全体表示

[ リスト ]

現代ロテム輸出ウクライナ高速鉄道、全面運行中断

ウクライナ鉄道庁公式発表、10両全量技術欠陥の可能性…'異例的措置'に後続措置に注目
現代ロテム"原因把握中、国内技術研究所チーム急派する"
2010年現代総合商社とコンソーシアム形態で3500億ウォンで輸出した高速鉄道

[アジア経済イム・ソンテ記者、キム・スンミ記者]
ウクライナを走った現代ロテム製高速鉄道10編成(90両)が、無期限運行中断された。 ウクライナ政府が技術欠陥を前に出しているが、まだ具体的な原因は把握されないでいる。 その間、現代ロテムが輸出した特定電車が技術問題でしばらく運行が遅れたことはあったが、輸出車両全両が約束なしで立ち止まったのは今回が初めてだ。

14日現地の主な外信および現代ロテムによれば、ウクライナ鉄道庁は去る12日(現地時間) "韓国企業である現代ロテムから輸入した郊外線高速鉄道10編の運行を全面中断する"と公式発表した。 ウクライナ特急(Ukrainian Express)と名前をつけた該当高速鉄道は、ウクライナ、キエフ・カリコプ・トネスクなど3大都市を連結する最高速度160kmの電車だ。 現代ロテムは、2010年11月現代総合商社とコンソーシアムを結んでウクライナに輸出した。 規模は合計3500億ウォンだ。
現代ロテム関係者は"現地時間で去る10日からウクライナ郊外線運行が全面中断され、現在では運行が再開になるのか分からない"として"現地に派遣中であるメンテナンスチームが、原因を把握中であり、近い将来(国内)技術研究牛チームを急派して、正確な原因を調査した後、対応策を用意するだろう"と説明した。

ウクライナ鉄道庁の運行中断決定は、数年間持続した現代ロテム製高速鉄道に対する国民不満を意識した措置と見える。 今回運行が中断されたウクライナ高速鉄道は、試運転段階から技術的問題で国民不満を育てたためだ。 2012年12月納品直後、約半月間進行された試運転中、現代ロテム高速鉄道10編は合計20回の故障が発生、乗客が不便を体験したことがある。
ついに、昨年1月ヴィクトル・ヤヌコビッチ ウクライナ大統領が"(高速鉄道サプライヤーとして)現代ロテムは深刻な失敗であった"として、国民を相手に公式謝罪し事態鎮火に出た。 だが、引き続き同じ年12月と今年1月にも特定電車に技術欠陥が発生して、また停車遅延騒動が広がるとすぐに現地人の不満はより一層大きくなった。 1月の電車遅延で被害を受けた乗客にウクライナ鉄道公社は10万ドルを補償した。

http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014021410270652661

>ウクライナを走った現代ロテム製高速鉄道10編成(90両)が、無期限運行中断された。

うわ〜、台湾の二の舞だな。ウクライナ・・・

安物買いの銭失いそのもの。

> 2012年12月納品直後、約半月間進行された試運転中、現代ロテム高速鉄道10編は合計20回の故障が発生、乗客が不便を体験したことがある。

そう言えば、ヒュンダイ列車がウクライナの寒さで故障して乗客が凍死寸前に陥ったなんてニュースを見たことが・・・

ウクライナで韓国製の列車が故障続き1 ウクライナTV  

>昨年1月ヴィクトル・ヤヌコビッチ ウクライナ大統領が"(高速鉄道サプライヤーとして)現代ロテムは深刻な失敗であった"として、国民を相手に公式謝罪し事態鎮火に出た

さすがに、ウクライナ大統領もこんな欠陥列車を売った韓国現代ロテムには怒りを覚え、国民に謝罪。

>現代ロテム関係者は"現地時間で去る10日からウクライナ郊外線運行が全面中断され、現在では運行が再開になるのか分からない"として"現地に派遣中であるメンテナンスチームが、原因を把握中

現代ロテム側は、「原因が不明ニダ!」と言い訳中・・・。

イメージ 1

現地住民の間では「ヒュンダイ」は最悪を意味する悪口になったらしい・・・

あ〜あ、また嫌韓派が増えてしまった・・・w

この記事に

開く コメント(15) ログインしてすべて表示

開く トラックバック(0) ログインしてすべて表示


.


プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2016 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事