ちけん坊のブログ

日頃の仏事での出来事や感じた事などを綴っています。写真は花や虫を中心に自然の風景を掲載しています。

祈りの風景

すべて表示

寺の屋根瓦

朝方に寺の屋根瓦の一部が破損して地面に落ちているのを見つけた。瓦と瓦が重なるへの字に曲がった端切れで、すくに雨漏りに繋がる部分ではない。考えてみると、私が五才ぐらいの時に瓦を葺き替えたもので五十五年余り経っているので長年の劣化によるものだ。

寺の前役員さんや今回の役員さんにも言ってはいるが、余り真剣には考えてもらえない。何かあってからでは遅いと思うが、雨漏りなどの不測の事態が起きていないのでアクションを起こされないのだろう。屋根瓦だけでなく、骨格は明治の初めに建てられたままでかなり老朽化している。

檀家様が減り続け少子高齢化にある現状では、何とか今の建物を維持するしか道はないのかも知れないが、その修繕や維持にもかなりの費用が必要だ。毎年の役員会の度に檀家様に積立をお願いしてみてはとアドバイスしているが、私の意見が通ることはない。私の代で廃寺になることだけは避けたいと日々苦悩が続く・・・

※今年もモリアオガエルが池の周りに白い卵を産み付けている。写真はモリアオガエル。
イメージ 1

その他の最新記事

すべて表示

正式な霊供膳

2016/3/21(月) 午後 4:05

昨日、遠方に住んでおられる信者さん宅へお参りさせて頂いた。今年の一月に親戚の叔父さんが亡くなられ、先月に四十九日を済まされたばかりらしい。その時に、そこの住職からお霊供膳は日頃私たちの食べているものを何でもいいので供えてくださいと言われたそうだ。当然、魚や肉も供えても良いということになる。 私は当家でお霊供膳は精進でないといけませんと言っていたの ...すべて表示すべて表示

恩師への手紙

2016/3/18(金) 午後 5:04

一週間ほど前に、町内にある浄土宗のお寺さんから手紙をもらった。昨年の十月にその寺の老僧が九十二歳で遷化されたのであるが、私の中学時代の恩師でもある。遺品を整理していたら、「満九十歳の卒寿を迎えるに当たり、思いつきのまま記しておこうと思う・・・」と家系図など様々な事が書かれていて途中で終わっていたそうだ。 おそらく「自分史」を作りたかったのだろうと ...すべて表示すべて表示

ぼけ封じ観音の成立ち

2016/2/19(金) 午後 4:51

先日、分厚い朱印帳を持たれた老人が「ここに朱印をお願いします」と寺へやって来られた。私の寺は三つの霊場に入っているのであるが、圧倒的に「ぼけ封じ観音」の朱印が多い。この方も「西国三十三ヵ所観音霊場」を巡拝し終わって新たに「ぼけ封じ十楽観音霊場」を巡礼されていたのである。 少しお話しをしていたら、「どうして観音霊場なのに十ヶ寺しかないのですか」と尋 ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事