ここから本文です
こんなんみっけ
穴子さんの年齢は27歳!

書庫全体表示

スーパー戦隊シリーズも35作目だそうですね。
オイラは8作目の「超電子バイオマン」まではかかさず見てました。
あとは、たま〜に。
放送時間が日曜の朝に変わってからはほとんど見たことないな。
あっ、なぜか「ハリケンジャー」はたまに見てた(^^;

ということで、シリーズ第1弾の「秘密戦隊ゴレンジャー」です。
っていうか、"ゴレンジャー"と"ジャッカー"っていつからスーパー戦隊シリーズになったの?
イメージ 1

石ノ森本人によるコミカライズは「週刊少年サンデー」(1975年5月4日号〜8月10日号)に連載が開始されました。
この作品は原作ではなく、あくまでテレビ作品と平行して連載した"コミカライズ"作品。
イメージ 2

空手道場の息子、海城剛は父から黒十字軍という悪の組織について聞く。彼の父こそ、国際秘密防衛機構“イーグル”の関東支部の責任者だったのだ
剛は父からアカレンジャーのスーツを手渡され、悪と戦うよう説得される。
しかし、これを拒む剛。そして黒十字軍の魔の手は父に向けられた。
父の仇を討つため、イーグルメンバーとして戦う決心をした剛は父の遺言どおり、カレーショップ「ゴン」に向かう!
イメージ 3

↑「ゴン」の地下に広がるイーグルの秘密基地。

石ノ森自身が"漫画よりもテレビが成功したヒーロー"と語るように、ときおりギャグを盛り込んだテレビシリーズが大人気となりました。
そのせいか、それまでシリアスだった作品が「週刊少年サンデー」(8月17日号)からは突如「ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ」という完全ギャグ漫画に変わってしまいました。

果たしてテレビ作品への皮肉だったのか、ギャグが受けたことで自らも路線変更したのか、ちょっと謎ですな。

ということで、次回「ひみつ戦隊ゴレンジャーごっこ」!

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事