みんな、元気ー?


自分は・・・・


ふつう


つーことで、ヤバイよヤバイ


とうとう、踏み入れてはいけない世界に入ってしまった


それは・・・・


時は昨年の秋


場所は神田のスキー街のあるショップ


ウエアコーナーに、超〜ニセ外人好みのスキーウエアがあるじゃないですか


ブランド名は

イメージ 1


聞いた事あるようなないような・・・


後に知ったんだけど山系で有名らしいね


でね、そのウエアの値段をみたらビックリ

イメージ 2



イメージ 3

ウエアとパンツで16万円


値引きは一切なし


16万円っていったら家族4人が6ヶ月遊んで暮らせる金額だ
(ちょっと大袈裟


買うのは無理だソーダソーダ

・・・・・

月日が流れ・・・・


クラブ員のSさんからある情報を頂いた


それは、海外のショップでノローナが多少割引で買えるというもの


Sさんありがと〜ブチュー


しかーし、多少割引があっても高いものは高い


尚且つ、海外のサイトで買い物なんてした事ない


そしてドイツの会社だ

イメージ 4


ドイツ語なんて全く分からない、英語だってdogとcatレベルだ


日本語だってイマイチなのに・・・・


ふんぎりが付かず、のらりくらりした日々が続いた


そんなある日・・・


ぽち凸


ギャー、ぽち凸しちゃったよ


なんでぽち凸したか分からない


やっぱ物欲が頂点に達してたんだろうな


こーなったらグーグルの翻訳使いながら手続きするぜ


アセアセ


ところで\でも$でもない、これはユーロ?って読むのかな?


その下に29%ってのも気になる

イメージ 5


日本円でいくら払うか分からないけど、たぶんいくらか安くなってるはず


クレジットカードってドイツでも使えるのね便利な世の中だね


ハラハラドキドキしながらどうにか手続き完了??

  

ポチしてから3日してメールが来てた


なにやらDHLっていう運送会社で発送したから追跡できるよって事らしい


それにしてもドイツ語は難しい・・・・って思ったら英語のようだ


イメージ 6

翻訳を使うと


目的地のパーセルセンターで処理されてるって


なんだ?パーセルって


秘密基地かなんかか?


処理?ってなんなんだ?


一体、買ったウエアをどーしよーっていうんだ?


不安だ


こんな絵があった


イメージ 7

イメージ 8


この絵を見ると 荷物が飛行機と船に乗って、こっちにやって来た的な感じだ


あとは帽子被ったオッサンが家の前まで来てくれるのを待つだけっぽいね


サイトで買い物して現在4日目


まだ着くはずないよね


こんなに早く来るはずないと思うのでもう少し余裕をかまして待ってみたいと思います


楽しみの中にも不安あり



ぶろぐ村のランキング見ていってね ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 11


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く トラックバック(0)

先日 ブログに動画を載せると、見ず知らずのオジサンがダメだしする


って記事を書きました


ブログに限らずyou tubeやSNSでもスキーの動画をアップされる方は多いと思います


そんな中、聞いてもいないのに滑りに対して赤の他人からダメだしコメントされる


第三者から見ると「しらける」というか、上から目線が痛々しいし結構迷惑行為なんだよね

・・・

そんな中、あの有名ブロガーさんがそれらについて記事にされていたので、それを元に今日は記事にしたいと思います

(有名ブロガーさんは一流ミュージシャンでありながら大きなバイクを乗りこなすスキーヤーさんです

バイクは壊れたので売ってしまいました


実はミュージシャンブロガーさんはこんな事を書かれていました


you tubeにアップされた他人の滑りに対して「過去に一度アドバイス?を含むコメントをした」と謝罪をしてました
潔いッス


自分も読ませて頂きましたが、たしかにアドバイスもありましたが、周りの人のクソバイスに対してその人をかばってあげるものでした


ミュージシャンブロガーさんも書かれていましたが、他人の滑りに対してどこが悪いだのとコメントするのはアドバイスではなくて、書き込む側の欲求を満たすためのものに過ぎない


滑りをアップしてる人って他人から滑りのアドバイスが欲しいわけじゃないでしょ


空気読まなくっちゃ


どの程度ならアドバイスしていい?・・・・って事ではなくイチイチ他人の滑りにダメだしする必要などないと思うんだ


単に楽しく滑るのが目的だったり、動画をUPするのが目的の人だって多いんだからね


そもそも、逆を考えた方がいい


ご自分がゲレンデで滑ってたら、見ず知らずのどんなレベルかも分からないオッサンから「あなたは金払って正しく教えてもらいなさい」なんて言われたら「オマエ馬鹿か?」って思うでしょ


教えてもらいたい人はスキー学校に入るなり、上手い人に教えを乞うから安心して


相手を見てお願いするから心配するなって←ここ大事
  

結局のところクソバイスって動画に対して、自分の欲求を満たしてるだけ


相手に対してのアドバイスはできてないとおもうよ、まして挑発してる可能性も多々あるんだよね



最後に・・・ミュージシャンブロガーさんが記事にされてた you tubeのコメントを勝手ながらリンクさせていただきます




イメージ 1



動画主さんの気持ちを考えて・・・



言いたいのはこーいうことです


この記事に興味を持って頂けましたら ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 11


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(7)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハロー


ニセ外人ブログにお越しくださいましてありがとうございますブチュー


さて今日はジャッジングと信頼というお話しです


先日お仕事でジャッジを務めさせていただきました
(あ、先日のテククラ検定のジャッジじゃないからね  技術選 系のジャッジです)


このブログで何度も書いてる事ですが、自分たちがやってるイントラって教えるだけが仕事ではない


アルペンやノルディック関係や作業


そして、ジャッジというお仕事があります



われわれが行ってるテクニカル(基礎)スキーって指導員資格と検定員資格があるんだけど


検定員資格はA級、B級、C級とありまして、決して難しい試験ではなく条件さえあてはまれば多くの指導員が取得できます


現在指導員資格を持ってる人が全国で4〜5万人、その内の8〜9割くらいが検定員資格をも持ってます


ところが、多くの方はジャッジに携わる機会がない


資格を持っているけどジャッジした事がない方がほとんどだと思います


一方、ジャッジをされる方ってクラブの重鎮や県連役員、そしてイントラなど一部の人がメインなんだよね


でもね、自分はそれでイイと思うんだ


何万人もの人が検定やったら基準が今以上にブレブレになっちゃうし


なるべく限られた人だけが検定に携わったほうが厳正公平さは増すと思います

 

でね


検定員に必要なものは何か?


って聞かれたら自分が一番に思うのは信頼だと思うんだ


いくら資格を持っていても、検定経験もなく、たまにスキーに行くだけで滑りもイマイチなオジサンにお金払って評価されるのは ノーサンキューでしょ


やっぱ信頼のおける人じゃないとね


でねそもそも、検定やジャッジの点数に正解はないわけだ


この滑りは何点、あの滑りは何点なんてマニュアルがあるわけでなない


全て、今までの経験の中で点数が付けられる


テククラの受験料は5000円


4種目なので、1種目1250円かかる計算だ


約15〜20秒の滑りを評価してもらうのに大金がかかってる(本当はそれだけじゃないけど


受検や出場する立場としたら信頼のおける人に見てもらいたいよねソーダ ソーダ


自分は、ジャッジする側でもあれば、ジャッジを受ける側でもあります


だからこそ分かるもの


ジャッジの皆さんを信用して出場してる

そして受験者に信頼されるジャッジをしていますキッパリ



信頼って色んなものの積み重さなりだと思うんだ


ジャッジする人だけでなく、主催する団体も関係してくるし


長年ジャッジを経験してる人だったり、実績(デモやスゴい選手)がある人が検定員だったらより良いよね


また、受験するスクールや県連等の信頼も大事


たとえば八方


けして合格率が高いわけではないのに、いつも受験者が多いのは八方というブランドが信頼されてるからだ


最後に


大会にしろ検定にしろ出場する人は、いっぱい練習して努力して挑んでるのだから


ジャッジする側も、ご自分の技術向上や指導経験をたくさん積む努力をされるのが・・・・・理想だと思ってます


今日はジャッジングと信頼という記事でした


ブログランキングに挑戦してます ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 11

クラブ員のみなさま、HPを更新しました 草 技術選 あるよ〜


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

開く トラックバック(0)

ハロー


前回の記事のつづきですよ


さて、栂池では2/12(日曜)はテクニカル・クラウンプライズテストが行われました


1月にも予定されていたのですが雪不足などで中止となったので、今回が今シーズン初の検定ですよ


ちなみに、現在のテククラ検定って昔みたいにスキー学校委託ではなくて長野県連で行ってます


以前は長野県でも○○スキー学校は甘い、▲▲のスキー学校は難しいなんて事が言われたりしてましたが・・・


今はまず聞かないですよね


このシステムになってからどこのスキー学校も難易度はさほど変わりません


イメージ 1



さて、今回の検定は・・・・


テクニカルが受験者46名 


そして合格者は7名です


クラウンは受験者32名 


合格者0


テククラ合わせると受験者78名 合格者7名 


合格率8.9%でした



先週は八方でテククラ検定があったんだよね


ちなみにこちらの結果は


テクニカルが受験者69名 合格者は5名


クラウンは受験者27名 合格者1名


テククラ合わせると受験者96名 合格者6名 合格率6.2%




また、栂池と同日にアサマでも検定がありました(Nさん情報ありがとうございます)


テクニカルが受験者42名 合格者3名


クラウンは受験者16名 合格者2名


テククラ合わせると受験者58名 合格者5名 合格率8.6%


他にも最近の長野県の情報をいくつかいただいたのですが、結構受験者数があっても合格率0%のところもありました


これは長野県だけでなく現在はどこもハードルは高くなってると思います


  


1983年(たぶん)からはじまったテククラ検定


かれこれ30数年が経過しました


当初はジャッジもシビアではなく合格率も高かったんだよねー


GSがあったりゲレシュプがあったり・・・当時は70点が基準だった


特にクラウンがシビアになったのが2003年あたりから


ボードを見るとこの頃から難易度が増した
イメージ 2



現在、長野県だけでなくどこの県連にしたってクラウンまでたどり着くのは容易ではありません


「いつかはクラウン」なんて車のCMがありましたけど、スキーのクラウンはお金では買えないですものね


そう、クラウンの攻略法はないんだよ


どんなに練習しようが


どんなにお金を持ってようが


どんなに上手い人に教わろうが




届きそうで届かない

でも届く人もいる

  

だからクラウンって魅力があるんでしょうね



ブログランキングに挑戦してます ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 11

クラブ員のみなさま、HPを更新しました 草技術選あるよ〜


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(0)

うぎゃー、大雪警報が出てるんですけど・・・


ふざけんなー


自分が滑る時は晴れてて暖かくなきゃ嫌っていつも言ってるだろーが


ひでー話だぜ


つーことで、今シーズン最大とも言われた寒波の中、栂池に行ってきましたよ


11日(土曜日)朝の道路はこんな感じ


イメージ 1





写真はチャンピオンゲレンデ

イメージ 2


分厚い雲と雪で視界が悪いよー


クリアレンズのゴーグルを掛けてるのだが足元がとっても見ずらい



イメージ 3


コブ斜面も滑ったんですが、2つ先のコブが見えないッス


滑るのも結構 が大事になってきます


・・・・


こんな日のはのんびりくつろいで・・・・


なーんて思いもせずしっかりナイター行きました





ビデオ撮りするも、雪にピントが合っちゃう


イメージ 4



翌朝(12日 日曜日)


大寒波という割にはここ栂池はそんなに積もりませんでした


朝6時の鐘の鳴丘ゲレンデ


イメージ 5




10時ころになると


あら、太陽が出てきた

イメージ 6




やっぱ日差しがあると気分も違いますね

イメージ 7



ハンの木ゲレンデは本物の外人が多く異国にいるような気分でしたよー


イメージ 8


この辺りのゲレンデは人が多過ぎて何度も人と人との激突のシーン見たぜ


おそろしや、おそろしや


でね、この日はテクニカルクラウンプライズテストが開催されたんだよね〜


次回、その話は記事にしますね


また見てね



ブログランキングに挑戦してます ぽち凸してね〜
↓ ↓
イメージ 11


ネコ吉lineスタンプも大人気
↓ ↓
イメージ 12

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事