全体表示

[ リスト ]

福島・原子力発電所は、兵器密売商人の群れが、推進して来た



「ノーベル賞は、人間のクズに与えられる不名誉な賞」より、続く。


http://alternativereport1.seesaa.net/article/197787123.html




(前回より、続く)





 1991年、共産主義国ソ連=ロシアが崩壊するまでは、ソ連とアメリカは、核ミサイルの「開発競争」に明け暮れ、

大量の核ミサイルを製造し、世界全体を、核戦争による滅亡の危機に陥らせた。

アメリカと、ロシアは、「冷戦」と呼ばれる、激しい対立関係に立ち、敵対し、

相手国を、核ミサイルで滅亡させる計画を、「立て合って」いた。

アメリカ政府に、核ミサイル開発のための原料ウランを販売していたのは、

2011年、オバマ大統領の「環境保護」問題のブレーンとして、原子力発電の推進を続けてきた、アル・ゴアの経営する、

オクシデンタル社等々であった。

 一方、アメリカと激しく敵対するソ連=ロシアに、核ミサイル開発のための原料ウランを販売していたのも、

アル・ゴアの経営する、オクシデンタル社であった。

アル・ゴアは、オクシデンタル社の「販売額を増額させるため」、ソ連とアメリカを対立させ、核ミサイルの開発競争を行わせ、

世界を核戦争による、滅亡に直面させ続けてきた。

これが、「ノーベル平和賞」受賞者の、正体である。


 アメリカにとって敵国であったロシア=ソ連に、核ミサイル原料を密売するアル・ゴア=オクシデンタル社のチャーターした船舶は、

海路で紅海から原料を陸揚げし、ソ連=ロシアに運び込んでいたが、

この船舶会社=ラファルジュ社の顧問弁護士として、核ミサイル原料の密売を「仕切って」いたのが、現在の、ヒラリークリントン国務長官である。

かつてのクリントン政権は、この核ミサイル原料「密売人」によって担当されていた。

大統領クリントン夫妻のラファルジュ社と、副大統領アル・ゴアの、オクシデンタル社が、核ミサイル原料の密売マフィアの中心組織であった。

この核ミサイルマフィアヒラリークリントンが、国務長官、アル・ゴアが、環境保護・原子力発電問題の責任者となっているのが、2011年現在の、アメリカ・オバマ政権である。

なお、このラファルジュ社の子会社が、麻生産業であり、その経営者が、自民党の麻生太郎・元首相である。

麻生の祖父=吉田茂・元首相の一族は、インド産のアヘン=麻薬を中国に売りつける麻薬密輸船の船舶会社の経営者であり、

中国に麻薬を売った後、日本に寄港し、横浜港から、ヨーロッパ製の兵器を陸揚げし、日本政府に兵器を売りつける兵器密輸商であった。

この兵器によって、日本政府は日清戦争、日露戦争、第一次世界大戦第二次世界大戦に突入して行く。

この兵器販売の利益によって、麻生一族は九州に麻生炭鉱を拓き、そこから産出される良質の石炭を、英国の軍艦用として英国政府に販売してきた。

第二次世界大戦で、英国は日本の敵国となるが、日本を攻撃する英国の軍艦は、麻生一族の石炭で動いていた。

この英国の軍艦に反撃する日本の兵器は、麻生一族が日本政府に売り付けたものであった。

戦争が激化し、人間が死ねば死ぬ程、敵国同士である、日本と英国、両者に兵器と軍事物資を売り、麻生一族の財産は、フクレ上がって来た。

麻生産業のボス=親会社のヒラリークリントン、アル・ゴアの、アメリカロシアへの、核ミサイル原料「売り付け」と同様の、

戦争ビジネスであり、麻生一族は、クリントン・ゴア一族の、縮小コピーであった。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事