ここから本文です
北緯37度付近の中世城郭
北緯36度付近の中世城郭の姉妹ページです。

書庫全体表示

2月5日〜28日に常陸大宮市、ふれあいギャラリーなどで秋田県大館市との姉妹都市締結を記念して「常陸佐竹氏の軌跡」という展示会が開催されることとなり、地方紙などでも紹介されました。
イメージ 1


「読売新聞」などは管理人のイラスト入りで・・・

この企画には、管理人のイラストも借りたいというので、前もそうだったので5枚程度かと思い「どうぞ、どうぞ」と軽く承諾。

で、その展示会に行ってみたら、なんと展示会場に1コーナー設けられ、管理人作成の34枚のイラストが飾られていました。

思わず「ヤベ!」と・・。
ちょっとした出来心の落書き程度のノリで書いた復元妄想図だったのだが。


それが原寸で展示されている。
近くで見ると手抜きの形跡がミエミエ。

あれは縮小してHPに掲載して何とか見るに堪えうるものなのだが。
イメージ 2


展示会に使うなら、もっとちゃんと描いておけば良かったと反省。
でも、もう手遅れ。
しゃあんめえ(しょうがない)!

もし、興味と機会がありましたらお出かけくだされ。

この記事に

  • うあぁ〜〜おめでとうございます。
    少しずつ書き溜めておいたのが、目に留まったのですね。
    手抜きだといいますが、あれだけしっかりと詳細に書いたものは、値打ちがあります。
    これはもうお宝ですよ。いくらもらえるのかなぁ〜?
    ただで提出したんですか?

    きりん

    2016/2/7(日) 午後 2:33

    返信する
  • 顔アイコン

    > きりんさん
    ありがとうございます。
    道楽がこういう形で使ってもらえるならけっこうなことです。これで城址の整備が進めば効果ありです。
    提供代はボランティアにつき無料なんですよ。

    [ あおれんじゃあ ]

    2016/2/7(日) 午後 4:52

    返信する
  • 顔アイコン

    師匠の佐竹愛の詰まった鳥瞰図、沢山の方に見ていただけるといいですね。ご近所なら小生も飛んで行くのですが、流石に南信濃よりも遠い・・・(汗)
    縄張図よりも推定復元鳥瞰図のがイメージしやすいので、見学者も戦国時代に思いを馳せるのも容易だと思われますw

    [ らんまる ]

    2016/2/9(火) 午前 7:14

    返信する
  • 顔アイコン

    ひづめです。
    茨城城郭研究会の名前での出展、ありがとうございます。月曜日は会場休みですよね。28日(日)だけが行ける可能性ありますが、最終日は早じまいってことないでしょうかね。
    余湖さんの「余湖図」にしてもアオさんの「アオ図?」にしても、これだけの枚数を描きためてくれるときりんさんの言われるようにお宝だと思います。『図説茨城の城郭』別巻として『アオ図コレクション』『余湖図コレクション』も出してもらいたいですね。

    [ pol*b* ]

    2016/2/9(火) 午後 3:02

    返信する
  • 顔アイコン

    > らんまるさん
    ありがとさんです。愛ねえ?最近、愛という言葉、遠ざかってますなあ。まあ、多くの人に見ていただけることはありがたいことです。縄張図は慣れた人でないと理解しにくいかもしれません。イメージを多くの人につかんでもらうには捏造妄想図ではなく想像復元図の方が効果ありますね。
    勝手に堀を掘って、土塁を盛ってますけど。罪悪感ないなあ。

    [ あおれんじゃあ ]

    2016/2/9(火) 午後 6:33

    返信する
  • 顔アイコン

    ひづめさん ありがとうございます。
    いや、とても本で公開できるもんじゃないです。
    強調したい所をわざと大きく描いたりしてデフォルメが酷すぎますもの。これでも少しはまだ良心は残っております。
    しかし、主催の佐竹研究会の人達の熱は凄いです。多くがご子孫ですから、ご先祖愛なのでしょうか。あの熱意、少し分けてもらいたいくらいです。
    機会があればお出かけください。

    [ あおれんじゃあ ]

    2016/2/9(火) 午後 6:38

    返信する
  • アバター

    こんにちは(*^^*)
    ご無沙汰しています。
    この度は、おめでとうございます!
    あらためてあおれんじゃあさんの偉大さを、大変尊敬いたします。
    まだ何にもわからない私ですが、今度の日曜日、午後からお邪魔させていただきますね!

    たかりん

    2016/2/10(水) 午前 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    > たかりんさん
    ありがとうございます。偉大とはこれは言い過ぎです。
    しょせん道楽の延長です。
    ぜひご覧になってください。歴史に熱くなっているおじさんがたくさんいて驚くやら、うれしいやら。
    ちょっと場所が迷うかもしれません。大宮小の道を隔てて西側のちょっと目立たない場所にありますのでご注意ください。

    [ あおれんじゃあ ]

    2016/2/10(水) 午後 6:34

    返信する
  • あおれんじゃあさん,おめでとうございます!
    展示会で大量に展示され,しかも大手新聞にも載るとは,なかなか出来る事ではないです.
    古城の俯瞰図は,当時の様子を思い浮かべやすいので,とっても親しみがわきますよね.

    Shane

    2016/2/13(土) 午前 9:06

    返信する
  • 顔アイコン

    > Shaneさん
    こうやって中世の城に対する認識が深まってくれればいいのですが、やっぱり、いまだに城といえば、石垣に水堀、城門、できれば天守閣というのが一般的なイメージ。それを打破するのに役に立てばうれしいもんです。

    [ あおれんじゃあ ]

    2016/2/13(土) 午後 1:53

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事