Möbius strip

sapuri@kcDisciplineという名でTwitterを始めました(今更)

フライング寄生

イメージ 1


久々に遊戯王の記事をあげてみます。
現在一番使っているフライング寄生デッキです。恐竜、スーガ、狩場などと共に1/22現在でランク戦の環境の選択肢の一つです。

以下備忘録コメント

1蟲笛は環境によって枚数を変えること。繭、4つ星ピン指しが流行した兆しを見せてるので今回は不採用。

2シャドーキラーは仮面をいれない構築のため抜いてもいいかも。バズー二枚目辺りと交換検討余地あり。

3メタル化腐るケースがままあるため、出来れば銀幕に変えたい。二枚目欲しい。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

巷で流行中の結界型メタビを作ってみました。デッキレシピの大元はkodai様のものを拝借させて頂いています。
相手が並べる前に強い結界像かパキケを立てて蓋をする、というのが基本的なコンセプトになります。
単純そうに見えて実はかなり奥が深いデッキで、マッチの際は先行・後攻でまるっきり動き方が変わってきます。
平たく言えば、先行の場合はとにかく蓋をすることを考えて動き、後攻の場合はいかに相手しまった蓋を閉じて上から蓋をするかにかかってます。以下雑感。



大元のデッキレシピではやや酷評気味だった強脱ですが、私としては全然あり、というか強いと思います。
相手先行1tでグルグルされちゃったときに強脱があるとなんとかなるケースがありますし、ライフトレースで追い込むときに無理やりバウンスして殴り倒すこともできるので採用の余地はあるかなと。

また、サイクロンは後手の時だけでOKなんじゃないかと思っていたのですが、地獄門だのユニオンのフィールドだので一気にグルグル回されてゲーム終了というケースが多かったのでメインインしました。

サイドデッキに関しては特筆すべきことはないですが、色々回しているうちに闇の護封剣か月の書は必要かなと感じ始めています。結局昔とは違ってモンスターが物凄くインフレした効果(破壊耐性・効果無効・対象とれない等等)を持っているので裏側にしないとなんとも出来ないケースが多いですね。

後、ライオウと閃光についてはそれぞれ手違いとマクロの二つで悩んだのですが、魔法・罠ゾーンを埋めてしまうということが思いのほか痛いのといずれも永続カードということで無効化されやすいことを考慮し、モンスターを採用しました。ただし、命削りが使いにくくなるのと1ターンに一枚しか展開できないということがデメリットになります。

昔とは違いteer1のデッキがいくつもある群雄割拠の時代なのでメタる難しさは出てきていると思いますが、メタビート好き(というか特殊召喚嫌い)な私としては楽しいです。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

メタビートは楽しい

イメージ 1


久しぶりにデッキを作ってみました。
月鏡の盾とナイトドラゴリッチ以外は昔懐かしの人でも知っているカードで組んでいます。
adsシングルで8戦したところサクッと7勝できてしまったので、今でもメタビートって結構ありなんじゃね?と思いました。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事