「医療」と「健康」の運動指導者ブログ

ご訪問ありがとうございます。健康運動指導士・健康科学アドバイザーとして「医療」と「健康」について発信していきます。

全体表示

[ リスト ]

今回は、サイドレッグレイズというエクササイズに焦点を当ててお話しさせていただきます。

【サイドレッグレイズとは?】

まず、サイドレイズとは横(サイド)に脚(レッグ)を挙げる(レイズ)という、読んで字の如しで股関節を鍛えるエクササイズです。
イメージ 1
では、股関節を鍛えるといっても、どこを鍛えていて、なぜ鍛えなければならないのか?

股関節を外側に開くために必要な筋肉は、主にお尻の筋肉(小臀筋・中臀筋)や膝と股関節を跨ぐ(二関節筋)大腿筋膜張筋などがあります。
イメージ 2
↑中臀筋
イメージ 3

☆大腿筋膜(張筋)

股関節は、体重支持の為に大変重要な役割を果たしています。

介護予防では、転倒予防や女性が気になるヒップアップのエクササイズとしてもとても大事です。

で、このサイドレッグレイズがとてもいいエクササイズになるのですが、意外と難しいんです💦

踝(くるぶし)→膝の皿の後部→股関節(大転子)を一直線にして挙上させる際に前後に傾かないようにする事が必要です。

しっかりと正しくできている方には、お勧めしますがなかなかうまく出来ないという方には、逆に腰痛などを誘発するかもしれませんので注意が必要ですね。


次回は、そういったサイドレッグレイズがうまく出来ない方に違った切り口でご説明いたします。

この記事に

開く コメント(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事