ここから本文です
ロボNINブログ
多忙期には更新ペースが落ちます。のんびり気ままにやっていければと思います

書庫全体表示

「カッコ悪いおもちゃ甲子園」参戦玩具、今回はチープトイの雄、早川玩具より発売されたブツです。

チープトイ」とは大雑把に紹介すると高速道路のSAやドライブイン、または「道の駅」等の売店で主に売られている様な玩具の事です。私の住んでる辺りではこういった売店に行くと「直江兼続」のキーホルダーとか、最近乱立気味の「ご当地ストラップ」とかが売ってありますが、それらに混じってたまに今回紹介する様な玩具が売ってあります。

チェンジディノロボ竜神

イメージ 1

「チェンジディノロボ竜神(以下、竜神)」は、早川玩具より発売されているチープトイの一種です。早川玩具はおそらくはアジア等で生産されたであろう玩具達を日本語でパッケージングして販売している様です。これらの玩具は「チェンジ○○ロボ○神」という名称で統一されているのが特徴です。これらに関しては後ほど解説します。

「竜神」は恐竜がロボットに変形する玩具で、画像のヴェロキラプトルとティラノサウルスの2種が発売されました。私は確か2種とも買っていたと思ったのですが、今回発掘出来たのは「2号機ヴェロキラプトル(1号機がティラノ)」のみでしたので、今回ヴェロキラプトルを中心に紹介します。

私は恐竜に詳しくないのですが、造形や彩色も気合が入っており、それなりに特徴を掴んだ出来ではないかと思います。


イメージ 2

それではさっそく変形開始!
まずは恐竜のお腹を引っ張り出します、この部分がロボットの脚部になります。


イメージ 3

あとは恐竜の脚を腕に変形させ、体を折り曲げてロボットの胴体にして、尻尾を開いて頭を出します…


イメージ 4

・ロボットモード完成!
正面から見ると恐竜の頭がロボットの胸に来ているみたいですね。


イメージ 5

アングルを少し変えてみましょう。
…おや?胸にあったと思った恐竜の頭ですが、どうやら別の所から生えている様です…


…では真横から見てみましょう

イメージ 6

正面から見ると胸の位置にあった恐竜の頭ですが、真横から見るとお腹の辺りから生えている事がわかります、見ようによってはもっと下のトコから生えている様にも見えます。なんというか…昔のコントであった股間から白鳥の頭が生えたバレエ衣装みたいですね…。恐竜形態はソコソコマトモなのですがロボットモードでイッキに台無しになっています。


…それにしてもこの下腹部からそそり立つ恐竜の頭は凄まじいですね…。何というか愚息というか剛直というか益荒男というか…。とりあえずフランス書院文庫で見たような比喩表現を並べ立てて見ましたが、このインパクトはまさに竜神の名にふさわしいと思います。

イメージ 7

…よく「男はオオカミ」なんて比喩表現が使われますが竜神様はそれ以上です、何たって股間に恐竜が付いています。女性型ロボットの近くには飾っちゃいけないと思いました。


イメージ 8

股間のインパクトには負けてますが、頭部も言うなればツノ無しガンダムでなかなかのインパクトを持っています。早川玩具の「〜神シリーズ」は大概顔がこの微妙にガンダム面で(たまにそうでないのもありますが)変な統一感があります。


イメージ 9

・パッケージ
早川玩具全般に言えると思うのですが、パッケージはやたら凝っててカッコイイと思います。中には恐竜形態で入っていて、例えロボモードがアレでもかなり良さそうな雰囲気を受けます。


イメージ 10

パッケージ側面
今回は紹介しなかった「1号機ティラノサウルス」も変形機構はほぼ一緒です。コチラは股間に暴君竜で、ヴェロキラプトル以上の暴れ者っぽいです。
下にコッソリ書いてある「実際の恐竜に忠実に作られているわけではありません」がなんか笑える。


イメージ 11

・神シリーズ大集合!!
パッケージ底面には姉妹品と称して「神シリーズ(zabutoyさんの呼称を使わせていただきましたm(_ _)m)」がズラリと並んでます。
このシリーズの特徴として、ビークルモードはダイキャスト等も使っており割としっかり作られているのですが、ロボットモードになった途端なんともいえないトホホな味わいを放つ所にあります。私もいくつか持っていますので、気が向いた時にでも紹介するかもしれません。


ちなみにこれらのチープトイ系玩具は売られている場所も方法もまちまちで、一度買い逃したら二度と会えないかもしれないというスリルに満ち溢れています。

少し乱暴な言い方になりますが、TV等で活躍してたメジャーな玩具であれば、例え手に入りにくい物でも後年時間(時にはお金…これは個人的経験からですが…)が解決してくれる場合もありますが、これらのチープトイは二度と会えないかもしれないので、私も見かけたら「後悔しない様に」となるべく買う様にしています。
しかし買ったからといってそれの出来が満足いくものかどうか…となるとまた微妙な所なのですが(笑)でもこのチープトイの何ともいえない味わいが好きだったりします。


・オマケ…チープトイ恐竜部隊

イメージ 12

「カッコ悪いおもちゃ」としては今回竜神様に譲りましたが、画像のマルカ社の「ディノチェンジャー」もなかなかにカッコ悪くて気に入ってます。


イメージ 13

何がカッコ悪いかって、真ん中のは●●●ロック(お、こう書くと岩石超人ぽい)の変形機構の丸パクで、その両隣のは思わず「骨が鳴るぜ!」と言っちゃいそうなデザインです(しかも変形は差し替え)。

この記事に

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事