そおやったんか!

民主主義には完成形はなく、民主化の闘争があるのみである。(丸山 真男)

全体表示

[ リスト ]

ブラジルで、フットサルの選手が試合中に事故で亡くなった。



イメージ 1
  これがその写真。
  
  右がシュートをした選手。左側がキーパー、
  人を呼んでいるように見える。
  
  真ん中で倒れているのが亡くなった選手である。



ロングボールで蹴り込まれたパスを、右側にいる白いユニフォームの
選手がワンタッチ、シュートをしたがキーパーに阻まれる。
シュートをした選手は最初、右手を大きく上げ、マイボールを主張。


しかしキーパーは、シュートを防ごうとスライディングした
ディフェンス選手の異常に気付き、何かを叫んでいる。
どおやら人を呼んでいるようであったが...。


まもなく救急隊は到着。
この倒れた選手はストレッチャーに載せられ、身体を固定される。
最初は救急隊員と会話している様子も映像に写っているのだ...が。



スライディングをしたフットサル選手が亡くなる。  (ひろぶろ)

ブラジルのフットサル選手が試合中にスライディングを行った際、剥がれた床の断片が太ももに突き刺さり、病院へ運ばれたものの出血性ショックにより亡くなりました。木の板の断片は腸にまで達したそうです。



イメージ 2
  どういう理由かは、ニュースが
  ポルトガル語であるためわからないが、
  スライディングの際に、床の板が剥がれ
  めくれて太もも付近に刺さったようだ。
  板は45cm×6cmあったのだそうだ。



もちろん床の構造や施工方法に原因があるのだろうが、
まさか...想像もし得ない事故なのである。
この映像は「ひろぶろ」さんで配信されている。


気をつけろ、といわれても...という事故なのであった。

この記事に

開く コメント(17) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事