チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

こんにちは 多胡安那です。

きょうの東京都心は雲が多く、ジメジメとした一日となりました。
最小湿度は51%だったので、めちゃくちゃ湿度が高かったというわけではないんですが、
私はとても湿気を感じました。

というのも、ここしばらく、湿度がかなり低い日が続いていたんです。

イメージ 1

東京の最小湿度を振り返ってみると、
先週末からきのうまでは、連日30%以下。
22日からきのうの昼過ぎまでは、乾燥注意報が発表されていたほど、空気は乾いていました。

これほど乾いた空気に包まれていたのですから、
湿度が50%を少し超えたくらいでも、体感的にムシッと感じられたのでしょう。

ただ、この程度のジメジメ感はまだ序の口。
今年の夏はいつも以上に、じめーとした日が多くなるかもしれません。

きょう発表された最新の3か月予報によると、
今年の夏(6月〜8月)は、全国的に気温が高く、降水量が多い予想です。

イメージ 2
                                             気象庁ホームページより

イメージ 3
                                              気象庁ホームページより

ただでさえ日本の夏は高温多湿なのに、降水量も多いということは、
どれだけ蒸し暑くなるのか・・・。
想像するだけで、汗をかきそうな予報です。

この予報通りにいけば、熱中症の危険度も上がりますし、
大雨による災害が増えることも考えられます。
いろいろと注意が必要な夏になるかもしれません。


多胡安那


この記事に

開く コメント(1)[NEW]

開く トラックバック(1) [NEW]

おはようございます。
秋田の村木祐輔です。

秋田でも内陸を中心に暑い日が続いています。
きょうの最高気温は沿岸の秋田市で26℃、
内陸の横手市では29℃まで上がる予想!

この4月から東京を離れ、
涼しい秋田でしばらくは過ごせる♪と思っていたのに、
考えが甘かったです。。。


そんな中、今年もこちらを始めました。
イメージ 1

夏場にグリーンカーテンにするためのゴーヤの栽培です。

気軽に地球温暖化対策に貢献でき、
夏場の電気代の節約にもつながるため
今や取り組んでいる人も増えてきていると思います。


グリーンカーテンの効果は、
大きく「遮光・遮熱」「蒸散による冷却」の2つ。
どれくらい節約になるかはちょうど1年前のブログ(こちら)をご覧下さい。


最近では、県や市など各自治体でも取り入れている所があります。
秋田市でもグリーンカーテンを推奨していて、
あなたも始めてみませんか?「緑のカーテン」
〜広げよう地球温暖化対策の「環(わ)」〜
というテーマのもと、グリーンカーテンの普及に努めています。

もちろん、その効果も実証されています。
平成21年に行われた実験によると、
グリーンカーテンのない所では気温が32℃を超えた日でも
グリーンカーテンがある所では
気温の上昇が28℃〜29℃くらいまでに抑えられ(下図右)、
さらに壁面温度は、グリーンカーテンのない所に比べて
グリーンカーテンのある所では
最大でなんと12℃も低かったそうです(下図左)。
通常の日陰の箇所と比べても温度が低かったので、
大きな効果が出ていることがわかりますね。

イメージ 2
測定日:平成21年8月12日(火)/秋田市の最高気温27.9℃(秋田地方気象台)/天気:晴れ
場所:秋田市環境部庁舎/測定機器:赤外線放射温度計・棒状温度計


また、秋田市ではグリーンカーテン普及のために
きのうからアサガオの種の配布を開始しています。
イメージ 3

私もきのう早速もらってきて、
ゴーヤに続いて、けさプランターにアサガオの種を植えてみました。
イメージ 4


今年の夏は実際にグリーンカーテンのありなしで
気温や壁面温度がどのくらい変わるのか測ってみて、
効果の程を調べてみようと思います。

結果が得られたらこちらのブログに載せますので
夏場のブログに乞うご期待!


こういった一人ひとりが楽しみながらできる地球温暖化対策が
もっともっと普及すればと願います。
小さなことでも、たくさんの人が参加すれば
大きな効果が得られるはずです!

ちなみにまだ時期的に間に合いますので、
みなさんもグリーンカーテンに
チャレンジしてみてください。


村木祐輔

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1) [NEW]

こんにちは。静岡の手塚です。

実際に使われるのは、約1年先の予定ですが、気象警報に新たな情報が加わります。

↓↓ 気象庁HPより抜粋(http://www.jma.go.jp/jma/press/1605/20a/20160520johokaizen.html
イメージ 5












二つの情報が出るようになります。

①「危険度を時系列に表す」
今、下のような時系列の天気予報がありますが、
イメージとしては、この警報や注意報バージョンです。
(時間の区切り方など、ハッキリした事はまだわかりませんが・・)
いつから危険度が高まってくるかなど、ピークがより分かりやすくなる予定です。
イメージ 1


(気象庁HPより)


②「警報級の現象の可能性」
あす、あさって以降、警報級の現象が起こる可能性を
「高」「中」などで伝えるというものです。

台風は、現在もある程度、危険度を予想できますが、
春の嵐など、急速に低気圧が発達するときは、
何日か前から、危険度がわかり、事前準備がしやすくなるかもしれません。

情報提供は、平成29年の出水期を目処に予定しているようです。

さあ、そして今日の暑さも注意報や警報級!!  
・・と言いたくなる所がありますね。


イメージ 2

東京では今年初めての真夏日に。            (気象庁HPより抜粋)
                       
イメージ 3
午後3時の時点で
全国210の地点で
最高気温30度以上を観測しました。

あすは
少し暑さがおさまりそうですが、

沖縄では週末からの1週間、

かなり気温が高くなるという予想が出ています。

体調管理にお気をつけ下さい


イメージ 4



気象庁HP 異常天候早期警戒情報より(http://www.jma.go.jp/jp/soukei/111_000.html

手塚悠介(プロフィール)
http://www.weathermap.co.jp/caster/tezuka-yusuke/



    

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事