yama8のブログ

イカ釣り一筋〜 こちらは釣り専門で書きます

全体表示

[ リスト ]

人より早く仕掛けを入れ、早く落としたい、イカ釣り人の永遠のテーマです。
 
当店では、通常を鉛製胴付き型オモリを勧めています。
 
色々なうたい文句のオモリもありますが、
 
早く着底させると、早く糸が出る(ふける)は大きな違いです。
 
NHKのニュースで、鉄製オモリの落下速度の実験をしていましたが、
 
水深の浅い水槽で潮流の影響もなく、早く落ちますみたいな報道には憤慨しました。
 
限られた環境でのデータで、有効性を発表すのは如何なものでしょう
 
潜水艦の船体ににも似た形状で、最大の問題は上部のフラップです。
 
イメージ 1
 
フラップが潮流に乗り、オモリが潮に乗り流れます。
 
更に、フラップを上部に設ける事で、重心が上がりバランスが悪い。
 
実釣でも、鉛製オモリが真っ直ぐに仕掛けが立つのに、鉄製は斜めに張る
 
縄立ちが悪い=乗りが分かり辛い
 
張りが違うから、オマツリが多くて周りに迷惑を掛ける
 
鉛より鉄の方が環境に優しいのは事実ですが、釣りには
 
潮に乗り、人より早く糸がふける(斜めに流れる)オモリでは、着底は遅くなります。
 
乗合船には鉄製オモリは不向きです。
 
鉛製でも、夜光コーティングした物も、一回り大きくなり、抵抗大きくNGです。
 
最近は見かけなくなりましたが、
 
ロケット型 
イメージ 2
 
フラップがあり、重心が上で、いきなり斜めに落ちていく。
 
文鎮型 
イメージ 3
 
平坦で畳んだ、扇子のような形は潮に乗ります。
 
犬のフン型 
イメージ 4
 
変形オモリもオマツリの原因になりますので
 
オモリは揃える事で、オマツリ低減で楽しい釣りを
 
スケベ根性出して、130号やデッカイ中オモリもNGですよ
 
今後の期待は、
 
①鉛製オモリの表面処理をして、抵抗を減らす。
 
②ロストした時の海水での溶け出しを防ぐ加工を考えて欲しいです。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事