ちけん坊のブログ

日頃の仏事での出来事や感じた事などを綴っています。写真は花や虫を中心に自然の風景を掲載しています。

祈りの風景

すべて表示

路傍のお地蔵さん

いつも通っている路傍の空き地にお地蔵さんがあった。随分と古くからあって、通る度に右手でハンドルを握りながら左手を立ててよく拝んでいたものだ。季節ごとに雑草のような花が供えられていたので、誰か他にも拝まれていたのだろう。ところが、最近その空き地に大きな建築資材が置かれお地蔵さんが全く見えなくなってしまった。

おそらくお地蔵さんは田んぼの畦道と空き地の境目に祀られていて、空き地に置かれた建築資材の向こうにおられるようだ。この数か月の間、通る度に気になっていたので思い切って確認してみた。やっぱりお地蔵さんはおられたが、お地蔵さんのわずか二十センチほど前に建築資材が高く積まれているのでどうすることもできない。

お地蔵さんの背面には施主さんの名前と子供の戒名が彫り込まれている。おそらくこの道路で事故に遭われたのだろう。子供の菩提と交通安全を願って祀られたようだ。空き地は建築会社の所有なのかも知れないが、お地蔵さんも路傍の石ころ扱いで何かやるせない思いがする。早いうちに建築資材が撤去されることを祈るしかないのだろうか・・・

◆勿忘草が咲いていた。
イメージ 1

その他の最新記事

すべて表示

総会議題への感謝

2017/2/27(月) 午後 9:05

昨日は、大師講を兼ねて寺の総会があった。住職になりたての頃はかなりのプレッシャーを感じて嫌で仕方なかったが、長くしていると行事の一つとしてすんなりと受け入れている自分がいる。今回は議題が多かったのですんなりと終わるかどうか心配していたが、予定時間に終わった。 今年はぼけ封じ観音の当番寺院で持ち回りの法要をしなければいけない。西国霊場に加盟している ...すべて表示すべて表示

逮夜参りの妙味

2017/2/25(土) 午前 9:02

昨日の晩は、午後七時から檀家様の四七日忌のお参りをさせていただいた。今までは雪や雨の中のお参りばかりであったが、久しぶりの星空である。三月も間近となって、ようやく春の兆しなのだろうか。そんなことを思いながらお参りさせていただいた。 拝んでいると、中陰壇に飾られている花がとてもきれいである。先週にお参りした時まではお葬式の時に飾られていた生花であっ ...すべて表示すべて表示

お骨の行方

2016/12/6(火) 午後 5:00

一昨年のことであるが、納骨をしようと墓石の下に設けられている石室を覗いてみると一杯の人骨で溢れていた。おそらく今の施主さんの曾祖母、祖母、父親の五人ではないかと思われるが、曾祖母は長生きされたので火葬が始まった直後に納骨されたのだろう。それにしてもきれいに残っているものだと感心した記憶がある。 特に最近の火葬は短時間で高温処理するのでお骨は炭化状態 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事