ここから本文です
藪井竹庵
シビックセンターの文京博覧会で橘流寄席文字の橘右之吉さんと、ちょっとお話をさせていただきました(^∇^)

書庫全体表示

イメージ 1 「柳家小せん」と云えば・・・落語のご通家の間では超有名な、「めくらの小せん」こと、初代 柳家小せん(1883〜1919 本名=鈴木万次郎)ですね。「廓噺のお守り」は、「盲の小せん」のところで発行していると云えるほど、廓噺を得意としましたが・・・廓の研究が祟って、脳脊髄梅毒症を患い腰が抜けちゃって、人力車で寄席通い。女房に背負われて高座に付くと云う壮烈な噺家でした。更には、28歳の時に白内障を患って失明してしまいました。
 
 師匠の三代目 小さんは人格者ですから、弟子が失明したからと云って突き放したりはせず、生活費を捻出するために、小せんの自宅で月謝を取って落語を教える「小せん学校」を開校する手はずを整えてくれました。
 
 その「小せん学校」で、廓噺を仕入れた若い噺家さんたちが、戦後の東京落語の隆盛を築いた大師匠たちでした。志ん生、金馬、正蔵、柳橋、圓生たちの若い頃だった訳です。「居残り」、「お見立て」、「お茶汲み」、「五人廻し」などをやっている大師匠たちのルーツはすべて、「盲の小せん」です。ただし、五代目 柳亭左楽門下の文楽だけは三代目 三遊亭圓馬に心酔していたので、圓馬の追っかけだったから、「小せん学校」では、文楽は見掛けなかったと、圓生さんが証言しています。
 
 当代の小せんは五代目(1974〜 本名=河野重信)ですが、私はまったく知らないので、何も書けません。
 
 私が知ってる「小せん」は、五代目 小さんの総領弟子だった四代目 小せんです。「お笑いタッグマッチ」と云うテレビ番組が、開局当初(昭和34年)のフジテレビで放映されましたが、司会の柳昇の他、当時の二ツ目クラスの噺家が3人ずつ二組に分かれていろんな回答をすると云う、笑点の大喜利のルーツとも云える様な番組でした。
 
 出演者は、司会の春風亭柳昇がトロンボーンを吹いて試合が開始され、三笑亭夢楽、桂伸治(後の十代目 文治)、三遊亭小圓馬、金原亭馬の助、四代目 柳家小せん、四代目 春風亭柳好が三人ずつ二組に分かれて、いろんな問題に解答しました。つまりこれが、大喜利のテレビ版の最初のもので、後に、彼らの後輩の談志が、日本テレビで「金曜夜席」から「笑点」へと云う流れを作った訳です。
 
 「お笑いタッグマッチ」は、有楽町の「そごう」の8階だったかにあった「ビデオホール」で収録されてましたが・・・現在は読売ホールに名称変更されてますが、私はなんと、小学生時代に父親の妹の叔母さんに連れられて、コッペパンにマーガリンを塗った、15円の弁当を持って、ビデオホールの公開録画を見に行ってたんです(^-^)v
 
 私にとって、小せんと云えば四代目なんですが・・・落語は一回も聴いた事がなく、この「きゃいのう」一本の動画しか知りません。あまりにもテレビでお笑いタレントのイメージで売ってしまうと・・・折角ちゃんとした落語が出来るのに・・・もったいないなと思います。
 データ・・・四代目 柳家小せん 大正12(1923)年7月24日〜平成18(2006)年10月10日 享年83 前名=小きん 出囃子=せり 本名=飯泉真寿男
 
 「きゃいのう」と云えば・・・柳家金語楼なんですが・・・本来この演目は、金語楼の師匠の初代 三語楼が芝居噺と云うよりも、茶番として作ったとされています。まあ、談志とて柳家一門だった訳ですから、本来の「武助馬」の音源を残していたりします・・・(^ω^)

この記事に

閉じるコメント(6)

  • 顔アイコン

    「お笑いタッグマッチ」は小学生1〜2年の頃毎週楽しみにみていましたが、S34年から放送していたとは知りませんでした。

    四代目小せん師匠は家が側だったしく、年中お見かけしました。
    車はホンダのアコードでしたね。(^^)
    お墓は堀切にあります。毎月命日に五代目小せんさんがお参りに来るそうです。(^^)

    shobuen2

    2011/6/23(木) 午後 0:40

    <<コメントに返信する
  • アバター

    *菖蒲園さん。。
    「お笑いタッグマッチ」では、司会ではなくて、レフリーって云ってましたね。何しろ、力道山プロレスの全盛期でしたからね。

    米丸さんや笑三さんが司会(レフリー)をやった、同様の番組もあったように思うのですが、ハッキリとは憶えてません。ラジオ番組と混同しているかも知れません。

    藪井竹庵

    2011/6/23(木) 午後 5:48

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    懐かしいですね。定席ではよく見ました。ケメ子の小せんですね。印象に残っているのは「動物園」かナ。
    いまの小せんは以前のわか馬ですね。馬櫻の弟子でしたがどういうわけか(推察は可能ですが)馬櫻の師匠筋の馬風の弟子になりました。
    一度聞いてみたいのですが、チャンスがありません。
    馬櫻は確か談志について一旦落語協会を離れたのですが、馬風を頼ってまた戻ってきたのですね。

    amenotajikaraonomikoto

    2011/6/23(木) 午後 7:21

    <<コメントに返信する
  • 顔アイコン

    横レス失礼致します。
    憲坊法師さん、わか馬時代の高座が落協のyoutubeのページで見られます。
    http://www.youtube.com/watch?v=braZCY3kmcM
    湯屋番
    http://www.youtube.com/watch?v=bVk2HukK1rU&feature=related
    馬大家
    ご存じでしたら、失礼致しました。m(_ _)m

    shobuen2

    2011/6/23(木) 午後 8:19

    <<コメントに返信する
  • アバター

    *けんちゃん。。
    「ケメ子の小せん」さんと「動物園」と云う演目は合ってますね(^ω^)
    「与太郎」を地で表現した噺家さんだったような気がします。

    近代落語の歴史研究が、私のライフワークですので、現役の噺家さんまで手が回らないのが実情です。現役の噺家

    さんに付いては、菖蒲園さんと云う心強いフォロワーが付いてくれましたので、非常にありがたい(^∇^)

    藪井竹庵

    2011/6/24(金) 午後 3:19

    <<コメントに返信する
  • アバター

    *菖蒲園さん。。
    当代 小せんのわか馬時代を初めて見ました。
    落語協会でやっているインターネット落語会の公認ページなんですね。

    プロモーションのためには、どんどん新しいメディアを利用すべきだと思います。テレビで宣伝するには莫大な金

    が掛かりますが、ネットの動画サイトは無料で宣伝が出来るんです。小さな電気屋だった高田電気が、なんでジャ

    パネット・タカダと云う、巨大な通販会社になったのかと云えば、メディア戦略を理解したからです。

    圓生を知らない世代がいるって事をEMIは理解しているのだろうか・・・?
    サンプルをどんどん聞かせてファンを増やさなかったら、落語だって、浪曲や講談と同じ運命を辿ります。

    藪井竹庵

    2011/6/24(金) 午後 3:20

    <<コメントに返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

閉じるトラックバック(0)

トラックバックされた記事

  • トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事