレンタカーを借りました、
タイムズのカーレンタルで1泊2日でなんと4,500円。
それもアクセラスポーツのC2クラスです。
我が家のSWIFTの買い替えで車の進化に驚いていましたが
久しぶりに借りたレンタカーも、コンソールのUSB端子にiPhoneをつなぐと
iPhoneとリンクされました・・・レンタカーでもこんな時代なんですね。
イメージ 5
別府までは大分自動車道で2時間ほどですが
少し時間があったので大分市で高速を降り海沿いへ向かいました。
ちょうど日出町(ひじちょう)という城下町にでたので
車を停めてちょっと散策・・・なんかいいところでした。
イメージ 6
観光案内所に行くと日出町は、あの大戦末期、人間魚雷「回天」の
訓練基地で、回天記念公園がありました。
イメージ 7
実物大の模型も展示されていました。
イメージ 8
潜水艦にしては小さいし、魚雷にしては大きいです。
イメージ 9
一人乗りの有人魚雷の回天、小さなハッチのすぐ下が操縦室です。
イメージ 10
直径は1mです。 この中で、たった一人で敵艦に体当たりしたなんて・・・
あちこともっと見たかったのですが 日没も近く、
宴会の18:30が近いので別府温泉「ホテル白菊」へ急ぎました。

この記事に

開くトラックバック(0)

Rip式クランポン改造

冬の羊蹄、森林帯を抜け1100mぐらいから吹きっさらしの尾根に差し掛かると、

シールだけではいつも苦労する場所があります。

そんなときはスキーにアイゼンのように金属の爪(クランポン)をつけます。

横滑りもしなくなりかなり楽になるのですが、

クライミングサポートと併用すると、構造上どうしても爪が浅くなってしまいます。

RipさんがDIYで工夫していたのをマネて

自分も改造してみました〜〜Ripさんパクってすいませんm(_ _)m
イメージ 1
G3のクランポンを取り付けたところ
自分の靴で踏んづけて氷雪に爪を食い込ませる構造です。
イメージ 2
急斜面を登る場合、こうしてクライミングサポートを使い
かかとを持ち上げて登ります。
そうすると、踏んづけが浮いてしまい爪も浅くなってしまいます。
イメージ 3
そこで・・Rip式ゴムストッパー取り付け術を施しました。
穴を開けて一個70円のゴムを取り付けただけです。
イメージ 4
なんということでしょう〜〜
クライミングサポートの低い方のでピッタリの高さになりました。
イメージ 5
改造前に比べると、爪は倍の長さになりました。
これで今度はガシガシ登れそうです。
イメージ 6
今回、改造に使った工具は・・・・
ドンキホーテで、なんと一式3980円の電動ドリルセット!
トルクスやコンクリート用ドリルなど90以上の部品は
ビットだけでも元取れそうと思い購入!
イメージ 7
安物買いの・・・なんちゃらになるかもしれないと思いましたが
20Vはパワーもありちゃんとバッテリーで動きました(当たり前か・・・)
今回の改造は全てコイツでやりましたが、十分使えそうです。
さすがにに日立やマキタのようなプロ仕様感はなく
なんかチャッチイのですが・・・日曜大工ならいけそうです。

この記事に

高速テスト

日曜日、昨夜遅くまでファミリーパーディー盛り上がり

すっかりで寝坊しましたが

NEW SWIFTで高速ドライブに出かけました。

イメージ 1
クルーズコントロールをセットすれば前のクルマを自動認識、
あとはアクセルやブレーキも全自動でついていきます。
ハンドル操作は必要ですが、路肩の白線を監視してるので
白線に近づくと「ピッピッピ〜!」とハミ出地注意の警報が鳴ります。
おまけによそ見していると、フラツキ注意の警報まで・・・
イメージ 2
クルーズコントロールは115キロまでセット可能です。
東名高速の120キロ化にも対応しているんでしょうかね。
時計の下の自動車マークが前車ロックオンしているサインです。
セットは115キロなのに速度は前車に合わせて90キロで自動走行しています。
その下の横棒は車間距離、これは2段目にセット中。
イメージ 3道東自動車道を楽しくドライブしていたら
釧路まできちゃいました・・・
いつもの美味しいたまごを40個もget!
イメージ 4
フィッシャーマンズワーフMOOで遅いお昼ご飯です
イメージ 5
MOOの目の前に海上保安庁の「あさかぜ」
イメージ 6
カニとウニを仕入れて帰ろうとしましたが、
日曜日で和商市場も休み、今年の釧路は海鮮が不漁らしく、
MOOには欲しいものはありませんでした・・・

札幌に向け「たまご」だけ積んでとんぼ返りです。
二日酔いの相方も酒が抜けたので帰りは運転。
ロックオン走法も気に入ったようです。

それにしても、ナビに加えてハミ出し注意やふらつき警報など
クルマに怒られることが多いっすね。
まあ、それだけいい加減な運転だという証拠なんでしょうけど
「はいはい、わかってますって〜〜〜」
運転中の独り言が増えそうです・・・





この記事に

NEW SWIFT

相方のSWIFTを新型SWIFTに入れ替えました。

理由はカメラ&レーダーの安全装置です。

最近話題になってる、ブレーキをアクセルを踏み間違っても出ない装置付きです。

1/3の初売りで契約したのですが2/25にやっと納車になりました。

イメージ 1
左が新型で右が今まで乗ってたSWIFT
色も一緒です。
イメージ 2
テールレンズがちょっと違いますが
まあ似たようなもんです、後ろのドアノブがピラーに移動しました。
イメージ 3くるまの方はほとんど一緒なのですが
前のSWIFTには一個もなかったハンドルSWがたくさんつきました。
右側はクルーズコントロール。
前の車をレーダーでロックオン?して加減速しながら一定の車間でついていきます
イメージ 4
左側には上はオーディオスイッチとインパネインフォメーション
下はなんとiPhoneをUSBでつなげておけば電話もOKです。
電話がかかってくるとこのボタンで受信。
音声は車のスピーカーから聞こえます。
ルームミラーのところにマイクがあるのでバッチリ会話できます。
大音量でオーディオかけていても、自動的にボリュームは下がる気配りも!
イメージ 5
純正のナビシステムはiPhoneをつなぐとアイコンが表示されて
iPhoneのナビやミュージックなども操作できます。
さすがにゲームは無理ですが・・・。
イメージ 6なんと、siriも起動します。
車のスピーカーから「ご用件はなんでしょう?」
ってな感じで、電話をかけるのもsiriがやってくれます。
イメージ 7
iPhoneのナビと車のナビが連動しているところ。
ほんと大したもんです。

一気にハイテク化した車の取説は、昔の携帯電話よりも厚いのが2冊!
ハンドルSWだけでも15個もあるし・・・
車の取説なんて困ったときにしか見ないもんですが
今回はよく読まないと・・・

それにしても、便利になったわ〜〜。
10年前のボルボなんかよりず〜〜と便利なくるまです。




この記事に

OAKLEY HALF JACKET1.0

海、山、旅行とサングラスはオークリーのハーフジャケットを愛用してます。

軽いし、相当乱暴に扱っても、まず壊れることもなく超丈夫!

もう10年以上愛用しています。

先日の羊蹄でもシッカリと眼を守ってくれていました。

1250m、滑走のためゴーグルに取り替えて、

サングラスはゴーグルの袋に入れたはず・・・・

イメージ 1
家に帰るとレンズがひとつありません!!
リュックの中も探しましたがどこにもありません。
羊蹄山の1250m付近に落としてきたんでしょうね・・・・

新しいサングラスも考えましたが
オークリーのハーフジャケット1.0はすでに絶版モデル。
後継モデルも新品だと3万円近くします。

Amazonを見ていたら、ZEROというメーカーから
旧型のハーフジャケット1.0のレンズが販売されていました。
さっそく・・・ポチっ!
イメージ 2
オークリー製の純正交換レンズは1万5千円ほどしますが
社外品のZEROは3,800円です。
イメージ 3
レンズの色はブルーミラーにしました。
ボルボの色にそっくり ( ̄▽ ̄)V
イメージ 4
付け替えてみましたが純正品とほとんど変わらない装着感
レンズも非常に綺麗です。
イメージ 5
すっかり元に戻りました!
やれやれです。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事