ここから本文です
ロボNINブログ
ブログ小休止。多忙につき今後は更新頻度が下がると思います。

書庫全体表示

 
 
 
 
 
イメージ 1

諸々の事情で久しぶりになった気がしますが新年一発目の玩具記事。「宇宙刑事シャリバン」より
 
プラデラ
グランドバース
 
を紹介します。

宇宙刑事シャリバン」は好評だった前作「宇宙刑事ギャバン('82)」の後を受けて1983年に放映された宇宙刑事シリーズ(及びメタルヒーローシリーズ)第2作。
 
鮮烈なイメージの赤いコンバットスーツや「シャリバン=伊賀電」役の渡洋史さんの熱演、敵組織「マドー」の怪奇性など多くの魅力に溢れている傑作です。
私は宇宙刑事ド直撃世代で、それはもうそれはもう夢中で観ておりました。ドールビーストの怖さには本気で泣かされた・・・w

 
 
 
 
イメージ 2
 
・パッケージ
 
プラデラ・グランドバース」は放映当時の1983年にバンダイより発売、83年当時のバンダイ玩具パッケージは左上から右下にかけての「レインボーライン」が大きな特徴となっています。

83年はそれまで男児玩具を作ってきたポピーが親会社バンダイに吸収合併され、メーカー名変更後の同年バンダイ玩具のほとんどにレインボーラインが採用されています。

 
プラデラ」は2000年代前半まで存在したバンダイの玩具ブランドの一つ。ダイキャストを使った「超合金」「ポピニカ」に対し「プラデラ」はプラ素材をメインとしております(いつも思うけどプラスチック・デラックスの略称なのかなあ・・・?w)
 
「プラデラ」はDXの廉価版的な趣きのせいか超合金やポピニカに比べマトモな資料が少ない印象があるのですが、一部のアイテムはDXには無い機構を搭載していたりと決して「単なる廉価版」には終わらない魅力を持つアイテムも少なくないと思っています。

 
 
 
 
 
イメージ 3
 
超次元戦闘母艦
グランドバース
 

ギャバンの後を受けて地球担当になった「宇宙刑事シャリバン=伊賀電」と、その相棒「女宇宙刑事リリィ」が搭乗する母艦。戦闘母艦としての機能の他に彼らの居住スペースにもなっています。
 
また2013年の映画「スーパーヒーロー大戦Z」ではシャリバンのコードネームとコンバットスーツを受け継いだ「日向快」が搭乗していました。

 
 
 
 
 
イメージ 4
 
・後部
 
DX超合金(持ってはいないのですが大昔に遊んだ記憶がかすかに・・・)で造形されていたブースター部はシールとなっています。

 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
・側面
 
成型色は本編やDX超合金よりも濃い目のブルー。モールドも細かく質感も良い感じです。
 
フロントの「格納デッキ」部分は本来は発光ギミックがある・・・のですが私が入手したのは電飾が死んでました・・・(T△T)。
本来は格納デッキを外して「006P乾電池(いわゆる四角電池)」を入れてスイッチを入れる事でデッキ部が点滅する仕組みになっていた模様です。
 
 
 


 
 
 
 
イメージ 6
 
「グランドバァーーース!!」
 
襲い来るマドーの戦闘母艦!
シャリバンが叫ぶ!!
 
 
 

 
 
 
 
イメージ 7
 
グランドバース飛来!!
 
(ここで脳内に流れる挿入歌「超次元戦斗母艦グランドバース」)

 
 
 
 
 
 
イメージ 8
 
さあ変形!・・・と言いたいトコロなのですが、プラデラ版は完全変形ではなく「差し替え変形」となっています・・・w。
 
変形の際は「脚」と「本体サイドカバー」を取り外します。画像前方にある「コックピット」もいちおう取り外し可能、DXにもある機構ですが本編では分離しなかった記憶が・・・。

 
 
 
 
 
 
イメージ 9
 
「バトルバース!フォーメーション!!」
 
・・・気を取り直して変形開始!。まずは格納デッキを奥までスライドさせ、本体サイドカバーを上部に取り付けます。

 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
脚パーツを本体下部に取り付け、ブースター部を手前に回して足にします。

 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
主翼を起こします、この部分は差し替えではありません。

 
 
 
 
 
 
 
イメージ 12
 
主翼から「アーム」を引き出します、ここも差し替え無し。

 ※1/21追記・・・DXでは格納されていた「プラズマカノン」部は、プラデラでは展開したままとなっています。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 13
 
バトルバース・フォーメーション
 
戦闘ロボ形態に変形完了!
マドーの戦闘母艦を迎え撃て!!
 

・・・頭部・腕・脚があり一応人型ではあるのですがかなり独特なロボット形態となっています。よく「駅弁売り」とか言われてる気がw
 
開発者の村上克司さんインタビューによると「作業機械的なロボット」を意識した模様です。

 
 
 
 
 
 
イメージ 14
 
・背面
 
サイドカバー部は画像の様に折りたたまれています、コロ走行用の車輪が確認できますね。
 
腰(?)にあたる部分には「サイドカバー」「脚パーツ」差し込み受けの凹ジョイントがあります。

 
 
 
 
 
 
 
イメージ 15
 
・サイズ比較
 
プラデラグランドバースのサイズは約23cm
 
左のソフビが約18cm、右の「SHフィギュアーツ」が約15cmなのですがそれらより大きめです。
 
・・・実は子供の頃はこのロボ形態をあまりカッコイイと思わなかったのですがw(子供の頃は人型のバビロスやダイレオンが好きでした)、今見ると戦艦・ロボ形態共に無機質な「昔のポピー〜バンダイらしいデザイン」に強い魅力を感じます!

 
 
 
 
 
 
 
イメージ 16
 
「プラズマ カノン!!」
 
グランドバース最大の武器が腰の「プラズマカノン」。プラデラではメッキ加工されており、上部の赤いボタンを押すことでミサイルが発射可能です。
 
劇中ではこのプラズマカノンは、「宇宙刑事ギャバン」でギャバンの父「ボイサー」が命を懸けて守り通した「ホシノスペースカノン」の技術が使われているという説明がありました。こういったさりげなくシリーズ物らしさを出す流れも「シャリバン」の魅力の一つ。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 17
 
・パッケージ裏
発光・変形手順など説明書代わりとなっています。
 
プラデラというと過去の経験から(ギンガイオーの記事で少し触れていますw)廉価版というか若干チープという個人的イメージがあるのですが、
グランドバースはパッケージも黒主体だったり成型色も濃いブルーでやたらシックな印象を受けました。

前述の通り「プラデラ」というブランドは自分を含めた玩具ファンに若干軽く見られている印象で、「超合金」「ポピニカ」といったバンダイの他の玩具ブランドに比べ省みられる機会が少ない気がします。
 
ただ、
既に資料がある超合金等に対しプラデラは「中古ショップの店頭で初めて存在を知るアイテム」が多く、個人的には近年かなりワクワク感を覚えるブランドになっています。
そしてアイテム自体もDXとはまた違った魅力を打ち出したアイテムが見られ、それもまた楽しかったりしますね〜。
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 18
 
アイキャッチ風に
デデデン デデデデデッデーン♪
 
「プラデラ・グランドバース」は差し替え変形だったりとやはり廉価版的な部分もあるものの、本体・箱ともにグランドバースのデザインに相応しい落ち着いたイメージで統一されており、良い意味で「安っぽさを感じさせない」作りになっていると思います。
 
 
 
 
・オマケ
 
 
 
イメージ 19
 
「モトシャリアーーン!!」
 
2002年に発売された「キャラウィール」版を使ってモトシャリアン発進シーンをイメージしてみました。
 
 
新しい携帯の画像加工機能を使ったら結構イイ感じだったというw、まだまだ慣れないですが使いこなしたいなあ・・・

 

この記事に

  • 来たー!プラデラグランドバース!
    変形は差し換えありでも、ミサイルも飛ぶし、 これでも全然いけそうですよね。
    SHフィギュアのシャリバンもかなりいいですね-。たしかそれ通販限定でしたよね。
    あと、グランドバースは何かの本に「所謂マクロスみたいな感じのロボを意識してデザインされた。」みたいな事が書いてあった気がしました。

    [ 後退青年 ]

    2014/1/17(金) 午後 8:27

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは〜 宇宙刑事シャリバン/プラデラ・グランドバースのレビューお疲れ様です。
    プラデラのグランドバースは子供の頃うちの近くの玩具屋でよく見かけましたね〜
    残念ながら当時うちの地元では「宇宙刑事シャリバン」を放送してなかったんですが玩具自体のコンセプトに惹かれたのか結構このグランドバース売れていたみたいです。
    戦闘母艦から変形してロボット型になるこの玩具は今見てもとてもワクワクしますねw 削除

    [ Fネガ ]

    2014/1/18(土) 午前 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    >ノーズさん
    多忙期や旅行が重なったり、トシを重ねると仕事関係で担うモノが段々大きくなっていったりで・・・w。まあボチボチ更新していければと思います。
    ギンガイオーは以前記事にしましたが名作だと思いますし、ブイレックスも自動変形がない分プロポーションが良いのですよね。

    シャリバンは現在「東映特撮youtube」で無料配信されているので一度ご覧になってみるのも良いかもしれません、グランドバースの印象がきっと変わるかと思います〜。
    玩具に関しては古今東西「自分がピンと来たモノ」を扱っております〜。私も自分のリアタイメインというか、
    生まれる前の作品にはあまり興味が無いのでそういうモノなのかもしれませんw

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午前 11:16

    返信する
  • 顔アイコン

    >ohkey2012NEOさん
    放映当時以来とはこれまたずいぶん久しぶりですね〜。今回のは2年前に中古ショップで買ったモノですが、プラデラはDXよりも中古市場で見かけにくい印象ですね。

    冷静に考えてDXや「基地グランドバース」でハッチ開閉を再現しているからこそプラデラは発光をウリにして差別化したのでは無いかな〜と思いますが・・・。
    発光しないのはホント残念です、今は多忙気味ですが修理はお願いしてみたいですねえ・・・。
    実際カラーは本編よりも濃い気はするものの、これはこれで不思議なリアル感がある感じで個人的には気に入ってますね!。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午前 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    >後退青年さん
    いずれはDXも買いたいなあとは思うのですが、2年ほど前に何気なく確保したこのプラデラが意外なまでにイイ感触でこれはこれでイイ!と思っております!
    アーツのシャリバンは通販限定でしたね〜、メタルの展開が音沙汰無いのもあって魂ウェブ関係にはすっかり冷め切っておりますw

    グランドバースはマクロス云々は私も聞いたコトありますね〜。確か自分が持っている本にも載っていたかと記憶しております。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午前 11:26

    返信する
  • 顔アイコン

    >Fネガさん
    そういえば宇宙刑事シリーズ放映されていなかったのですよね・・・。
    それでも玩具は並ぶし買う子もいるというのがスゴイです。私も昔は地元で放映していない作品の玩具欲しいと思ってましたね〜(クロノスの大逆襲とか)

    村上克司さんのインタビューによりますとグランドバースには子供層にもヒットしたそうです。
    私は当時ニガテだったのですがwこのセンスや本編の活躍が良かったのかなあと考えています。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午前 11:28

    返信する
  • 顔アイコン

    この手の玩具はもっぱらDXで、プラデラには手を付けなかったですね(せいぜいあって、ドデカブタック位。因みにこれも変形は頭部と腕部差し替え)。

    ”宇宙の弁当屋”とも云われていますが、よくみると差し替えに割り切った分、DXよりも劇中ミニチュアに近い様な感じもします。

    しかし、昨日風邪をひいたと思ったら、メガトロン様役の加藤精三死去のニュースにWショックでした・・・。

    [ zai*ios ]

    2014/1/18(土) 午後 0:11

    返信する
  • 新年初の玩具記事お疲れ様です!

    グランドバースは人型変形が唯一のギミックみたいな物でしたから、プラデラ版ながら特にDXから見劣りするような印象は感じられませんでしたね〜(それもそれでどうかって気もしますが)

    フィギュアーツやキャラウィールを織り交ぜる事で、戦艦本来のスケールを感じさせる撮影もお見事です!

    プラデラあるあるだと、自分はミニビートマシンが付いた重甲基地で遊び倒した記憶があります

    記事にも書かれてますが、プラデラは他の商品との連動が考えられてない分。単体にオリジナル変形や可動といった遊べる要素を詰め込めるだけ詰め込んだ作りも好みですね〜

    [ スパスパナ ]

    2014/1/18(土) 午後 0:34

    返信する
  • 顔アイコン

    >zaiaiosさん
    やはりDXメイン・・・という方は多い印象を受けますね〜。個人的には「あえて」本やネットの情報が少ないプラデラをチェックするのが最近楽しいですw。

    なんとなくではありますがDX超合金(の画像)よりも縦に長くて、その分シュッとしてる印象です。
    加藤さんのニュースは私も昨夜知りました。本当にショックですね・・・

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午後 4:43

    返信する
  • 顔アイコン

    >スパスパナさん
    ありがとうございます!、年末年始にかけて本当に様々なコトが重なってしまい今になってしまいましたw。
    グランドバースはプラデラもそうですし他の玩具でも変形が(差し替えながら)再現されているものが多く、意外と満足度が高いイメージですね〜。

    キャラウィールのモトシャリアンとの連動は特に意識した部分ですのでそう仰って戴けて嬉しいですね!。実はもっと早くこの記事書く予定でしたがモトシャリアンがなかなか発掘出来なかったという・・・(その後他の探し物している間にポロッと出てきましたw)
    重甲基地懐かしいw、DXポピニカとは別に出ているのが当時のバンダイらしいというか。プラデラは個人的にはギンガイオーみたいにDX以上に気に入ったアイテムがありますね〜。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/18(土) 午後 4:51

    返信する
  • 顔アイコン

    グランドバースのプラデラ版はDX版には無い魅力がありますよね〜。
    電飾やカラーリングもオリジナリティーがありますし、サイズ的にも
    いい感じです!
    そしてパーツを外しての変形ですがロボット型になる所などは
    廉価トイの域を超えてますね!

    シャリバンは宇宙刑事シリーズの中でも一番好きだったので、おのずと
    グランドバースにも思い入れがあります。
    ロボットモードの射撃主体の兵装は、攻撃時の無慈悲っぷりを
    感じさせて良かったですW

    PAN

    2014/1/18(土) 午後 6:39

    返信する
  • 顔アイコン

    腰の部分の出っ張りはどう見ても・・・ですからねえ。

    [ サムス ]

    2014/1/18(土) 午後 9:21

    返信する
  • こんばんは!

    プラデラは、テレビCMも雑誌掲載の広告も無く、当時から店頭で初めてその存在を知る商品でしたね。

    なので『あら、同じのあるじゃない!こっちでいいじゃない。こっちにしなさい!』的悲劇がそこかしこであったとかなかったとか…

    懐かしい思い出です

    [ カッパ汁4WD ]

    2014/1/19(日) 午後 9:10

    返信する
  • 顔アイコン

    >PANさん
    PANさんはシャリバンお好きなのですね!
    仰るとおりで、本編を観るとなんだかんだで愛着が沸くというかカッコ良く思えてきます(そして個人的にはあの挿入歌のイメージも大きいですw)

    プラデラは定価で言えばやはりDX超合金よりは安いのですが、質感も良好で変形もしますし、手に取った時に満足感が意外なほど大きいと思います〜。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/20(月) 午前 11:20

    返信する
  • 顔アイコン

    >サムスさん
    さっき気づきましたw

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/20(月) 午前 11:21

    返信する
  • 顔アイコン

    >カッパ汁4WDさん
    ですね!確かにプラデラは専用CMが無いのもあって、そういう部分でも店頭で存在を知る・・・というケースが多い気がします。
    今でも中古ショップで存在を知るアイテムがあったり歴史は繰り返す・・・ですね。

    悲劇・・・、子供の頃ダイナマンのダイナロボでそれを味わいました・・・w。
    ウチは子供の頃滅多にDXは買ってもらえず、プラデラ系廉価トイで遊んだ記憶が色々残っています。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/20(月) 午前 11:23

    返信する
  • 顔アイコン

    昭和58年のBANDAIは気合が入った玩具展開をしていたと思います。
    グランドバースはDX超合金、STD超合金、プラデラ、大型基地版と4種類も出てますし
    ダイナロボもいろんな種類が発売されてましたよね。
    吸収合併後の一発目ですし、成功させよう!という気概を感じます。

    プラデラ・グランドバースはプラのメタリック具合が綺麗でクールです!!
    DX超合金って全体的にくすんだ印象があるんですよ(苦笑)。
    同じバトルバースでもプラデラ版の方がスマートな感じがします。
    上半身のパネル部分?が正方形な感じのDX超合金に対し、長方形な感じのプラデラ。
    この辺にプラデラの方がスマートに見える秘密?があるのではないかと思いました。

    アイキャッチを再現した写真、モトシャリアン発進写真には痺れました!!
    アングルや構成が劇中を彷彿してカッコいいです〜!!

    [ yu-ta ]

    2014/1/21(火) 午後 1:30

    返信する
  • 顔アイコン

    >yu-taさん
    ですね!、改めて当時の資料見てもグランドバースとダイナロボの玩具バリエーションの多さには驚かされます〜。グランドバースではいずれのアイテムもバトルバース形態が再現されている(STDは非変形でしたっけ)のも印象的ですね〜。
    レインボーラインはイメージ統一とラインナップの充実を意識しているというか、とにかく気合いを感じます!

    実は今回の記事もDX版の仕様についてはyu-taさんの記事を参考にさせて戴きましたw。DXの質感や完全変形は勿論本当に見事だと思いますし、私もいずれは買いたいと思います。
    仰る通りでバトルバース形態はプラデラの方がやや長方形な感じでスマートに見えるのですよね〜。

    ありがとうございます!。関連玩具と絡めたカットは買った時からやりたいと考えておりました〜。
    シャリバンは当初の構想ではアクションワークス版で考えていましたが、アーツが出たのでイラストの比率により近づいたかな・・・と思います(^^)

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/21(火) 午後 4:21

    返信する
  • 顔アイコン

    価格の都合上DX版が買えない人にはありがたい一品だったんじゃないでしょうか
    それでも劇中とさほど差異もなく変形も果たしてるとこは見事だと思います!これができるか否かで楽しみが段違いでしょうしw

    [ ボーン ]

    2014/1/23(木) 午前 11:05

    返信する
  • 顔アイコン

    >ボーンさん
    ダイナロボやダイレオンとかはDX買ってもらえずプラデラ買って貰った思い出が蘇りますねえ・・・w。

    ですね!、差し替えではありますがグランドバースのキモである変形は出来ますし、本編に浸って遊ぶのであれば結構満足出来るレベルではないかな〜と思っています。

    [ あぶら超人 ]

    2014/1/23(木) 午後 4:48

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事