yama8のブログ

イカ釣り一筋〜 こちらは釣り専門で書きます

全体表示

[ リスト ]

フォースマスター 2000 MKをいじる( ≧Д≦ )

今日は常連さんのフォースマスター 2000 MKを少しイタズラさせて貰いました。
 
気になる機能のe-センタリングシステムとは
 
『e-センタリングシステム』
クラッチを切ってラインが3m以上出ると、レベルワインドの位置がオートで
センターに移動。スプール端でのラインの引っ掛かりがなく、糸落ちがスムーズ。
 
フォースマスター 1000 MKの落とし込み時のレベルワインドの固定との違いは
 
ハッキリ言って、落とし込みでレベルワインドを固定する理由が分かりません
 
レベルワインドが固定され、スプールからスムーズには糸が出ません。
 
引っ掛かりや抵抗感はフォースマスター 1000 MKは若干の改善は、
 
感じられますが、普通にレベルワインドを動かした方は100倍良い
 
センターに固定されたレベルワインドを左右に道糸が擦れながら落ちていく
 
落とし込みの触りやアタリは、分かり辛くなります
 
道糸の擦れによるダメージも気になります。
 
先日まではフォースマスター 1000 MKを中古で流して、
 
フォースマスター 2000 MKなんて気持ちをありましたが、
 
これじゃ〜、スプールのキャパが増えるだけで、
 
悪癖は治っていたので諦めました。
 
DAIWA300MAGMAXより抜粋
 
■ウルトラスプールフリー&シンクロレベルワインド
仕掛けの落下速度を左右する要素の一つはスプールのフリー回転性能。軽い負荷でもスプールが滑らかに回転するウルトラスプールフリーは落下速度が勝負を左右するイカ釣りや軽い仕掛けを用いた釣りで威力を発揮する。ただ、仕掛け落下時に糸とレベルワインドの位置がずれていると、当然負荷が掛かって速度は鈍り、また糸へのダメージにもなる。ダイワの電動はすべてライン放出に合わせてレベルワインドが動くシンクロレベルワインド機能を搭載。余計な負荷がかからないため、実釣の現場でスムーズかつ高速な仕掛け落下を実現している。
 
DAIWAはフォースマスター 800/1000&2000 MKの欠点を理解ているようです。
 
0.5gのこだわりを捨てて、フォースマスター 800/1000&2000 MKにも
 
普通にシンクロレベルワインドを搭載すれば、良いリールになると思います。
 
基礎能力は素晴らしいのに、小さなこだわり(0.5g)やスペック重視で、
 
扱いにくいリールになってしまう。
 
フォースマスター 800/1000 MKからの改善点として欲しかったのは
 
e-センタリングシステムヒートフリーシステムIIではなくて、
 
シンクロレベルワインドだと思います。
 
シマノらしく、堅実なリール作りを願います
 
ここさえ直せば、買いなんですがね〜
 
フィッシングショー2013での新製品に期待です。
 
DAIWAがMAGMAX400&500を出して来ると、面白くなりそうですね

閉じる コメント(2) ※投稿されたコメントはブログ開設者の承認後に公開されます。

顔アイコン

いや、レベルワインド動きますけどね
1000も2000も 削除

2013/5/22(水) 午前 1:03 [ 通りすがりいや、レベルワインド動くけど1000も2000も ]

顔アイコン

こちらの記事もご覧ください。
『フォースマスター1000&2000について再検討』
http://blogs.yahoo.co.jp/yama8ika/8541115.html

パワーレバーで糸送りすればレベルワインドは動きますが、
スプールとシンクロしないので、スムーズな落とし込みはできませんね。
普通に作ってくれれば、革新的な良いリールなのに…

2013/5/22(水) 午後 5:05 yama8ika

コメント投稿
名前パスワードブログ
絵文字
×
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

閉じる トラックバック(0) ※トラックバックはブログ開設者の承認後に公開されます。

トラックバックされた記事

トラックバックされている記事がありません。

トラックバック先の記事

  • トラックバック先の記事がありません。

.

  • Yahoo!ブログiPhoneアプリダウンロード
  • Yahoo!ブログAndroidアプリダウンロード
Yahoo! Choctle
毎月60万ポイントをブロガーで山分け
楽しい話題がいっぱい(Y! Suica)

プライバシーポリシー -  利用規約 -  ガイドライン -  順守事項 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2014 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事