パレット日和

結婚7年目。ついにダンナの実家に入りました。

教員免許更新:放送大学22年夏

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]

過去問シリーズ☆情報社会に対応した学校教育

この記事は、放送大学の教員免許更新講習・修了試験の過去問です。
 
全問題ではなく、抜粋で紹介します。(1コマの講座につき1問の設問があります。)
 
講義の内容によって、設問も変化すると思われます。
 
年度ごとに講師・講義内容が変われば設問も全く異なると予想されます。
 
「私の選択した回答」は、あくまでも私の回答であり正答かどうかは不明です。
 
 
実施日:平成22年8月21日(土)
 
----------------------------------------------------------
「情報社会に対応した学校教育」  択一式 全8問
 
 
問3 授業におけるICT活用の学習効果に関して述べた次の文章について、
   (ア)に入る言葉として最も適切なものを、以下の①〜④の中から一つ選べ。
 
    デジタルコンテンツは、何度でも繰り返し( ア )できるので、つまずきが生じた時に、
    必要な子どもに見せることができる。
 
 
  ① 活動
 
  ② 冒険
 
  ③ 再生
 
  ④ 合流
 
 
私が選択した回答→③
 
 
 
問5 平成21年の高等学校学習指導要領で改訂された教科「情報」の科目に関して述べた次の文章について
   ( ア )に入る数字と、( イ )に入る文言の組み合わせとして最も適切なものを、以下の①〜④の中から
   一つ選べ。
 
   普通教科「情報」は( ア )科目の選択必履修である。科目名は( イ )である。
 
 
   ① ( ア ) 2   ( イ ) 「社会と情報」 および 「情報の科学」
 
   ② ( ア ) 2   ( イ ) 「情報と社会」 および 「科学的情報」
 
   ③ ( ア ) 2   ( イ ) 「情報A」、「情報B」 および 「情報C」
 
   ④ ( ア ) 2   ( イ ) 「情報入門」、「情報発展」 および 「情報応用」
 
 
私が選択した回答→①
 
 
-----------------------------------------------------------------
 
まあ、この講義の認定試験は・・・。
 
難易度が低い(低すぎる)問題と、難しい問題の温度差がめちゃめちゃ激しかったです。
 
高校の「情報」の授業って・・・免許更新に必要か???と甚だ疑問でした。
 
 
文章を読み解く問題は、はっきり言って文脈で常識的に答えられます。
 
単語選択の問題は、なかなかハードル高いです。

開く トラックバック

過去問シリーズ☆スクールカウンセリング

この記事は、放送大学の教員免許更新講習・修了試験の過去問です。
 
全問題ではなく、抜粋で紹介します。(1コマの講座につき1問の設問があります。)
 
講義の内容によって、設問も変化すると思われます。
 
年度ごとに講師・講義内容が変われば設問も全く異なると予想されます。
 
「私の選択した回答」は、あくまでも私の回答であり正答かどうかは不明です。
 
 
実施日:平成22年8月21日(土)
 
----------------------------------------------------------
「スクールカウンセリング」  択一式 全8問
 
 
問1 スクールカウンセラーが教師と最も異なるところを、次の①〜④のうちから、一つ選べ。
 
 ① 児童・生徒へ知識技術を伝達する。
 
 ② 児童・生徒の努力を支持する。
 
 ③ 児童・生徒に方法を教示する。
 
 ④ 児童・生徒の可能性や潜在力を待つ。
 
 
私が選択した回答→④
 
 
 
問2 教師とスクールカウンセラーとの連携について、次の①〜④のうちから、正しいものを一つ選べ。
 
 ① スクールカウンセラーは守秘義務を負っているので、児童・生徒から聞いた
    どの様な情報も教師に伝えることはない。
 
 ② スクールカウンセラーと面接をしている生徒については、カウンセリングの進展を妨げることのないように、
    教師はできるだけ関わらないようにするべきである。
 
 ③ スクールカウンセラーは教師にメンタルケアにも活用できる。
 
 ④ 教師とスクールカウンセラーとは常に同じ視点から、児童・生徒を理解しなくてはならない。
 
 
私が選択した回答→③
 
 
------------------------------------------------------
 
スクールカウンセラーについて「正しいものを一つ選べ」という問いがほとんどだった。
 
選択肢の文章が長く読解力が必要だったが、明らかなダミーも多く、難易度は低かった。
 
 
問1は設問の文章の意味そのものがよく分からず、自信なく「④」を選択した。

開く トラックバック

過去問シリーズ☆教育の最新情報☆

この記事は、放送大学の教員免許更新講習・修了試験の過去問です。
 
全問題ではなく、抜粋で紹介します。(1コマの講座につき1問の設問があります。)
 
講義の内容によって、設問も変化すると思われます。
 
年度ごとに講師・講義内容が変われば設問も全く異なると予想されます。
 
「私の選択した回答」は、あくまでも私の回答であり正答かどうかは不明です。
 
 
実施日:平成22年8月21日(土)
 
----------------------------------------------------------
「教育の最新事情」  択一式 全15問 
 
 
問1 教師は教える専門家であると同時に学びの専門家であると言われる。
   この点について、次の1〜4のうちから、適切でないものを一つ選べ。
 
 
 ① 教科内容に関する教養を高度化していくことが求められている。
 
 ② 同僚と共に学び合っていくことが求められている。
 
 ③ IT機材等のメディアの変化を学ぶ特定の専門家の養成が求められている。
 
 ④ 子ども達の変化に対応できるよう学びの質に敏感であることが求められている。
 
 
私が選択した回答→③
 
 
 
 
問2 我が国における公立義務教育学校の教員給与について、次の①〜④のうちから
    誤ったものを一つ選べ。
 
 
 ① 都道府県の財政から支払われるが、その三分の一を国が負担する。
 
 ② わが国の教員給与は、OECDの調査に寄れば、OECD加盟国の中でも低い方である。
 
 ③ 我が国の教員給与の最高額と初任給との差は、OECDの調査結果によれば、
    OECD加盟国の中では大きい方である。
 
 ④ その仕事の特質から、超過勤務手当が支払われない代わりに、
    一律4%の教職調整額が支払われている。
 
 
私が選択した回答→②? これが一番分からない問いでした。
 
 
 
問3 教師の「資質能力」を幅広くとらえた際の諸側面として述べた次の①〜④のうちから、
    適当でないものを一つ選べ。
 
 
 ① 教科指導・生徒指導・学級学校マネジメントにかかわる能力
 
 ② 子ども感・教育観の確立
 
 ③ 完全無欠の人間性
 
 ④ 日常的な教職自己成長への態度
 
 
私が選択した回答→③
 
 
---------------------------------------------------------
 
問2は、講義の中で触れられていた気もしますが・・・
テキストに文面として書かれていない部分からの出題でした。
 
というわけで、あとで答え合わせをしても結局正答はわかりませんでした。
 
 
こんな感じで「誤った記述」や「間違っているもの」を答える問いが多かったです。
 
4つのうち、3つ正しいものを消去していけば回答が導かれるので難易度は高くありませんでした。
 

開く トラックバック

結果が返ってきました

かれこれ3週間まえくらいに、放送大学の試験結果が送付されてきました。
 
(なんと、名前の漢字が間違っていたので再発行。なんなんだ。)
 
 
結果、4科目すべて認定でした!やったね。
 
 
今度はこの修了認定証を、福井県教育委員会に送付。
 
発行手数料(3,500円くらいだったかな)を付けて、申請書もつけて。
 
・・・・・・・・・・・・・面倒くさい・・・。
 
 
2学期は、久しぶりに学校で仕事して、改めて教える仕事の面白さを感じていますが・・・。
 
やっぱり私には教職はムリだな・・・と思ってしまう今日この頃。
 
 
お金と時間をかけた講義なので、更新はします。更新はしますとも。
 
でもなんだか向こう10年も、この免許「ただの紙切れ」になってしまいそうな予感です。
 
 

開く コメント(10)

開く トラックバック(0)

更新講習修了認定試験の概要

放送大学の「教員免許更新講習・修了試験」のレポートです。
 
2010年夏期講習の情報です。その後変更があるかもしれないので、あくまでもご参考までに・・・。
 
*****************************************************
 
試験は択一式のマークシート方式です。
 
マークシートなので、余裕をもって鉛筆を3本持参しましたが・・・あまりの問題の少なさに驚きました
 
 
必須科目15時間・選択科目それぞれ8時間の受講で、
 
1時間の講義につき1問出題という、なんとも明快な出題方でした。
 
(したがって、必須は15問・選択は8問しか出題されません。)
 
 
 
『○○について、正しい記述を次の1〜4の中から選びなさい。』
 
という設問が多く、知識というか読解力が必要な問いが多かったというのが感想です。
 
(「情報社会」は『空欄に適切な単語を選びなさい』のような知識的な問いが多かったです。)
 
 
30分の試験時間がありましたが、いかんせん問題は8問。5分で終わります。
 
正答率60%で単位認定。
 
なので、8問しかない試験では、最低5問は正解しなくてはいけません。
 
 
 
試験開始10分前に着席、マークシートに必要事項を記入したりマークしたりしました。
 
今思うと、試験時間内にさせてもらいたかったかも。
 
試験開始5分前に着席するようにして、もう少し「直前の詰め込みタイム」を増やして欲しかったと思いました。
 
 
 
詳しい設問の内容は後日アップします。

開く コメント(11)

開く トラックバック(0)

全2ページ

[1] [2]

[ 次のページ ]


.

人気度

ヘルプ

Yahoo Image

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
 今日全体
訪問者332268
ブログリンク06
コメント0626
トラックバック02

毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事