チーム森田の“天気で斬る!”

森田正光はじめ人気お天気キャスターによるチームブログ。

おはようございます。多胡安那です。

今年も早いもので、まもなく10月。
辺りは少しずつ、秋らしく変わってきました。

イメージ 1
                                                      【金木犀】
                        
残暑が厳しいながらも、日の短さや食卓にならぶ秋の味覚、雲の形などから、
秋の訪れを感じることができます。

そして、秋の風物詩といえば、金木犀(キンモクセイ)。
あの甘い香りに、呼び止められてしまうという方も多いんではないでしょうか。


金木犀はモクセイ科の常緑性樹木なのですが、
同じモクセイ科に、「銀木犀(ギンモクセイ)」というお花があります。

イメージ 2
                                                  【銀木犀のつぼみ】


銀木犀のお花は白っぽいクリーム色で、金木犀と同様、独特の甘い香りが特徴。
東京・文京区にある六義園では、つぼみの段階でも心地よい香りを漂わせていました。


金木犀と銀木犀は、どちらもこれからがシーズンのお花です。
今年の夏は、メダルの金・銀・銅に日本中が沸きましたが、
秋は、金と銀のお花に注目してみてください。


多胡安那


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

こんにちは。
秋田っこ村木です。

収穫の秋。
おいしいお米はもちろん、秋田では新米を使ったきりたんぽ作りも始まり、
本格的な“味覚の秋”となっています。
イメージ 1


そんな秋田には、米の豊作をもたらす“宝風”という風が吹くのをご存知でしょうか?
仙北市生保内(おぼない)地区にある民謡「生保内節」にも登場します。

「吹けや生保内東風 七日も八日も
 吹けば宝風 ノオ稲みのる」

歌いだしの所にあり、いかに宝風が重要かを感じさせます。



では、その宝風とはどんな時に吹くどんな風なのでしょうか?
今年、宝風が吹いた(と思われる)時の天気図がこちら。

イメージ 2

少し天気に詳しい方ならすぐにわかると思います。
オホーツク海高気圧の勢力が強く、
北東気流が入りやすい気圧配置です。
「北東気流→やませ→冷害」のイメージが強いですが、
必ずしもそうとは限りません。

たしかに太平洋側では、やませが吹くと
すっきりしない天気で気温が上がりません。
ただ反対に、秋田県など日本海側は晴れて暖かくなります。
つまり東からの山越えフェーンの暖かい吹き下ろし風が“宝風”

大平洋側では冷害をもたらすやませも
日本海側では豊作をもたらす“宝”になるのです。

イメージ 6


ちなみに生保内地区には宝風橋という橋もあって、
いかに宝風が地元に方に密接した重要なものかというのがわかりますね。
イメージ 3

イメージ 4
橋の北東側にあたる山からの山越えフェーンの風が、

イメージ 5
橋の南西側に吹きおりて宝風になる。


この宝風を受けた秋田のお米。
今年の夏から秋にかけての県内は、
気温が平年より高く、日照時間も多くなったため
おいしいお米が期待ができそうです。
この秋はぜひ秋田のお米、そして新米のきりたんぽをご賞味ください。



さて、このように秋田県には“宝”と称される風が存在しますが、
同じ風でも現在、暴風・強風の吹いている所があります。
イメージ 7
それは、先島諸島。
石垣島の南にある台風17号が、大型で非常に強い勢力に発達中です。
今後も西寄りに進み、午後には台湾に上陸する見込みです。
先島諸島では暴風や高波に警戒が必要です。


この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

こんにちは。静岡の手塚です。
最新の台風情報がこちら
イメージ 4



今夜から明日にかけて先島諸島に最も近づく見込みです。近づく時には非常に強い勢力。
現在よりも中心付近の風が強くなって近づくことが予想されます。
先島諸島は、今夜には暴風になる見込みです。

予想最大瞬間風速    35メートル
予想雨量(あすの朝まで)100ミリ~200ミリ

台風から離れた奄美も、今夜には大しけとなる見込みですので
海には近づかないようにして下さい。


右の写真はきのうの静岡市内の空
イメージ 1

きのう、河津気象予報士の記事にもあったように、富士山が雪化粧しました。

それと同時に、静岡市内では久しぶりの太陽で、
思わず写真を撮ってしまいました。
   
この1ヶ月、日差しが少ないですね。

特に東日本から西日本では
平年の80%以下の所がほとんど。

秋雨前線は、例年だと、10月の半ばあたりまで影響が出てきます。
具体的にいつ頃までかは、現時点で分かりませんが、
東日本や西日本は10月上旬も、くもりや雨が多くなりそうです。
                           (出典:気象庁HP)
イメージ 2

イメージ 3

雨が多くて外に出る機会が少ない。そんな時、最近の私の楽しみは「お茶です」

お茶は、4月後半〜5月前半の1番茶から、少しずつ時期をずらして2番茶や3番茶がありますよね。

これは静岡では今年最後の茶摘みであろう、秋冬番茶です。

新茶の方が甘みを感じますが、秋摘みのお茶も、濃いんですが、後味スッキリで飲めて美味しいです。お茶の味も季節で変わっていく楽しみがあります。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事